【実機レビュー】IQOS ILUMA アイコスイルマを実際に使ってみた評価|使い方や製品の特長など、旧型との違いは?

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)実機レビュー

こんにちは、スッキーです。

PMJの高温加熱式タバコ「IQOS」が、ついにフルモデルチェンジ!

期待の新型!IQOS ILUMA(アイコスイルマ)のレビューです。

最大の特徴は「加熱ブレード」を廃止したこと。それにより、メンテナンスフリーを実現しています。

アイコスイルマ専用のたばこスティック「テリア」の味も気になりますよね。

さっそく、実機を触ってレビューしていきたいと思います。

 

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)とは?

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)とは?

IQOSイルマは、フィリップ・モリス・ジャパンが発売した高温加熱式タバコの最新モデルです。

加熱ブレードがない新型で、新たな加熱方式「スマートコア・インダクション・システム」を採用しています。

  • IQOSイルマ プライム(フラッグシップモデル)
  • IQOSイルマ(スタンダードモデル)
  • IQOSイルマワン(一体型コンパクトモデル)

発売当初は2タイプのデバイス展開でしたが、2022年3月8日よりアイコスイルマワンを発売し、現在3タイプのデバイスが用意されています。

 

アイコス イルマの価格

デバイス 価格
IQOS ILUMA PRIME 9,980円(税込)
IQOS ILUMA 6,980円(税込)
IQOS ILUMA ONE 3,980円(税込)

※2022年4月時点の価格

 

アイコスイルマの特徴を徹底解説!旧型と新型の違いは?

IQOS3 DUO(アイコス3デュオ)の後継機でもある「IQOS  ILUMA」の特徴を紹介していきます。

見た目はそれほど変化していませんが、中身は確実に進化している印象。加熱ブレードを廃止してメンテナンスフリーを実現したモデルなので、使いやすいと思いますよ!

 

アイコスイルマ特長①:加熱ブレードを廃止し、メンテナンスフリーを実現

IQOSイルマには加熱ブレードがありません。

加熱ブレードを廃止したことで、破損する心配やホルダーのクリーニングといったメンテナンスも不要になりました。

アイコスユーザーの不満点を解消したモデルといえますね。

 

アイコスイルマ特長➁:オートスタート機能を搭載し、使い勝手向上

専用たばこスティックを挿し込むだけで自動的に加熱を開始する「オートスタート機能」を搭載しています。

そのため、従来モデルのように電源ボタンを長押しするといった操作は不要。

また、たばこスティックを取り出すと自動的に加熱が停止します。

 

アイコスイルマ特長③:テリア/センティアという新スティックを使用する

IQOSイルマには専用タバコ「テリア」が用意されています。

テリア スティックがちょっと特殊で、加熱ブレードを廃止した代わりに専用タバコ1本1本の内部に金属製の誘熱体を搭載しています。

それにより、磁力で内側から直接加熱できる仕組みを採用し、加熱ブレードがなくても強い喫味を楽しめるとのこと。

加熱ブレードが使い捨てみたいになっています。

 

アイコスイルマ特長④:アイコス3デュオ同様、2本連続吸いは健在

アイコス4 ILUMA

ホルダーには2つのLEDランプが搭載されています。

IQOSイルマは従来モデル同様、2本連続使用が可能なので、1本では物足りないときにすぐに吸えます。

IQOS3デュオのような感覚で使えると思う。

 

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いは?

IQOSイルマシリーズには最上位モデル「プライム」が用意されています。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの大きな違いは、ポケットチャージャーのデザイン(サイズや重量など)と価格のみで、使用に伴うスペックは同様。

高級感を求めるならプライムのほうがおすすめです。

IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)レビュー|イルマとプライムの違いは?比較してみた
【実機レビュー】アイコスイルマプライムを実際に使ってみた感想|製品の特長やアイコスイルマとプライムの違いを解説

続きを見る

アイコスイルマプライムを使ってみた感想です。気になる方はご覧ください。

 

安さを求めるならイルマワンですかね。

IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン) 実機レビュー
【実機レビュー】アイコスイルマワンを実際に使ってみた評価|値段の安い一体型モデルの使い方や特長を解説

続きを見る

一体型コンパクトモデルが気になる方はご覧ください。

 

