Aspire クリアロマイザー

【Aspire】爆煙アトマイザーで大人気「Cleito Pro」をレビュー!

投稿日:2018年10月15日 更新日:

Aspire Cleito Pro アイキャッチ

爆煙クリアロマイザーは、大人気ですよね!

はい、スッキーです。

Aspire、Cleito(クレイト)シリーズは人気のアトマイザーです。

そして、今回 Cleito(クレイト)シリーズからProが登場しました。

Cleito Pro」は、Cleito / Cleito EXOのコイルを採用していますので、今まで使っていた Cleito(クレイト)シリーズのコイルをそのまま使うことができます。

では、さっそく紹介していきます。

 

大人気のアトマイザー Cleito シリーズ「Cleito Pro」

Aspire Cleito Pro 箱と本体

メーカーは「Aspire」。

Aspireは、VAPE本体もアトマイザーも有名です。私もK4をはじめて使った時には、感動しました!

Cleitoシリーズは、proで3代目になります。

今回、新構造のサイドフィルスロットでリキッド補充がしやすくなったみたいですよ。

 

付属品

Aspire Cleito Pro 付属品

 

Cleito Pro tank アトマイザー本体
0.15Ωメッシュコイル(装着済み)
0.5Ωコイル
スペアパーツ(Oリング)
4.2mlスペアガラスチューブ(fat-boy)
ユーザーマニュアル(英語)
ワランティーカード

ユーザーマニュアルは、英語のみになります。

4.2mlのスペアガラスチューブ(fat-boy)が付属していますので、大容量に変更が可能ですよ!

本体には、0.15Ωのメッシュコイルが装着済みになっています。

 

Cleito Proの詳細/スペック

Aspire Cleito Pro アトマイザー

カラーバリエーションは「Silver-grey、BlackRainbow、Gold」の4色になっています。

今回、購入したカラーは「Black」ですが、思ったよりも薄い感じがします。

 

Aspire Cleito Pro 本体裏

裏側には、ポジティブピンがあります。軽く出ていますね。

Aspire Cleito Pro エアーフロー

ボトムエアフローになっています。

エアフローは回しながら調整しますが、調整してみると意外に軽く回しやすかったです。

この空気を取り込む穴を、開けるか、閉めるかによりドローが変わっていきます。

 

Aspire Cleito Pro 吸い口

こちらが、ドリップチップとトップキャップになります。

 

Aspire Cleito Pro タンク内

このトップキャップは、ドリップチップと一体型になっていてコイルを固定するようになっています。

なので、閉めこむ時に強く閉めすぎると外れにくくなりますので、注意してください。

 

Aspire Cleito Pro リキッド注入口

リキッドを注ぐ時には、トップキャップのリングだけを外すみたいです。

 

Aspire Cleito Pro リキッドを注ぐ

こちらが、新構造のサイドフィルスロット。

リングを外して、リキッドを注ぐかたちになります。

今までのトップサイドフィルは、スライドしてリキッドを注ぐかたちでしたが、Cleito Proはリングが完全に外せるようになっています。

リングが取れるのでクリーニングする時には便利ですね!

 

Aspire Cleito Pro コイル

コイルは1.5Ω(メッシュ)と0.5Ωが付属しています。

メッシュコイルはミスト量がいいと評判ですよね!

 

Aspire Cleito Pro エアーフローとコイル

コイルは、ネジ式になっていますので回して取り外してください。

 

スペック

Aspire Cleito Pro 分解

直径24mm
全長46.6mm
重さ46.4g
リキッドタンク3ml、4.2ml
ネジタイプ510
ドリップチップ510
コイル・0.5Ω(60~80W) ・0.15Ω(60~75Wメッシュ)
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムフロー
素材ステンレススチール

 

パーツを分解/交換

Aspire Cleito Pro 各種

4.2mlスペアガラスチューブ(fat-boy)がありますので、交換していきます。

交換といっても、Oリングで止まっているだけなので、簡単に交換できますよ!

 

Aspire Cleito Pro コイル交換トップキャップとドリップチップを外して、4.2mlスペアガラスチューブ(fat-boy)に交換します。

 

Aspire Cleito Pro タンク交換Oリングに、4.2mlスペアガラスチューブ(fat-boy)をハメれば完成です。

後は、分解したパーツを取り付けるだけです。

 

Aspire Cleito Pro 横やはり、4.2mlなのでゴツくてカッコいいですね!

4.2mlスペアガラスチューブ(fat-boy)の外径は、約27mmでした。

お好みで交換してくださいね。

 

使い方

Aspire Cleito Pro リキッド注入

トップキャップについているリングを外して、リキッドを注ぎます。

リキッドを注ぎ終われば、リングをつけて完成です。

後は、VAPE本体に装着してください。

※付属している、Cleito / Cleito EXO互換コイルは「0.5Ω(60-80W)、0.15Ω(60-75Wメッシュ)」になっています。

新品のコイルを使う場合は、リキッドを注いでからコイルにリキッドが浸透するまで、しばらくお待ちください。

 

Armour Pro( アーマープロ)にCleito Proを装着/吸ってみました

Aspire Cleito Pro 本体装着
Armour Pro( アーマープロ)に装着してみました。

こんな感じになります。Cleito Proはブラックを購入しましたが、ちょっと薄い感じですね。

やはりゴールドの方が、よかったかもしれません。

スタンダートなデザインなので悪くないですが。

吸ってみましたが、ミスト量はメッシュコイルということもあり、けっこう感じますよ!

爆煙でした。

 

Cleito Pro まとめ

Cleitoシリーズ、初代に比べるとデザインが完全に変わりました。

今どきのアトマイザーって感じになりましたね。

Cleito Proから新構造のサイドフィルスロットになり、リキッドを注ぎやすくなったみたいで。

私は、ちょっと慣れてないですが。

今までの、Cleito / Cleito EXO互換コイルも使えますので、気になる方は試してくださいね。

では、また。

 

>購入先はこちら<

ベプログ

 


 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-Aspire, クリアロマイザー
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.