スターターキット

Joyetech EXCEED Grip をレビュー!メッシュコイルがいい味出す話題のPOD型

投稿日:

Joyetech EXCEED Grip(アイキャッチ)

 

こんにちは、スッキーです。

今日は、Joyetech(ジョイテック) EXCEED GRIP(エクシードグリップ)のレビューです。

スマートポッドシステムを採用したPOD型のVAPEスターターキット。

このデバイスは「コイル交換式」と「コイル一体型」の専用PODカートリッジを使い分けれる魅力的なデバイスです。

またDBP(ドライバーンプロテクション)を搭載しているので、リキッドの供給が間に合わない場合にも安心です。

さっそくレビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

Joyetech EXCEED GRIP(ジョイテック エクシード グリップ)

Joyetech EXCEED Grip(パッケージと本体)

VAPEユーザーなら知らない人はいないほど有名な「Joyetech」から登場したPOD型デバイス。

手のひらサイズのコンパクトなPOD型はBOX形状で、持ち運びしやすいポケットサイズです。

特徴としては、2種類のPODカートリッジを好みに合わせて使い分けができること。

最近ではRBAできるPOD型なども発売されたり、使い分けタイプは支流になりつつありますね。

コイルは Joyetech EX head というメッシュコイルを採用。味がいいと評判です。

またドライバーンプロテクション(DBP)を搭載していますが、Joyetech EX head(EX-Mコイル)と専用カートリッジ(一体型)以外では動作しないようなので注意してください。というか、他のコイルに互換性があるのかは不明です。

パッケージ

Joyetech EXCEED Grip(パッケージ)

白を基調とした清楚感あるパッケージは、Joyetechらしいデザインです。

Joyetech EXCEED Grip(開封)

内箱を開封すると EXCEED Grip が登場。袋に包まれています。

この下に付属品が入っています。

付属品

Joyetech EXCEED Grip(付属品)

EXEED Grip 本体
スタンダードカートリッジ(EX-Mコイル装着済)
Podカートリッジ(0.8メッシュコイル)
microUSBケーブル
EX-M 0.4Ωメッシュコイル(予備)
ユーザーマニュアル
DBPの警告カード/ワランティカード

スペック

サイズH74xW40xD21mm
重さ74g
出力モード可変電圧出力
温度範囲200 - 600 ℉ / 100 - 315 ℃
抵抗値範囲0.05 - 3.0 Ω (VW)
リキッド容量4.5ml/3.5ml
エアフローボトムエアフロー(調整不可)
コイル・Standard : EX-M 0.4Ωコイル
・POD : 0.8Ωメッシュコイル
充電用ポートmicroUSB
バッテリー1,000mAh(内蔵型)
保護機能・過充電保護
・過放電保護
・自動カットオフ(10秒)
・短絡(ショート)保護

 

EXCEED GRIP(エクシードグリップ)の詳細

Joyetech EXCEED Grip(ジョイテックロゴ)

Joyetech EXCEED Grip(エクシードロゴ)

こちらが、EXEED Gripブラック)です。

パネルには「Joyetech 」と「EXEED Grip」のロゴ。

艶があるブラックカラーが特徴的。

Joyetech EXCEED Grip(パネルデザイン)

凸凹デザインのパネルはプラスチックのような樹脂製です。

このパネルを取り外そうとしてみましたが、硬かったので接着されていると思います。なので無理に取り外さないようにしてください。カスタマイズできればなお良かった。

まぁ両面のパネルデザインが違うユニークなデバイスカラーも存在するのでカラーバリエーションは豊富ですね。

Joyetech EXCEED Grip(510ドリップチップ)

Joyetech EXCEED Grip(ドリップチップ取り外し)

ドリップチップは一体型ではなく取り外し可能なタイプ。

510規格のドリップチップが使われています。

Joyetech EXCEED Grip(ドリップチップ交換)

510規格のものなら汎用品と交換することが可能。ドリップチップが交換できるのは嬉しいですね。

Joyetech EXCEED Grip(本体側面)

側面には「パフボタン、LEDランプ、充電用ポート」を搭載。

この部分には、ステンレスような金属素材が使われています。パフボタンは「カチっ」と音がするタイプ。

Joyetech EXCEED Grip(LEDランプ)

EXEED Gripは、LEDランプのカラーでバッテリー残量を確認します。

バッテリー残量の確認

・100~20%→

・20~0%→

※パフボタンをクリックすることでLEDランプが点灯します。

LEDランプは「白と赤」の2色なのでわかりやすい。赤色で点灯したら充電してください。

充電はDC5V/1A(急速充電非対応)です。充電中は赤色で点灯。充電完了サインはLEDランプが消灯します。

Joyetech EXCEED Grip(本体底部)

底部は金属素材のフラット形状。CE刻印されています。

Joyetech EXCEED Grip(カートリッジを横にスライド)

BOXタイプのPOD型では珍しく、PODカートリッジをサイドから挿入するタイプです。

カートリッジは横にスライドさせて脱着してください。

Joyetech EXCEED Grip(本体からカートリッジ取り外し)