付属品

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)の付属品

  • IQOS ILUMA ポケットチャージャー
  • IQOS ILUMA ホルダー
  • パワーアダプター
  • チャージングケーブル
  • ユーザーマニュアル

メンテナンスが不要とのことで、クリーニングキットや綿棒は付属していませんでした。

 

スペック

サイズ ・121×47×23.4mm(チャージャー)
・101×14.5mm(ホルダー)
重量 ・約116g(チャージャー)
・約30.5g(ホルダー)
加熱ブレード なし
加熱方式 スマートコア・インダクション・システム
タイプ 分離タイプ(チャージャー+ホルダー)
充電用ポート USBタイプC
充電時間 約135分
喫煙本数 20回(フル充電時)
連続使用回数 2回(ホルダー)
喫煙可能時間 6分または14パフ
動作温度 0-40度
専用タバコ TEREA(テリア)

 

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)実機レビュー|慣れ親しんだデザイン・使い勝手は継承

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)スターンダードタイプ

IQOSイルマは、伝統的な従来のデザインを継承しつつ、さらにスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

ホルダーとポケットチャージャーからなるセパレートタイプを採用しており、従来モデルのような感覚で使用することができますね。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)ポケットチャージャー

ポケットチャージャーは樹脂製。少しザラザラとした質感で手に吸いつくような感触で、手から落ちにくいフィット感が心地良いです。指紋はつくけど。

ドアカバーは光沢感のあるメッキ仕様。従来モデル同様、取り外し可能になっています。

マグネット固定式なのでスムーズに着脱できました。

IQOSイルマにも専用アクセサリー(ドアカバー)が用意されていますが、サイズがアップしているため、従来モデルのドアカバーとの互換性はありません。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)タイプCポート

充電用ポートはUSBタイプCを搭載。約135分で満充電となります。フル充電時の使用回数は20回です。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)バッテリー残量確認

上部にLEDランプを搭載しており、ボタンを押すことで、ホルダーとポケットチャージャーのバッテリー残量を確認できます。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)を従来モデルと比較

従来モデル(アイコス3デュオ)に比べて若干サイズアップしています。

全体的に約16gほど重くなりましたが、体感的にはそれほど違いは感じられませんでした。

 

IQOSイルマ ホルダーの詳細

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)ホルダーの詳細

ホルダーはIQOSイルマ/プライム共通です。

アイコス3デュオのホルダーと比べると、デザインが変更され、長さがアップし、重量も微増。向きを気にせず収納できるマグネット式を採用しています。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)加熱ブレードなし

アイコスシリーズもついにブレードをなくしたモデルが誕生。写真だとわかりづらいですが、加熱ブレードはありません。

そのため、葉カスで汚れる心配がなくなり、面倒なメンテナンスが不要になりました。

先端のリングは専用アクセサリー(リングセット)が用意されており、カスタマイズを楽しみたい方は、別売りのリングセットを購入してくださいね。外すための工具も付属しているそうです。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)ホルダーは2本連続使用可能

ホルダーに2つのLEDランプを搭載。アイコス3デュオと同じように2本連続吸いが可能です。

あと、ホルダーを左右に振るとバッテリー残量を確認できました。

テリア スティックを挿し込むと自動的に加熱スタートとなり、基本的にボタンを使わない仕様になっていますが、ボタンを押してもホルダーの残量確認や加熱も可能でした。

 

アイコスイルマ専用タバコ TEREA(テリア)の詳細

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)テリア スティックは従来モデルと互換性なし

IQOSイルマ専用フレーバー「TEREA(テリア)」は、金属製の誘熱体がスティック1本1本の内部に仕込まれています。

そのため、従来モデルとの互換性はなく、IQOSイルマ専用たばこスティックとなっています。従来モデルでは使用できませんので、お間違えの無いように。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)テリア スティック

TEREAスティックを確認すると、上下にフィルターを仕込ませて、葉カスが落ちないように対策されていました。

タバコ葉が密閉されているので、掃除をする必要がない。リルハイブリットのミックスみたいな感じですね。

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)専用タバコテリアの詳細

分解すると、金属製の誘熱体を確認できますが、薄いステンレス製のような印象です。

アイコスのヒートスティックやヒーツとは、根本的に作りが違う。

金属製の誘熱体を覆うようにタバコ葉が包まれていました。

 

IQOSイルマ用テリアスティックの捨て方

テリア スティックには、金属プレートが入っているため、吸い終わりのスティックをどうやって捨てたらいいのか?

