Univapo Miso PRO POD レビュー|ミソが進化!高性能プロバージョンが登場

Univapo Miso PRO POD(ユニベポ ミソプロ ポッド)レビュー

こんにちは、スッキーです。

Univapo社の小型で持ち運びやすいPOD型デバイス「MISO(ミソ)」をアップグレードしたプロモデルが登場!

MISO PRO POD(ミソプロ ポッド)のレビューです。

前作をさらに使いやすく進化させたそうなので、ちょっと楽しみ!

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

UNIVAPO MISO PRO(ユニベポ ミソプロ)とは?

Univapo Miso PRO POD(ユニベポ ミソプロ ポッド)とは?

MISO PRO POD(ミソプロ ポッド)は、MISOのアップグレード版です。

カートリッジ交換式からコイル交換式にグレードアップ。コイルを交換するタイプなので、コスパが良くなりました。

コイルは「パラレル」&「メッシュ」の2バリエーション。

バッテリーサイズは600mAhから1000mAhにアップされ、より長時間の使用が可能に!タイプC 2A急速充電にも対応しています。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

Univapo Miso PRO POD付属品

  • MISO PRO POD KIT
  • UNC 0.8Ωコイル
  • UNC 1.2Ωコイル
  • Type-C ケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 16×25×100mm
リキッド容量 3.0ml
コイル 0.8Ω/1.2Ω(交換式)
出力範囲 3 - 18W
充電用ポート USBタイプC(5V/2A)
バッテリー容量 1000mAh(内蔵)
エアフロー MTL/DL(POD向きで切替)

 

UNIVAPO MISO PRO レビュー

Univapo Miso PRO PODの詳細

スタイリッシュなデザインのコンパクトなデバイスです。

シンプルなデザインへと生まれ変わり、7色のカラーバリエーションが用意されていました。

本体はサラサラとした質感で指紋がつきにくく持ちやすい印象。本体中央に電源ボタンを搭載しています。

バッテリー容量は1000mAhを搭載。ベントホールは空いていません。

Univapo Miso PRO POD LED

ボタン下にLEDランプを搭載。点灯カラーによってバッテリー残量を確認できます。

バッテリー残量確認

  • グリーン:Full Battery(70-100%)
  • ブルー:Medium Battery(31-69%)
  • レッド:Low Battery(0-30%)

Univapo Miso PRO POD エアホール

側面にはエアホールとUSBタイプCポートを搭載。エアホールは片側のみ。側面に1つだけ開いています。

最近主流のタイプC接続となっており、差し込む向きを気にしなくていいから便利だと思う。また、急速充電にも対応しています。

Univapo Miso PRO PODカートリッジの向きでドロー調整

前作同様、PODカートリッジを差し込む向きによってMTLとDLの切替可。AFCリングのように細かな調整こそできませんが、2種類のドローを実現できる仕様です。

Univapo Miso PRO PODのカートリッジ着脱

本体とPODカートリッジは簡単に着脱できるマグネット式を採用しています。

Univapo Miso PRO PODは手のひらサイズのコンパクトなデバイス

前作と比べると一回り大きくなっていますが、手のひらサイズのコンパクトなサイズ感は健在。

スティックタイプのPOD型デバイスの中では、けっこう小型だと思うので、取り回しやすいと思います。

 

Podカートリッジ

Univapo Miso PRO PODカートリッジの詳細

リキッド容量は3.0ml。

前作は2.0mlだったので容量をアップし、さらに使いやすくなったと思う。

あと、コイルやベース部分が全てネジ式でした。

PODカートリッジとベース部分は再度使用するようになるので、コイルを交換する際に捨てないようにしてください。

Univapo Miso PRO POD コイル交換式を採用

MISO PROには、2種類のコイルが付属しています。

  • UNC 0.8Ωコイル(13-18W)メッシュ
  • UNC 1.2Ωコイル(9-12W)パラレル

前作は使い捨てカートリッジ(1.2Ω)のみでしたよね。

MISO PROはコイル交換式となり、コイルのバリエーションが増えています。

 

リキッドチャージ

Univapo Miso PRO リキッドチャージホール

POD側面のシリコンプラグを開けてからリキッドチャージします。

Univapo Miso PRO PODカートリッジにリキッドチャージ

MISOシリーズは、PODカートリッジを装着したままリキッドチャージできる仕様なんですよね。

毎回外さずにチャージできるから便利なんですが、勢いよく入れるとリキッドがあふれてくるので注意してください。

注意

新品のカートリッジを使用する場合は、コットンにリキッドを馴染ませるため、しばらく放置しましょう。約5分~10分ほど。

 

使い方

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  • ボタンロック:電源ON時にパフボタン3回クリック

※オートパフとマニュアルパフの両方に対応しているので、お好みのほうで使用してください。ボタンで切替える必要はありません。

 

MISO PRO PODを実際に使ってみた感想

Univapo Miso PRO PODを実際に使ってみた感想

MISO PROを実際に使ってみましたが、味が良く出ます。0.8Ωメッシュコイルを採用したことで、前作よりもさらに味が良い。

濃厚なミストを楽しめるので、味については申し分ありません。

前作同様、DL側は少し抵抗感のあるドローで、MTL側も似たような感じでした。エアフロー調整はおまけ程度かな。

1.2Ωコイルのほうが重めのドローを楽しめると思いますよ。

あと、オートパフの立ち上がりがスピーディー、前作よりも立ち上がりが良くなった印象です。マニュアルパフに近づいたんじゃないかな。

前作よりもサイズが一回り大きくなっていますが、使用感は悪くありません。大きくなったと言っても、十分コンパクトだと思う。

MISO PROは、スタイリッシュなデザインかつコンパクトなサイズ感のPOD型デバイスを求めている方におすすめです。

 

まとめ

MISO PROはコイル交換式を採用し、前作よりもランニングコストが抑えられるようになりました。前作のカートリッジけっこう値が張ったので...

POD洗浄などの手間がかかりますが、安いに越したことはないですよね。

前作よりもサイズが大きくなったけど、リキッド容量、バッテリー容量アップで、さらに使いやすくなったと思います。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

created by Rinker
MISO PODの後継機。プログレードモデル。カートリッジを装着した状態で、リキッド補充が可能なサイドフィル方式。バッテリー容量は充分な1000mAh。いつでもどこでも持っていけるポータブルサイズ。

 




×