glo hyper X2(グローハイパーX2)実機レビュー|ブーストボタン搭載で使いやすくなった

グローハイパーX2 実機レビュー

こんにちは、スッキーです。

7月25日より、グローハイパーの新モデル「glo hyper X2(グローハイパーX2)」が公式サイトやgloストアで販売を開始しました!

今回、実機を手に入れたので実際に使いながら特徴などを紹介していきたいと思います。

 

新型 グローハイパーX2の6つの特長を解説

グローハイパーX2は、従来のグローハイパープラスと同様の誘導加熱技術を採用しています。

ブーストモードと通常モードを選べる仕様は変わりません。

従来モデルと比較して本体サイズを削減し、小型化&軽量化を実現。より洗練されたスタイリッシュなデザインへと生まれ変わり、環境と使いやすさに配慮した製品に進化したそうです。

 

付属品

  • グローハイパーX2本体
  • クリーニングブラシ
  • USBタイプCケーブル
  • ユーザーマニュアル

付属品にACアダプタは含まれていません。

 

スペック

サイズ 43.3×77.5×21.4mm
重量 約102g
加熱時間 通常20秒/ブースト15秒
使用時間 通常4分/ブースト3分
充電時間 約3時間
連続使用回数 約20回
本体カラー 5色

 

ひと押しで、驚きの満足感

グローハイパーX2は従来モデル同様「ブーストモード」と「通常モード」という、2つの加熱方式を採用しています。

ブーストモードは通常モードと比べて、高い温度でより素早く加熱することを可能にしたモードです。

通常モードは約20秒で加熱完了となりますが、ブーストモードは約15秒で加熱が完了。素早く吸いたい人にピッタリなモードになっています。

従来のグローハイパーシリーズは、ボタンを押している時間によってモードを切り替えていましたが、グローハイパーX2には新たにブーストボタンを搭載。ボタンを独立させたことで、どちらかのボタンを押すだけで加熱モードを選べるようになりました。

モード専用ボタンを搭載したことで、わかりやすくなったし、使いやすくなったと思います。

 

使いやすい、シャッタードア

従来のグローパイパーシリーズは、本体上部にスライド式のカバーを採用していましたが、グローハイパーX2はデザイン性の高い開閉シャッターに変更されました。

上部のカラーを左右に回すことで指の動きにあわせてシャッタードアがスライドします。

見た目が格段に良くなったと思う。

 

自分らしさを、表現する

マットとメタリックが融合したスタイリッシュなバイカラーデザインを採用し、高級感のある現代的なデザインへと生まれ変わりました。

カラバリ

  • ミントブルー
  • メタルブラック
  • メタルオレンジ
  • ホワイトゴールド
  • ブラック

グローハイパーX2のカラーバリエーションは全5色。

スタイリッシュなデバイスカラーで豊富なカラバリの中から、個性や好みに合わせたデバイスを楽しめるという魅力があります。

グローシリーズなんでね、今後カラバリも間違いなく増えていくと思います。

 

軽くて、持ち運びやすい

グローハイパーX2はグローハイパープラスと比較して13%の本体サイズ削減と7%の重量軽減を実現した製品とのこと。

W43.3×H77.5×D21.4mm/重量:約102gとなっており、グローハイパーシリーズ史上最もコンパクトなデバイスになっています。

 

グローハイパープラスとのサイズ比較表

グローハイパープラス グローハイパーX2
サイズ 83x46x22mm 77.5×43.3×21.4mm
重量 約111g 約102g

 

ひと目で分かる、充電残量

グローハイパーX2はデバイス上部に円形のLEDディスプレイを搭載。

また、加熱モード・起動時間・充電状態が一目でわかるようにLEDインジケーターも改良したそうです。

上部にLEDを搭載したことで、たばこスティックを吸いながらでも状態を確認できるようになったと思う。

 

環境にやさしい

製品梱包にプラスチックは一切使用していません。

グロープロスリムでも採用していましたが、環境に配慮した製品梱包を実現しています。

 

