ニュース 加熱式タバコ

【加熱式たばこ】10月1日からの「アイコス、グロー、プルームテック」の値上げ価格は?増税後の価格まとめ

税金

たばこ税、増税により2018年10月1日から、市販の紙巻きたばこ、加熱式たばこなどを値上げすると発表がありました。

大手たばこメーカーといえば、「JT」、「フィリップ・モリス・ジャパン」、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」など、有名メーカー各社は、最近では加熱式たばこにも力を入れている。

加熱式たばこの中でも、最初の値上げに踏み切ったのは、アイコスを展開しているフィリップ・モリス・ジャパンでした。

気になる値上げ幅は、なんと「40円」となり驚きましたよ。

フィリップ・モリス・ジャパン「アイコス」の値上げ申請から、後に続くようにJT「プルームテック」も値上げ申請へ。

最後まで値上げを検討していた、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン「グロー」も、ついに値上げに踏み切きりました。

そこで、値上げ後の価格をまとめます。

 

値上げ後「ICOS(アイコス)ヒートスティック」の価格

アイコス デバイス

ICOS(アイコス)、ヒートスティックは、全9種類。※2018年8月時点

レギュラー
メンソール
ミント
バランスド・レギュラー
スムース・レギュラー
パープル・メンソール
イエロー・メンソール
ブレンド05
ブレンド26

2018年9月時点では、ヒートスティックは1箱、20本入り460円」で販売しています。

現在、全て460円で販売している、ヒートスティックは2018年10月1日から値上がり、1箱20本入り500円」で販売されるようになります。

銘柄2018年9月30日まで2018年10月1日から
ヒートスティック(1箱20本入)460円500円

加熱式たばこの中でも、一番最初の値上げに踏み切ったフィリップ・モリス・ジャパンヒートスティック(アイコス)」の値上げ幅は「40円」になり、ついに1箱500円

加熱式市場においてトップシェアを誇る、アイコスだけあってフレーバー価格も加熱式たばこの中では一番高くなりましたね。悲報ですが。

 

値上げ後「PloomTECH(プルームテック)フレーバーライン」の価格

プルームテック

PloomTECH(プルームテック)、フレーバーライン(たばこカプセル)は、全6種類。※2018年9月時

メビウス・レギュラー・フォー・プルームテック
メビウス・クーラー・グリーン・フォー・プルームテック
メビウス・クーラー・パープル・フォー・プルームテック
メビウス・ブラウン・アロマ・フォー・プルーム・テック
メビウス・レッド・クーラー・フォー・プルーム・テック
メビウス・ミックス・グリーン・クーラー・フォー・プルームテック

フレーバーの名前、長いですね。どんだけフォーを使うのか、HGを思い出しそうです・・・。

2018年9月時点では、フレーバーラインは1箱、カートリッジ1本、カプセル5個入り460円」で販売しています。

現在、全て460円で販売している、フレーバーラインは2018年10月1日から値上がり、1箱、カートリッジ1本、カプセル5個入り490円」で販売されるようになります。

銘柄2018年9月30日まで2018年10月1日から
フレーバーライン(カートリッジ1本、カプセル5個入)460円490円

JTは、たばこ税増税について、値上げに関してはいくつかの選択技があると言っていましたが、アイコスの値上げをきっかけに動き始めました。

加熱式たばこの中では、2番目に値上げを発表したJTフレーバーライン(プルームテック)」の値上げ幅は「30円」になり、500円手前の1箱490円

 

値上げ後「glo™(グロー)neo(ネオ)・ネオスティック」の価格

グロー デバイス

glo(グロー)、neo・ネオスティックは、全17種類。※KOOLも含まれます。 ※2018年9月時点

ネオスティック

リッチ・タバコ
ブライト・タバコ
シトラス・フレッシュ
スパーク・フレッシュ
スムース・フレッシュ
ダーク・フレッシュ
インテンスリー・フレッシュ
フレッシュ・ミックス
ミント・ブースト
ベリー・ブースト
クール・ブースト・ミント(KOOL)←「450円」

neo(ネオ)

ダーク・プラス・スティック
ダーク・フレッシュ・プラス・スティック
フレッシュ・プラス・スティック
ロースト・プラス・スティック
ブースト・ミント・プラス・スティック
ブースト・ベリー・プレス・スティック

グローは、加熱式たばこの中では、一番フレーバーの種類があります。

2018年9月時点では、ネオステックは1箱、20本入り420円」、neo(ネオ)/クール・ブーストは「450円」で販売しています。

現在、ネオスティックが420円、neo(ネオ)/クール・ブーストが450円で販売していますが、2018年10月1日から値上がり、1箱、20本入り460円(ネオスティック)」「490円(neo、クール)」で販売されるようになります。

銘柄2018年9月30日まで2018年10月1日から
ネオスティック420円460円
neo(ネオ)450円490円

最後まで、価格について検討していたグローでしたが、値上げを発表。

これで、加熱式たばこは全てたばこ税増税により値上げすることが決まりました。

加熱式たばこの中で、最後に値上げを発表したブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンネオスティック・neo(グロー)」の値上げ幅は「40円」になります。

とはいっても、グローのネオスティックは、加熱式たばこの中では一番安いですね。

 

加熱式たばこの値上げまとめ

銘柄価格(2018年9月30日まで)価格(2018年10月1日から)
【アイコス】ヒートスティック460円500円
【プルームテック】フレーバーライン460円490円
【グロー】ネオスティック420円460円←価格が一番安い
【グロー】neo(ネオ)450円490円

全体的に、加熱式たばこは「30円~40円」の値上げ幅になり、1箱の価格が「460円〜500円」となります。

加熱式たばこは、増税の対象外といっていた時期が懐かしく思います。

加熱式たばこも、2018年10月1日からしっかりと増税しますので、まとめ買いをするようなら「2018年9月30日まで」に購入してください!

なんだかんだで、いつの間にか対象となり、あれだけ紙巻きたばこよりも害はない!といっていた加熱式たばこも、紙巻きたばこと同等の扱いをするべきだ!という声もあがっているようです。

この先、どうなるのかな?

では、また。

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.