端子部分はバネ式やマグネット式でもなく、ただカートリッジをはめ込むだけですが絶妙なカタさ。

これならカートリッジが外れてしまう心配もありません。

Joyetech EXCEED Grip(シリコンパーツ)

矢印部分にパッキンが付いているので、液漏れの心配はないかな。あと吸引時には蒸気が逃げることなく楽しめそうです。

Joyetech EXCEED Grip(専用カートリッジ)

専用PODカートリッジは「コイル一体型」と「コイル交換式」の2種類。

リキッド容量は「3.5ml」と「4.5ml」です。

Joyetech EXCEED Grip(カートリッジ底部)※左:コイル一体型 右:コイル交換式

カートリッジ底部はこんな感じ。

「コイル一体型」は悪くなれば交換するだけの使い捨てタイプ。0.8Ωのメッシュコイルが内蔵されています。

また別売りでセラミックコイルバージョンも販売されているようです。

Joyetech EXCEED Grip(コイル固定パーツを回す)

「コイル交換式」は、コイル交換が可能なタイプ。

カートリッジ底部の金属パーツは反時計回りに回せば緩みます。

Joyetech EXCEED Grip(コイルを上に引っ張る)

この状態で上に引き抜いてください。

Joyetech EXCEED Grip(コイルを取り外した)

このように金属パーツを取り外せます。

Joyetech EXCEED Grip(コイル交換)

金属パーツとコイルはネジ式なので、コイルを回しながら脱着しましょう。

Joyetech EXCEED Grip(コイル)

Joyetech EXCEED Grip(コイル内)

ドライバーンプロテクションに対応した専用メッシュコイルは「EX-M(0.4Ω)」推奨が10-13Wとなります。0.4Ωのわりに推奨が10-13W?珍しいですね。

Joyetech EXCEED Grip(リキッド注ぎ口)

リキッドチャージは、PODカートリッジを横にして注ぎます。またリキッドチャージホールを上に向けてカートリッジを立たせて注ぐことも可能です。

リキッドチャージホールは細めの長穴タイプ。

先端が細いノズルなら注ぎやすい。ユニコーンボトルのノズルなら普通に入ります。

Joyetech EXCEED Grip(手のひらに収まるサイズ)

いやぁー、コンパクトですね。まさに手のひらサイズのPOD型(BOXタイプ)です。

Joyetech EXCEED Grip(大きさ比較)

ちょうどいいサイズ感のiStick Pico Babyがありましたので比べてみましたがどうでしょうか?

コンパクトなBOXタイプのPOD型なので、かなり使いやすそうです。

使い方(操作方法)

Joyetech EXCEED Grip(コンパクト)

電源ON/OFF→パフボタン「5クリック

バッテリー残量確認→電源ON時にパフボタン「クリック

※EXEED Gripは、パフボタンを押しながら吸引します。

使ってみた感想

Joyetech EXCEED Grip(リキッドチャージ)

まず操作は非常に簡単なので誰でも使用できます。

最初にEX-M(0.4Ω)メッシュコイルを使用しハイリク(紅茶)を注いで吸ってみたけど、このコイルいいですね。普通に味が出てます。

POD型の中ではしっかりした味で、かなり美味しく楽しめます。吸い込む量にもよりますが、蒸気もそれなりに出てますね。

ドローは少し軽め。エアフローコントロール(非搭載)なので、ドロー調整はできませんが、ドリップチップが交換できるので形状によっては多少調整できそうです。

Joyetech EXCEED Grip(たばこカプセル)

たばこカプセルを付けるとドローとキック感が増した味わいを楽しめます。味も出て美味しく吸えましたが、チェーンしているとカプセル底がドロります。

リキッド容量は、4.5mlと大きなタイプ。チャージ回数を減らせるから使い勝手はいいですね。

次にPodカートリッジ(0.8Ω コイル内蔵型)を使用してみました。

EX-M(0.4Ω)は、普通に味が出て美味しく吸えるのに、コイル内蔵型(0.8Ω)はそうでもない。

味は少し薄めです。

うーん、しっかりした味のソルトリキッドなどが良さげかな。

僕はコイル交換がメインになりそうです。

あとドライバーンプロテクションはしっかり機能していました。LEDランプが2回点滅してお知らせしてくれます。

これならリキッドがなくなった時でも安心ですね。

 

まとめ

EXEED Gripは、非常に簡単な操作で誰でも使用できるのが魅了です。

スリムタイプのPOD型と比べると少し大きく感じられますが、リキッド容量が多いのでチャージ回数は少ない。なので外出先など持ち運びに便利ですね。

EX-M(0.8Ωメッシュコイル)は、かなり味が出て美味しく吸えたので高い満足度を得られる。

おまけにコイル交換式のほうがコスパが良いので、ランニングコストを抑えられる魅力があります。

あと思いのほかバッテリーの持ちが良く優秀でした。使用状況にもよりますが、普通に1日は持つかと。

全体的に味も良く使い勝手がいいので、VAPEを始めてみたい人にもおすすめできるPOD型です。

では、また。

べプログショップで好評発売中

>>EXCEED Grip StarterKit

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-スターターキット
-, ,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.