【SMOK】FETCH PRO 80W POD レビュー|かなり使いやすくなりました

こんにちは、スッキーです。

バッテリー交換が可能になったFETCH!

SMOK FETCH PRO(スモック フェッチ プロ)のレビューです。

バッテリー交換、ドリップチップ交換、最大出力80W。

前作よりかゆいところに手が届く製品になっていました。

さっそく、レビューします。

 

SMOK FETCH PRO レビュー

FETCH PRO(本体)

FETCH PROは、FETCH MINIの進化バージョンですね。

最大の特徴は「18650」バッテリー交換式となり、最大80Wまで出力調整が可能になりました。

また、ドリップチップも交換可能。

エアフローホールなども追加されましたので、使い勝手が良くなっています。

 

パッケージ

FETCH PRO(パッケージ)

黒を基調としたパッケージ。ゴールドを取り入れたオシャレなデザインです。

FETCH PRO(パッケージ)開封

箱を開けると本体の登場。付属品などが入っています。

 

付属品

FETCH PRO(付属品)

  • FETCH PRO 本体
  • RGC ポッド(0.17Ω)
  • RPM ポッド(0.4Ω)
  • タイプCケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ93.5 x 46 x 22mm
バッテリー18650交換(別売り)
ドリップチップ510規格
リキッド容量4ml / 4.3ml
コイルRPM コイル / RGC コイル
出力ワット数5W - 80W
抵抗範囲0.1 - 2.5Ω
充電用ポートUSBタイプC

 

外観

FETCH PRO(本体)

前作から引き継がれたスタイリッシュなデザインは健在です。

見た目はFETCH MINIとそれほど変わりませんが、液晶ディスプレイやコントロールボタンが移動していますね。

それに、バッテリーを交換できるようになったので、本体サイズが大きくなっています。

FETCH PRO(USBタイプC)

側面には大きなパフボタンと充電用ポートを搭載しています。

パフボタンの大きさにビックリしたけど、大は小を兼ねるので大きいほうがクリックしやすいと思う。

あと、前作はmicroUSBケーブルでしたが、USBタイプCケーブルに変更されたので充電をスムーズに行えますね。

FETCH PRO(バッテリカバー)

底部には、バッテリーカバーを搭載しています。

矢印方向にスライドさせてからバッテリーを挿入します。

FETCH PRO(バッテリーカバーを開けてみた)

バッテリーカバーの裏に「-(マイナス)」と記載されているので、バッテリー挿入方向も迷わないかと。

FETCH PRO(18650バッテリー挿入)

バッテリーを挿入する際は「+(プラス)」側から本体に挿入してください。

18650バッテリーは別売りです。

FETCH PRO(POD取り外し)

PODカートリッジと本体はマグネット式。上に持ち上げれば簡単に脱着できます。

FETCH PRO(マグネット式)

4つのマグネットで固定され、吸着力がありますので不意に外れる心配がなかったです。

 

液晶ディスプレイ

FETCH PRO(液晶ディスプレイ)

FETCH PRO(カラー液晶ディスプレイ)

0.96インチTFTディスプレイを採用しています。

カラー変更も可能なのでお好みでカラーを選択してください。

 

PODカートリッジ

FETCH PRO(PODカートリッジ)

2種類のPODカートリッジが付属しています。

前作ではなかったエアフローホールが搭載されました。

FETCH PRO(カートリッジ)

ボトムエアフローを採用していますので、POD底部のAFCリングを回してドロー調整してください。

リキッド容量は「4ml」と「4.3ml」なので大容量タイプですね。

FETCH PRO(メッシュコイル)

コイルはOリングで固定するタイプです。

  • RPM 0.4Ωメッシュコイル(25W)
  • RGC 0.17Ωコニカルメッシュコイル(40-80W)

摘まんで引っこ抜いたり、押し込んだりするだけなので簡単に交換できます。

あと、リキッドが残っている状態でコイルを外すと漏れの原因になるので注意してください。

FETCH PRO(ドリップチップ)

前作では交換できなかったマウスピースが取り外し可能になりました。

510規格のドリップチップと交換できるようになっています。

 

リキッドチャージ

FETCH PRO(リキッドチャージホール)

フタを持ち上げてからリキッドチャージします。

FETCH PRO(リキッドチャージ)

問題なくノズルが入るのでリキッドチャージしやすいです。

 

使い方

  • 電源ON/OFF → パフボタン5回クリック
  • パフボタンロック → パフボタン3回クリック
  • ワッテージロック → +-ボタン同時押し
  • パフリセット → パフボタンと-ボタン同時押し
  • カラー変更 → パフボタンと+ボタン同時押し

 

実際に使ってみた感想

FETCH PRO(本体を使ってみた)

RGC 0.17Ω(50W)で吸ってみます。

爆煙でミスト量が多く味も出ますね。普通に美味しく吸えました。

エアフロー調整が可能になったことで、FETCH MINIより断然使いやすくなっています。

ドローはスカスカだったのでDL向け。

液晶ディスプレイもカラーで見やすい。大きなパフボタンもクリックしやすい。まるでテクニカルMODを使用している感覚でした。

前作に比べて「ドリチが交換できる、バッテリーが交換できる、エアフロー調整が可能、高温で楽しめる」ようになったので、確実に使いやすくなっていることは確かです。

かゆいところに手が届くようになりました!

でも、カリバーンが発売されたときほどの衝撃は受けませんね。

最近発売するPOD型VAPEは味が出て当たり前って思っちゃいますから。

しかも、バッテリー交換式でワッテージ調整可能!って言わてもそこまで驚かない。

そう考えると、POD型もマンネリしてきたような気がします。

うーん。悪くはないんですけどね。

 

まとめ

FETCH PROは、FETCH MINIより格段に使いやすくなっていました。

味も良く出るPOD型VAPEなので、デザインが気に入れば購入されてもいいと思う。

あと、FETCH PROに限ったことではないんですが、バッテリー交換式のPOD型は18650バッテリーを別で購入しなければなりません。

なので、最初の1台には向いていないと思います。

では、また。

※3AVAPE

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)