スターターキット

【Joyetech】MAGIC ATOPACKをレビュー!

ジョイテック(マジック)アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「Joyetech(ジョイテック)MAGIC ATOPACK(マジックアトパック)」のレビューです。

ATOPACKシリーズはペンギンが有名ですよね。

しかしMAGIC ATOPACKは、ペンギンとは似ても似つかない姿になっています。

このMAGICは、NC フィルムヒーター(0.6Ω)と、高効率低電圧ソリューション(2.3V)の組み合わせによりバランスがとれているようです。

またPODカートリッジ内のコットンを交換できる。新しいタイプのカートリッジ。

さっそくレビューします。

 

Joyetech MAGIC ATOPACK

ジョイテック(マジック)パッケージ

こちらが、パッケージ。

パッケージには内箱が入っています。

ジョイテック(マジック)パッケージ内に化粧箱

箱をスライドさせると内箱が登場します。

案外しっかりした作りです。

ジョイテック(マジック)パッケージ開封

開封するとこんな感じ。

MAGIC 本体が登場します。本体横にはアクセサリーボックス。

付属品がこちらです。

付属品

ジョイテック(マジック)付属品

MAGICバッテリー 本体
専用 PODカートリッジ
microUSBケーブル
カット済みコットンシート(48片)
ピンセット
ユーザーマニュアル

ジョイテック(マジック)説明書

ユーザーマニュアルは日本語に対応しています。

ジョイテック(マジック)コットン

こちらがカット済みコットンシートになります。

スペック

サイズH101 x W38 x D18mm
重さ約104g
出力モード超低定電圧(2.3V)
リキッド容量7ml
リキッドチャージPODボトムフィル
エアフロートップエアフロー(調整不可)
コイルPOD内蔵型 0.6Ω NCFilmヒーター
充電用ポートmicroUSB(DC5)
バッテリー1300mAh
保護機能・過充電保護
・過放電保護
・自動カットオフ(10秒)
・ショートサーキット保護

 

MAGIC ATOPACKの詳細

ジョイテック(マジック)本体

こちらが MAGIC ATOPACK 本体です。

カラーは「ブラック/シルバー/ファントムブルー」の3色。

本体中央にパフボタンを搭載。本体下には、MAGIC ATOPACKのロゴがプリントされています。

ジョイテック(マジック)本体裏

本体裏には、充電用ポート、LEDランプを搭載。

こちらは Joyetech のロゴですね。

ジョイテック(マジック)本体底部

本体底部には、ベントホールがたくさん開いています。これだけ開いているのは好印象。

ジョイテック(マジック)マウスピース

PODカートリッジは、マグネット式ではなく、カートリッジの厚みによってハマるようになっています。正確には切り欠けのような感じかな。

PODカートリッジを摘まんで引っこ抜けば簡単に脱着できます。

ジョイテック(マジック)マウスピース接触部

本体バッテリーには、PODカートリッジと接触させるための端子が設けられています。

ジョイテック(マジック)LEDライト

LEDランプも搭載。

このLEDランプでバッテリー残量を確認できます。

ランプが点灯、ゆっくり点滅、速く点滅などでお知らせしてくれますが、わかりにくいです。

バッテリー残量が少なくなるとLEDランプが高速点滅に変わります。

高速点滅を確認したら充電してください。

ジョイテック(マジック)マウスピース封印シール

取り外したPODカートリッジには、絶縁シールが貼られています。

本体装着済のほうだけなので、使用時には、このシールを剥がして使用してください。

リキッド容量は7mlなので、かなりリキッドを確保できます。

ジョイテック(マジック)マウスピース上部

PODカートリッジは咥えやすい形状。唇にフィットします。

ジョイテック(マジック)マウスピース本体

リキッド名など記載できるようになってる。やっぱコットン交換式なので長く使用できるのかな?

ジョイテック(マジック)マウスピース開け方

カートリッジ側面にはツメがあります。このツメを外してカバーを開きましょう。

あと、カートリッジにはエアホール(トップ)が開いています。

咥えすぎるとエアホールを塞いでしまうので、注意してください。

ジョイテック(マジック)リキッドチャージ

矢印部分には四角い形状のシリコンカバー。その横にリキッドチャージホールがあります。

リキッドチャージは右の穴から。

ジョイテック(マジック)マウスピースコットン

シリコンカバーをめくるとコットンが登場します。このコットンを交換してください。

コットン下にNCFilmヒーターを搭載。

NCFilmヒーター(0.6Ω)は、長寿命で長持ちするコイルのようです。

ジョイテック(マジック)を比較

本体サイズは大きいです。「ZERO」や「Minifit」と比べ2倍ほど。

POD型では珍しく1300mAhバッテリー、PODカートリッジ(7ml)なのでやはりサイズは大きいですね。そして重い。

ただバッテリー持ちがいいし、リキッドチャージの回数も減ります。なので大きなサイズ感のPOD型ですが便利です。

使い方

ジョイテック(マジック)使い方

電源ON/OFF → ボタン「5クリック」(素早く)

※吸引時にはボタンを押しながら吸引します。

使い方はとても簡単です。

PODカートリッジにリキッドチャージ。

※新品カートリッジの場合、リキッドチャージ後はコイル(コットン)にリキッドを馴染ませるためにしばらく放置します。

PODカートリッジを本体バッテリーに装着。

電源を入れてからマウスピースを咥えボタンをを押したまま吸引するだけです。

 

使ってみた感想まとめ

操作は非常に簡単です。

ただ軽くてコンパクトなPOD型と比べると重いかな。

まぁ、その分リキッドチャージの回数が減ったりラクなところもあります。

味については薄い感じ・・・。ニコソルトならって感じもしますが、僕はニコソルトを試したことがないので、何とも言えない。

思ってた以上にドローも軽く、味は薄い感じでしたね。残念。

これならZEROのほうがいいかな。コンパクトだし。

あと、ちょっと置いてから吸引するとジュルり警報発令中になります。

リキッド比率にもよりますが、これはちょっと・・・。

もうリキッド舐めてる感じ(汗)ちなみにコットンを交換しても改善されなかったです。

良いところは、コットン交換でPODカートリッジを長く使えるので、コスパ的にはいいのかもしれませんね。そんな感じかな。

では、また。

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.