glo

【グロープロ】実際に使った感想を徹底レビュー|特徴・スペック【まとめ】

こんにちは、スッキーです。

10月3日より発売開始となった

もう1つの新型グロー「glo pro(グロー プロ)」のレビューです。

2つの加熱モードが選べる新テクノロジーを採用。吸いごたえもアップしています。

それに加熱時間の短縮は最大のメリット!

ストレスなく喫煙できる魅力的なデバイスで、予想以上に良い製品でした。

さっそくレビューします。

 

glo pro(グロー プロ)をレビュー

glo pro(グロープロ)とは、2019年10月3日よりBATから登場した新型グローです。

グローシリーズでは初となる加熱モードを搭載。

好みに合わせて「スタンダードモード」と「ブーストモード」から加熱温度を選択できます。

加熱時間も短縮され、ブーストモードは「約10秒」で喫煙可能。

スタンダードモードでも「約20秒」で喫煙可能なので、めっちゃ早いです。

それにUSB Type-Cを採用したので、約90分でフル充電となります。またフル充電時の喫煙可能本数は「約20本」。

カラーは「ブラック」と「シャンパン」の2色。

今回はブラックを購入してみました。

ちなみにスターターキット価格は「4,980円」なので、グローナノより値段設定高いです。

パッケージ

グロープロがデザインされているシンプルなパッケージです。

パッケージサイズはグローナノと同じですね。

箱を「パカッ」と開けると本体の登場。

この下に付属品が入っています。

付属品

glo pro 本体
USB Type-C ケーブル
ACアダプター
クリーニングブラシ
ユーザーマニュアル

スペック

サイズ82x43x21mm
重量約98g
バッテリー容量3000mAh
加熱温度・スタンダードモード(250℃)
・ブーストモード(280℃)
加熱時間・スタンダードモード(20秒)
・ブーストモード(10秒)
喫煙時間・スタンダードモード(4分)
・ブーストモード(3分)
喫煙可能本数約20本
充電用ポートType-C
充電時間90分
連続使用

 

glo pro(グロープロ)を見ていきましょう

こちらが、glo pro(グロー プロ)本体です。

高級感のあるデザインですね。

丸みを帯びた形状で握りやすくなっています。

本体サイズはグローミニより2mmほど小さくなっていました。

4つのライトで見やすくなったコントロールボタンも魅力的です。

本体上部のスライドカバーの出っ張りをなくしましたね。一体型らしいデザインに生まれ変わりました。

本体側面には、充電用ポートを搭載。立てたまま充電することができます。

しかも「USB Type C」を採用していますので、約1時間30分でフル充電が可能。

従来品より充電時間が短縮されています。

モデル番号が「G200」になりました。

本体上部のスライドカバーはギザギザしていますね。

滑り止めの効果があるので、従来品よりスムーズに開け閉めできるようになっています。

専用スティックを挿入する際は、カバーをスライドさせてから、スティックを挿入してください。

カバーをスライドさせてもゴールドカラーがチラ見するのでオシャレです。

クリーニング用フラップはこんな感じです。

ちなみにクリーニングについては「20回」の使用ごとに「1回」クリーニングを行ってください。

使い方

【スタンダードモード】

・コントロールボタン「長押し(3秒)

※1回振動したあと1つ目のライトが点滅するとスタンダードモードです。

【ブーストモード】

・コントロールボタン「長押し(5秒)」

※3秒後に1回、5秒後に1回の計2回振動します。2回目の振動後に指を放し、ライトが回転していればブーストモードです。

基本的には長押しの「秒数」で加熱モードを選択。

どちらのモードも4つ全てのライトが点灯し、軽く振動したら喫煙可能となります。

【バッテリー残量確認】

  • 99%→ライト4つ
  • 75%→ライト3つ
  • 50%→ライト2つ
  • 25%→ライト1つ

glo proの特徴

その①:2つのモードが選べる新テクノロジーを採用

グロープロは、2つの加熱モードを搭載。

従来品のヒーター式から、IHを採用した誘導加熱方式に変更されています。

加熱モードスタンダードモードブーストモード
加熱時間約20秒約10秒
加熱温度250℃280℃
喫煙時間4分3分

従来品の加熱時間は「約40秒」なので、かなり改善しています。

スタンダードモードの場合、20秒待つだけで喫煙可能。

それだけでも早く感じますが、ブーストモードなら10秒です。マジで早い!

加熱式タバコの常識を覆してくれました。

あと加熱モード選べるタイプは「PULZE」がありますね。

関連記事【PULZE(パルズ)】実際に使った感想を徹底レビュー|使い方・クリーニング方法【解説】

その②:吸いごたえがアップした

とにかくブーストモードがスゴイ

そこまで期待していなかったんですが、吸いごたえがアップしてタバコ感が強くなっています。

たぶん、ブーストモードになれちゃうと、スタンダードモードは使用しませんね。そんな感じ。

予想以上に吸いごたえがアップしていたので驚きました。

ちなみにスタンダードモードは、従来品と同じくらいの吸いごたえだと思います。

その③:意外にコンパクト

グローシリーズを使用されていた方なら、違和感なく持ち運べると思います。

ぶっちゃけ、グローミニよりコンパクトなので持ち運ぶことも苦になりません。

これならズボンのポケットに入れてもいいかな。

使い勝手は良いですね。

このサイズで新型が登場してきたので、グローミニって一体・・・(汗

 

使ってみた感想

まず、スタンダードモードの喫煙時間が「4分」に改善されたので、長く吸える印象です。

30秒長くなっただけでも満足度が違いますね。

だけど味については、従来品で喫煙している感覚。吸いごたえもそれほど違いはないんじゃないかな。

ぶっちゃけ「喫煙時間が長くなっただけ」くらいにしか思えないです。

次に、ブーストモードを使用してみましたが、やはり新型ですね!

吸いごたえが向上していました。かなりパワーアップしている。

タバコ感が「ガツン」と来るので、喫煙時間「3分」でも満足します。

レギュラータイプの専用スティックなら、紙巻きたばこに近づいた味わいだと思う。

ただフレーバータイプだと、少し焦げ臭いので好みにわかれそうです。

なので個人的に、スタンダードモードはフレーバータイプ。

ブーストモードはレギュラータイプと使い分けて使用していくと思います。

あとグロープロは「ジリジリ」と音がして、少し気になります(汗

そういえば、IHキッチンも同じような音がするので、こういう仕様なんでしょうね。

この音は、ガマンするしかないかな。

 

まとめ

今まで息を潜めていたBATですが、加熱式タバコの常識を覆しました。

加熱時間の短縮。そして吸いごたえを向上させた「グロープロ」は出来がいいです。

スタンダードモードで20秒。ブーストモードで10秒。

大げさに言えば、紙巻きたばこに火をつける感覚ですね。

まだそこまでじゃないか(笑

でもかなり進化しているので、グローに物足りなさを感じていた方は、買ってもいいんじゃないかな。

では、また。

 

関連記事【朗報】グローがお手頃価格に|人気の3シリーズ値下げ価格【まとめ】

関連記事【neo】グロー新フレーバー『氷結アロマカプセル』3種類をレビュー!

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.