IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)実機レビュー|イルマとプライムの違いは?比較してみた

IQOS ILUMA PRIME(アイコス イルマ プライム)レビュー|イルマとプライムの違いは?比較してみた

こんにちは、スッキーです。

新型アイコス「IQOS ILUMA」が9月2日より全国販売を開始しました!

既にご存知の方も多いかと思いますが「IQOSイルマ」と「IQOSイルマプライム」が同時にリリースされ、話題を呼んでいますよね。

ともに「ブレード」がなくなり、新たな加熱方式「スマートコア・インダクション・システム」を採用しています。

アイコス史上初のブレードレス構造なので、アイコスユーザーは興味深々だと思う。

今回は、IQOSイルマプライムをレビューしていきたいと思います。

 

定番モデルはコチラ

iQOS ILUMA(アイコスイルマ)実機レビュー
IQOS ILUMA(アイコスイルマ)実機レビュー|喫味そのままで匂いを抑えた!メンテナンスフリーを実現

続きを見る

 

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)とは?

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)とは?

IQOSイルマは新技術「スマートコア・インダクション・システム」を採用した、アイコス史上初となる「ブレード」非搭載モデルです。

加熱ブレードを廃止したことで、耐久性が向上し、面倒なクリーニングも不要になりました。

そんなILUMAには、定番モデル「IQOSイルマ」と最上位モデル「IQOSイルマ プライム」の2種類が用意されています。

ワンランク上のこだわりを追求したデバイスが、PRIME(プライム)となっており、細部までこだわり抜いたデザインで、かつてない上質感を実現したそうです。

 

アイコス イルマシリーズの価格

デバイス 価格
IQOS ILUMA PRIME 12,980円(税込)
IQOS ILUMA 8,980円(税込)

 

付属品

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)付属品

  • IQOS ILUMA PRIME ポケットチャージャー
  • IQOS ILUMA PRIME ホルダー
  • パワーアダプター
  • チャージングケーブル
  • ユーザマニュアル

※メンテナンスフリーを実現したことで、クリーニングキットや綿棒は付属していませんでした。

 

スペック

サイズ ・117.2×44.7×22.2mm(チャージャー)
・101×14.5mm(ホルダー)
重量 ・約141g(チャージャー)
・約30.5g(ホルダー)
加熱ブレード なし
加熱方式 スマートコア・インダクション・システム
タイプ 分離タイプ(チャージャー+ホルダー)
充電用ポート USBタイプC
充電時間 約135分
喫煙本数 20回(フル充電時)
連続使用回数 2回(ホルダー)
喫煙可能時間 6分または14パフ
動作温度 0-40度
専用タバコ TEREA(テリア)

 

アイコスイルマプライム 実機レビュー|最上位フラッグシップモデルは高級感あるデバイス

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)チャージャーが布みたい

IQOSイルマ プライムには

  • ジェイドグリーン
  • ゴールドカーキ
  • オブシディアンブラック
  • ブロンズトープ

という、4色のカラバリが用意されており、選んだカラーによってポケットチャージャーのラップカバーが異なります。

今回、ジェイドグリーンを買ってみたのですが、ファブリック調のラップカバーを採用していました。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)チャージャーの詳細

チャージャーはアルミ製。

ラップカバーは布地のような触り心地のマットな質感。くたっとした柔らかさのあるデザインで、裏面は上質な革といったところ。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)ポケットチャージャーのデザイン

IQOSのロゴ部分にマグネットが仕込まれていて、磁力によってピタッとくっつきます。

見た目的にシミが付着したらなかなか落ちなさそうですね。汚れた手で触りたくないのが本音です。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)チャージャーカバー取り外し

ラップカバーは簡単に取り外すことができました。

別売りではありますが、カスタムパーツも販売されており、カスタマイズすることが可能です。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)バッテリ残量確認

側面のボタンを押すことで、ホルダーとポケットチャージャーのバッテリー残量をLEDランプで確認できます。

 

IQOSイルマプライムのホルダー詳細

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)のホルダー

IQOSイルマプライムのホルダーは、IQOSイルマと共通です。

従来のアイコスシリーズに比べて少し長くなったので、従来モデルとの互換性はありません。

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)ホルダーの装着方法

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)ホルダー挿入

アイコスシリーズではお馴染みのセパレートモデルを採用していますが、IQOSイルマプライムだけ、ホルダー収納が異なるんですよね。

蓋の開け方やホルダー収納など、今までとは違う感覚で使えるところが新しいと思う。

 

IQOSイルマとIQOSイルマプライムの違いは?

IQOSイルマ(定番モデル)とIQOSイルマプライム(最上位モデル)にはどのような違いがあるか?以下で解説していきます。

 

デザイン

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)イルマと比較

IQOSイルマとIQOSイルマプライムはどちらもセパレートモデルですが、見た目が違いますよね。

IQOSイルマはアイコス3シリーズの後継機ですから、ほぼ同様の見た目となっていて、ボタンやLEDの配置、ホルダー収納といった使い方は、アイコスユーザーに馴染み深い感じです。

一方、IQOSイルマプライムは、素材へのこだわりを追求したモデルとなっており、ファブリック調カバーで上質なルックスに仕上げられ、高級感を演出しています。

また、ホルダー収納も新しい方式を採用しているため、アイコスシリーズ初のデザインとなっています。

 

スペックによる違い

IQOSイルマ IQOSイルマプライム
サイズ 121×47×23.4mm 117.2×44.7×22.2mm
重量 約116g 約141g

スペックによる違いは、ポケットチャージャーのサイズと重量が異なるのみ。

使用回数や充電時間に大きな違いはありません。

 

LEDランプやボタンの配置

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)イルマと比較

LEDやボタンの配置はそれほど変わりませんね。

 

充電用ポート

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)充電用ポート

充電用ポートはともにUSBタイプCとなっています。

IQOSイルマは従来モデル同様、側面に配置。IQOSイルマプライムは下部に配置されています。

 

価格(値段)

IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマ プライム)イルマと比較

デバイス 価格
IQOS ILUMA PRIME 12,980円(税込)
IQOS ILUMA 8,980円(税込)

IQOSイルマとIQOSイルマプラムには大きな価格差があります。

スペックや性能による違いはそれほど感じられませんが、価格差がとても大きいんですよね。

デザインや素材の違いで4,000円の価格差...

加熱式タバコの中では、けっこう値が張ると思う。さすが最上位モデルです。

まぁ、値段が高いだけあって、IQOSイルマプライムのほうが、豊富なアクセサリーが用意されており、デザインやカスタマイズを楽しみたい方は、プレミアムな最上位モデルでもいいかもしれませんね。

 

あわせて読みたい!

IQOSイルマ専用 テリア スティック 全種類 レビュー
アイコス TEREA(テリア)スティック全11種類を吸ってみた感想|イルマ専用フレーバーの味や匂い特徴を解説

続きを見る

 

まとめ

IQOSイルマとIQOSイルマプライムの大きな違いは、ポケットチャージャーのデザイン(サイズや重量など)と価格のみで、使用に伴うスペックは同様。

デザインは、どちらのモデルもそれぞれの良さがありますが、高級感を求めるならIQOSイルマプライムって感じですかね。

でも、4,000円の価格差は大きいと思う。

最上位モデルなんで値段が張るのはわかるけど、さすがに12,980円って...

気になる方はチェックしてくださいね。

では、また。

 

 




×