グローハイパーX2 実機レビュー|専用ボタンで使い勝手が良くなった

グローハイパーX2はバイカラーデザインを採用しています。

側面に2つのボタンとUSBタイプCポートを搭載。

ボタンの詳細

  • ブーストモード用ボタン(上)
  • 通常モード用ボタン(下)

それぞれの専用ボタンを独立させたことで、どちらかのボタンを押すだけで加熱モードを選べるようになりました。

短いボタンがブーストボタン、長いボタンが通常ボタンとなっているため、使い勝手が良いです。

加熱時間 喫煙時間
ブーストモード 約15秒 約3分間
通常モード 約20秒 約4分間

どちらのボタンも「3秒間長押し」で加熱スタートになります。

また、モードによって喫煙時間が異なります。

新開発のシャッタードアは本体上部に搭載。ツマミを左右に回して開閉する仕様です。

たばこスティック差込口は指の動きでスムーズに開閉できるし、デザイン性が格段にアップしたと思う。

底部のフタはクリーニングを行う際に外します。

グローハイパーX2には新しいクリーニングブラシが付属しており、ブラシの持ち手がフタを外すための鍵みたいなものになっています。

そちら側を嵌めて回せばフタを外せます。

このようにフタを外せればクリーニング可能です。

※たばこスティック挿入口を開けておくように。

公式では味わいを保つため「20回」使用ごとにクリーニングを行ってくださいとのこと。

専用ブラシを上下に動かしながら掃除しましょう。

注意

※20回使用した後や使用後はかなり熱を持つそうです。使用後すぐにクリーニングを行うのではなく、約5分間ほど冷ましてからクリーニングするようにしてください。

実際に手に持つと小型化されたことで持ちやすくなった印象です。

デザインを変更したことも関係あるかもしれませんね。

約9グラムの軽量化は比較的少ない印象ですが、体感的に軽くなったと感じます。

 

グローハイパーX2の使い方

シャッタードアを開けて、たばこスティックを挿入します。

加熱ボタンを「3秒長押し」で加熱スタート。

ブーストモード(上ボタン)の加熱合図は2回振動があります。

通常モード(下ボタン)の加熱合図は1回振動があります。

上部のLEDが全て点灯したら加熱完了。約3分~4分の喫煙をお楽しみください。

喫煙時間が残り10秒になると振動し、LEDが点滅。喫煙終了後は自動で電源オフになります。

※喫煙中でもボタンを3秒間長押しすることで喫煙を終了することも可能です。

 

グローハイパーX2の全国&コンビニ販売はいつ?値段はいくら?

グローハイパーX2は2022年7月25日より、全国のgloストア、glo & VELOオフィシャルオンラインショップで販売を開始しました。

価格:1,980円(税込)※オンラインストアは1,480円(税込)

コンビニ含む全国販売は「2022年8月15日」より順次販売開始とのこと。

全国販売はまだ少し先なので、気になった方は公式サイトやgloストアをご利用くださいませ。

 

グローハイパーX2の専用スティックは?

グローハイパーX2のスティックは「glo hyper用たばこスティック」に対応しています。

glo hyper用たばこスティックは、より満足感の高い吸いごたえと濃厚な味わいをお楽しみいただくため、従来のスリムスティックより太く、よりたばこ葉を増量したスティックです。

グローシリーズのたばこスティックは、豊富なラインナップが魅力ですね。

 

まとめ

グローハイパーシリーズ最新モデル「グローハイパーX2」は、スタイリッシュなデザインへと生まれ変わり、コンパクト&軽量化されたことで、持ち運びに便利になったと思います。

ブーストモード専用ボタンが追加されたのが、個人的にうれしくて使いやすくなったと感じました。

ただ、グローハイパープラスと比べると値段が上がったんですよね。

そこが残念だけど、モノの値段が上がってるから、しょうがないかなと思う。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

 




×