そんな疑問もわきますが、問い合わせてみた結果、可燃ごみで捨てて良いとのこと。

従来のアイコス スティックのように処分できるそうです。

 

アイコスイルマの使い方

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)はスティックを差し込むと自動加熱スタート

  • 電源ON/OFF:チャージャーボタン長押し
  • ホルダー残量:待機中にホルダーを左右に動かす。(1本or2本の確認)
  • 残りパフ数確認:喫煙中にホルダー上部を2回叩くと、残り使用時間を振動回数で確認できます。

IQOSイルマはスティックを挿し込むだけで使用できます。

スティック挿入後、最初の振動→2回振動で喫煙開始。難しい操作は一切ありませんので、手軽に使えるデバイスだと思う。

ホルダーのボタンは救済措置みたいな感じですね。

 

アイコスイルマを実際に使ってみた感想|アイコス臭が抑えられ嫌な匂いは改善された

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)を実際に使ってみた感想

IQOSイルマを実際に使ってみましたが、使用感はリルハイブリットのような感覚です。

テリア スティックを差し込むと自動的に加熱が始まるし、吸い心地も似ている印象。なんか、焦げ臭さがなくなったんですよね。

アイコス臭も抑えられており、クリアな味わいを楽しめました。

従来モデルに比べて軽めの吸い心地ですが、ヒートスティックの喫味は受け継がれています。

味の持続性も問題なし。最後まで風味を楽しめる。

従来モデルから移行されたばかりだと、吸いごたえが弱くなったと思われそうですが、個人的には十分に吸いごたえは感じる。

これなら、アイコスが苦手な人でも吸いやすいんじゃないかな。

吸い終わりのスティックは焦げることもなくキレイなままだし、匂いもほどんどありません。

ホルダーも汚れない。アイコスユーザーの不満点を完全に解消したと思う。

 

専用タバコが気になる方はコチラ

アイコス SENTIA(センティア)全6種類のフレーバーを評価|安い!アイコスイルマ版ヒーツの実力は?
IQOS SENTIA(アイコス センティア)新作含む人気スティック全12種類を吸った評価|イルマ版ヒーツの評判は?

続きを見る

IQOSイルマ専用 テリア スティック 全種類 レビュー
アイコスイルマ用「テリア(TEREA)」全15種類の味評価!IQOSイルマ/ワンの人気スティックおすすめは?

続きを見る

アイコスイルマ専用フレーバー「テリア」「センティア」を全種類吸ってみた感想です。気になる方はご覧ください。

 

アイコスイルマを触って感じた個人的な評価|メンテナンスフリーは高評価!

アイコスイルマは加熱ブレードを廃止してメンテナンスフリーを実現されました。

専用タバコ「テリア」もタバコ葉を包み込むような構造なので、実際に加熱後のスティックを取り出してみても、汚れはほとんどありません。

タバコ葉のカスも落ちにくいし、クリーニングに費やす時間を減らしています。

アイコス3デュオと比べると味は劣っているように感じましたが、ブレードを掃除する必要がないので何かとラク。サイドパネルなど、指紋で汚れた部分を拭き取るくらいです。

喫煙中に感じられた焦げた匂いはなくなってるし、喫煙後のアイコス臭も限りなく抑えられたと思います。

アイコスのネックだった部分が改善された製品なので、圧倒的に使いやすくったと感じました。

 

まとめ

IQOSイルマは、まさに次世代の加熱式タバコに相応しいと思う。

ブレードを廃止したにもかかわらず、満足感のある喫味。そして匂いを抑えたところが評価高いです。

メンテナンスも不要となり、かなり使い勝手が良くなったと感じました。

値段は張るけどそれ相応のクオリティです。

気になる方は試してみてくださいね!

では、また。

 

関連記事【2021年最新】アイコス14日間無料レンタルの詳細|新型「アイコスイルマ」が対象に!専用タバコ5箱付き

 




×