Nevoks PAGEE POD レビュー|驚異的な薄さを実現!カードサイズのPOD型デバイス

Nevoks PAGEE POD レビュー

こんにちは、スッキーです。

めちゃくちゃ薄い!カードサイズのPOD型デバイスが登場しました!

Nevoks PAGEE POD(ネボックス ペイジーポッド)のレビューです。

驚異的な薄さを実現したPODデバイスなんですが、液晶画面を搭載し、なんと出力調整、エアフロー調整まで可能に!

コンパクトながらも高性能なPOD型デバイスになっています。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

Nevoks PAGEE(ネボックス ペイジー)とは?

Nevoks PAGEE POD レビュー

Nevoks社の最新モデル「PAGEE(ペイジー)」は、驚異的な薄さを実現した、コイル交換式のPOD型デバイスです。

カードサイズのコンパクトなボディを採用しているにもかかわらず、950mAhバッテリーを搭載しています。

薄いながらも「液晶画面、出力調整、エアフロー調整」という、機能をめいっぱい詰め込んだ高性能な仕様。

しかも、510規格のドリップチップにも対応している。何でもアリなPOD型デバイスになっています。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

Nevoks PAGEE PODの付属品

  • NEVOKS PAGEE POD
  • SPL-10コイル 0.6Ω
  • SPL-10コイル 1.0Ω
  • ネックストラップ
  • USB Type-C ケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 77.6mm×44.6mm×12.6mm
重量 約70g
バッテリー容量 950mAh(内蔵)
出力調整 5 - 30W
充電用ポート USBタイプC
リキッド容量 2.2ml
コイル 交換式

 

Nevoks PAGEE POD 実機レビュー|カードサイズの極薄デバイスなのに高性能!

Nevoks PAGEE POD ボディ

金属ボディを採用したカーボン調デザインが高級感を感じさせる。見た目以上に重量感があるので、安っぽさは特に感じません。

Podカートリッジ下にロゴがデザインされていますが、見た目の印象は悪くありませんね。

コンパクトなデバイスながら液晶画面も搭載しています。

Nevoks PAGEE POD カードサイズの極薄デバイス

そして、この薄さ!!!想像よりも薄かったですw

側面にはパフボタンとUSBタイプCポートを搭載。2A急速充電に対応しています。

パフボタン上の窪みはストラップホール。

付属のネックストラップを装着することで、首からぶら下げることも可能です。

Nevoks PAGEE POD マウスピース

本体上部にはコントロールボタンを搭載。マウスピースは咥えやすいシンプルな形状です。

Nevoks PAGEE POD エアフロー調整

底部にはエアフローコントロールを搭載。バッテリー容量は950mAhと申し分なし。ベントホールも設けられています。

Nevoks PAGEE POD エアフローコントロール

エアフローコントロールは360度回転させることが可能。

ツマミが出っ張っているわけではないので、少し絞りにくいけど、自分好みにドローを調整できます。

吸い心地は、少し抵抗感のあるDLくらいまでドローを楽しめる感じでした。

Nevoks PAGEE POD 液晶画面

ディスプレイはモノクロ表示。小型ながらも出力調整可能となっており、最大30Wまで対応しています。

あと、コイルを接続すると、自動で最適な出力に変更してくれるので、便利だと思います。

Nevoks PAGEE POD ポッドカートリッジ着脱

本体とPODカートリッジはマグネット式でスムーズに着脱できます。

 

Nevoks PAGEE PODカートリッジ

Nevoks PAGEE POD 510規格

リキッド容量は2.2ml。コイル交換式を採用したPODカートリッジになります。

で、PAGEEがPOD型デバイスの中でも珍しいなと思ったのが、マウスピースが取り外せるんですよ。しかも、510規格に対応!

Nevoks PAGEE PODを使ってみた感想

こんな感じで、510規格のドリップチップと交換することが可能です。

昔のPOD型デバイスはドリップチップを交換できたけど、最近発売されるヤツはマウスピース一体型ばかりだったので、ちょっとうれしかったです。

Nevoks PAGEE POD コイル

  • SPL-10 0.6Ωメッシュコイル(18-25W)
  • SPL-10 1.0Ωメッシュコイル(10-13W)

2種類のメッシュコイルが付属しています。

Nevoks PAGEE POD コイル装着

コイルはOリング固定式。差し込むだけで簡単に装着できます。

 

Nevoks PAGEEのPODカートリッジにリキッドチャージ

Nevoks PAGEE POD リキッドチャージホール

PODカートリッジ側面のシリコンプラグを外してリキッドをチャージします。

Nevoks PAGEE POD リキッドチャージ

りきっどやのパイナップル極をチャージしてみましたが、ユニコーンボトルのノズルがすんなり入るので、リキッドチャージはスムーズに行えます。

新品のコイルを使用される場合は、コットンにリキッドが浸透するまでしばらく放置させてください。約10分~20分くらい。

 

Nevoks PAGEE PODの使い方

Nevoks PAGEE POD コントロールボタン

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  • 出力変更:コントロールボタンで変更
  • パフ切替:電源ON時にパフボタン3回クリック

PAGEEはオートパフとマニュアルパフの両方に対応しています。

電源ON時にパフボタン3回クリックすると、液晶画面(0.0Vの横)に「M」が表示されます。

M表示があるときはオートパフ機能は使用できませんので、パフボタンを押しながら吸引してください。

 

Nevoks PAGEE PODを実際に使ってみた感想|カードサイズなのに機能は豊富!味は抜群でした

Nevoks PAGEE POD 吸ってみた

1.0Ωメッシュコイル(13W)を試してみましたが、濃厚な味わいを楽しめたので、かなり味の出るデバイスだと思います。

それに、このサイズからは想像できないほど、ミスト量が多かったので、ちょっとビックリしました。

ドローは抵抗感のあるDLくらいまで調整できる感じで、全閉でも重いMTLにはならなかったです。

ただ、抵抗感を調整できるので、ないよりはあったほうがいいですよね。

カードサイズの薄さを実現したデバイスは、かなり使いやすいと思う。

片手に収まるサイズ感だし、ちょうどいい重量感が手にしっくりくる印象です。

これだけ厚みを薄くしたにもかかわらず、欲しい機能(便利・快適)を全て詰め込んだ高性能モデル!かなり気に入りました。

 

まとめ

Nevoks PAGEE PODは、他社の一歩先ゆくPOD型デバイスだと思う。

この厚みの薄さで多彩な機能と使いやすさを両立している、自由度が高く臨機応変に使えるデバイスだと思いますよ。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 




×