【2020年版】紙巻き・加熱式タバコ値上げ価格一覧|今年は1箱50円ほど値上げへ

タバコ値上げ価格一覧

こんにちは、スッキーです。

2020年10月といえば『たばこ税増税』ですよね。

そう、たばこ税増税という、愛煙家にとっては厳しい試練が待ち構えております。

複数年掛けて段階的に上げていくタバコ税ですが、今年の値上げ価格には驚きました(汗

まだ申請段階ですが、ほぼ決定みたいなものでしょう。

そこで、タバコ銘柄の値上げ価格『2020年版』を一覧にしてみました。

 

2020年10月から値上げ|各社のたばこ銘柄はいくらになるの?

2020年10月1日からタバコ税増税に伴い、小売価格を改定するようです。

価格改定を行う大手3社。

  • JT(日本たばこ産業)
  • BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)
  • PM(フィリップ・モリス)

2018年から値上がりを続けていますが、今年は一体いくらまで値上がりしていくのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう。

 

JT(日本たばこ産業)タバコ値上げ価格

プルームテックプラスのレモンミントは美味しい

JTから発売されている、代表的な銘柄といえば、

  • メビウス
  • セブンスター
  • ピース
  • ピアニッシモ
  • ウィンストン
  • アメスピ
  • キャメル

など、幅広い銘柄がラインナップされています。

で、今年の値上げ価格は『50円』ほど。主力のメビウスがついに500円を突破・・・。

とりあえず、銘柄別に値上げ価格をまとめてみました。

 

紙巻きたばこの値上げ価格

銘柄価格(増税前)価格(増税後)値上げ価格
メビウス490円540円50円
セブンスター510円560円50円
ウィンストン450円500円50円
ホープ260円280円20円
ピース510円560円50円
キャメル400円450円50円
セーラム490円540円50円
アメスピ530円570円40円
ピアニッシモ490円540円50円
ハイライト450円490円40円
ウルマ450円500円50円

 

加熱式タバコの値上げ価格

デバイス銘柄価格(増税前)価格(増税後)
プルームテックメビウス
ピアニッシモ
490円540円
プルームテックプラスメビウス500円550円
プルームエスメビウス
キャメル
490円
460円
540円
500円

 

上記以外にも「刻みタバコ、葉タバコ、嗅ぎタバコ」など、計『224銘柄』を増税し、定価改定を行うようです。

個別銘柄の確認→JTたばこ税増税等に伴うたばこの小売定価改定の認可申請について

 

BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)タバコ値上げ価格

グローハイパーとグローミニ

BATJから発売されている、代表的な銘柄といえば、

  • ケント
  • クール
  • ラッキーストライク

などの銘柄がラインナップされており、主力のケントをはじめ、今年は『40円』ほど値上げするそうです。

 

紙巻きたばこの値上げ価格

銘柄価格(増税前)価格(増税後)値上げ価格
ケント460円500円40円
クール490円530円40円
ラッキーストライク520円560円40円
ダンヒル520円560円40円
ジェーピーエス480円520円40円
ヴォーグモント500円540円40円

 

加熱式タバコの値上げ価格

デバイス銘柄価格(増税前)価格(増税後)
グローケント
ネオ
460円
500円
480円
520円
グローハイパーケント
ネオ
470円
500円
480円
500円
グローセンスネオポッド500円520円

※グローハイパー専用スティック「neo」は価格を据え置き。

 

上記以外にも「ケント・エスシリーズ、葉巻たばこ」など、計『69銘柄』を増税し、価格改定を行うようです。

加熱式タバコでは『63銘柄』を増税し価格改定。

グローハイパー専用スティック「neo(ネオ)」は据え置き。嗅ぎタバコVELOも価格を据え置くようです。

個別銘柄の確認→BATJたばこ製品(紙巻・葉巻たばこ)の小売定価改定の申請について

個別銘柄の確認→たばこ製品(加熱式タバコ)の小売定価改定の申請について

 

PM(フィリップ・モリス)タバコ値上げ価格

アイコス3デゥオ(ホルダーとチャージャーはマグネット式)

PMJから発売されている、代表的な銘柄といえば、

  • マールボロ
  • ラーク
  • パーラメント

などの銘柄がラインナップされており、主力のマールボロをはじめ、今年は『40円~50円』ほど値上げするそうです。

 

紙巻きたばこの値上げ価格

銘柄価格(増税前)価格(増税後)値上げ価格
マールボロ520円570円50円
ラーク460円500円40円
パーラメント540円580円40円
バージニア490円530円40円
フィリップモリス380円400円20円

 

加熱式タバコの値上げ価格

デバイス銘柄価格(増税前)価格(増税後)
アイコスマルボロ
ヒーツ
520円
470円
550円
500円

※マールボロ・ヒートスティック・ディメンションズは『530円→560円』になります。

 

上記以外にも「パーラメント(KS)、葉巻たばこ」など、計『101銘柄』を増税し、価格改定を行うようです。

個別銘柄の確認→フィリップ モリス社製たばこ製品の小売定価改定を認可申請

 

2020年は、ほとんどの銘柄が1箱500円越えという結果に(汗

2018年から段階的に値上げしているタバコですが、たばこ税増税は今年で終了とはいきません。

来年、再来年とまだまだ値上げしていきます。

たぶん、2021年10月には「アメスピ、セッター、ラッキー」などの有名どころが1箱600円になるんじゃないかな。

下手するとプルームテックプラスも600円とかに・・・そんな予感がしますね(汗

アイコスは30円の値上げで済んでくれそうだから、まだ助かりそう。

グローは20円の値上げで済むようです。

しかも、グローハイパー専用スティック「neo」は据え置き。これって、グローハイパーに移行しろってことかな(笑

 

まとめ

たばこ税増税は、来年も再来年も控えております。

既に発売されている銘柄の値上げを阻止することは不可能でしょう。

こんな私が言うのもなんですが、禁煙できるに越したことはありません。

さぁ、禁煙しましょう!って言っても難しいんですよね。

もちろん、私は失敗ばかりです(汗

なので、個人的には、各社から新たな銘柄を販売し、安く購入できればうれしいな。

では、また。

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)