クリアロマイザー スターターキット

【UWELL】Nunchaku 2 KIT をレビュー|MODを傾けて操作する新時代に突入

商品提供:ベプログショップ

こんにちは、スッキーです。

大人気チューブMOD「Nunchaku」の後継機が登場しました!

今日は「Nunchaku2(ヌンチャク2)」スターターキットのレビューです。

カリバーンを発売して、さらに勢いに乗ったVAPEメーカー「UWELL(ユーウェル)」社なので、期待大ですね。

前作から、どのような進化を遂げたのか?

さっそく、レビューします。

Nunchaku 2(スターターキット)レビュー

Nunchaku(ヌンチャク)といえば、世界中で大ヒットした、チューブ型のテクニカルMODですね。

当時は、チューブ型のテクニカルMODが珍しかったと思います。

その後継機「Nunchaku2」は、21700バッテリーに対応してバッテリー持ちが良くなり、100Wまで対応となりました。

また6軸モーションセンサーを搭載して「コントロールボタン(+・-)」が排除されたようです。

モード変更やワッテージ調整は、MODを傾けて行えるという新感覚。

前作同様、美しいフォルムは健在です!

カラーバリエーションは4色ラインナップ

カラバリは、4色をラインナップ。

  • ブルー
  • ブラック
  • シルバー
  • レインボー

前作より、カラバリが少なくなっています。

でもヌンチャク2は、シンプル&美しさを増している。スリムなチューブMODはマジで綺麗です。

 

パッケージ

黒を基調とした、UWELLらしいパッケージデザインです。

スライドタイプなので、内箱をスライドさせて取り出してください。

 

付属品

  • ヌンチャク2(本体)
  • ヌンチャク2(クリアロ)
  • UN2 メッシュコイル(0.2Ω※装着済み)
  • UN2 メッシュコイル(0.14Ω)
  • ガラスチューブ
  • スペアパーツ(Oリング)
  • バッテリースリーブ
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ・φ29.9x100mm(本体)
・φ29mmx48.3mm(クリアロ)
重量・141g(本体)
・60.6g(クリアロ)
スレッド510
バッテリー18650 / 20700 / 21700(どれか1本)
充電用ポートmicroUSB
モードVW / Bypass / TCR /  TC(Ni , Ti , SS)
抵抗値範囲・TCモード:0.1Ω – 1.0Ω
・VWモード:0.1Ω – 3.0Ω
出力範囲5W – 100W
温度範囲100℃-315℃ / 200℉-600℉
コイルUN2シリーズコイル
エアフローボトムエアフロー
リキッド容量5ml
保護機能・搭載保護回路
・ショート回路保護
・低電圧保護
・高温保護
・逆回路保護

 

Nunchaku 2 MODを見ていきましょう

こちらが ヌンチャク2 本体です。

シンプルだけど、どこかカッコいい。ミニマルデザインのチューブMODですね。

液晶ディスプレイの位置が上に変更されています。

そしてコントロールボタン(+・-)がなくなりました。

なんでもMODを傾けてモード変更などを行うようです。どうなんでしょうね?

充電用ポートは前作と同じ位置かな。

この位置なら、MODを立てたまま充電することが可能です。

また2Aまでの急速充電に対応したので、充電時間が短縮されました。

側面下にはロゴがデザインされています。前作みたいにロゴが彫られていませんね。

アトマイザー接続部は、シンプルなフラット形状。

スプリング式510スレッドになっています。

底部のバッテリーカバーもフラット形状。

前作は星みたいなデザインでしたが、かなりシンプルな見た目になりましたね。

バッテリーカバーはネジ式です。回しながら取り外してください。

MOD内には、18650用のバッテリースリーブが入っていました。

18650バッテリーを使用する場合は、黒いバッテリースリーブを取り付けてください。

こんな感じで、+方向にバッテリースリーブを装着します。

バッテリー挿入方向は「+側」から、本体に挿入してください。

ヌンチャク2は、21700バッテリーを使えるようになったので便利ですね。

液晶ディスプレイは小型ですが見やすい。

各モードを選択する場合は、MODを傾けて行います。

新感覚の操作方法は、慣れれば簡単。でも最初はやりにくかったです(汗

MODは持ちやすく、手に馴染む形状。

パフボタンの位置も押しやすい。

21700バッテリーに対応したので、サイズが少し大きくなりました。

 

Nunchaku 2 TANKを見ていきましょう

こちらが Nunchaku 2 TANK です。

購入時には「UN2メッシュコイル(0.2Ω)」装着済み。

リキッド容量は5mlになっています。

コントロールリングはスムーズに動きますね。

全開から全閉まで無段階のエアフロー調整可能。ボトムエアフローです。

全開だとスカスカで、DL向けの軽めな吸い心地でした。

ドリップチップは、510規格を採用。

お好みの510ドリップチップに交換することが可能です。

トップキャップを外してから、リキッドチャージします。

リキッド挿入口には、シリコンカバーが付きました。

このシリコンカバーには、切り口が入っているので、シリコンカバーを装着したままリキッドチャージを行ってください。

リキッドチャージは、こんな感じです。

ユニコーンボトルのノズルがギリ入るくらいですね。

コイルは、Oリング2つで固定されている感じ。

一般的なクリアロのコイルは、ネジ式で回して取り付けることが多いけど、このコイルは、Oリングで固定されるはめ込みタイプ。

ネジ式ではないので、脱着をスムーズに行えます。

 

コイル

コイルは、UN2メッシュコイル(0.2Ω)と、UN2メッシュコイル(0.14Ω)が付属しています。

どちらも「50W~60W」が推奨。

抵抗値が低いので、爆煙を楽しめますね。

 

操作方法(使い方)

  • 電源ON/OFF → パフボタン「5クリック
  • モード変更画面 → パフボタン「3クリック
  • モード変更 → MODを左右に傾ける
  • モード決定 → パフボタン「クリック

※各モード数値変更は、MODを傾けて調節します。調節した数値を決定するには、パフボタンをクリックして決定となります。

 

使ってみた感想

おまけ程度に考えていた、スターターキットのクリアロは、かなり良かったです。

爆煙でミスト量が多く、下手なクリアロよりも味は出ますね。

メッシュコイルが良いのかな?

濃厚なミストを楽しめて、想像以上に美味しく吸えました。

MODの操作については、左右に傾けて、モード変更やワッテージ調整を行いますが、最初は少しやりにくいかもしれません。

便利なのかもしれないけど、決めた数値にあわせずらい印象です。

でも1日使えば慣れるので、そこまで難しく考えないでくださいね。

やっぱコントロールボタン「あり」「なし」は好みかな。

あと、21700バッテリーを使用できるのが嬉しい。長時間運用にはもってこいです。

ワッテージも100Wまで対応したので、前作よりパワーアップしています。

個人的には、操作に慣れれば前作よりも使いやすいと感じました。

 

まとめ

チューブ型テクニカルMODは数少ない。

その中でもヌンチャクシリーズは、使いやすくてカッコいいMODです。

付属のクリアロも味が出るし。

最近のVAPEスターターキットって、本当に味が出て美味しく吸えるようになりましたね。

手軽に爆煙を楽しみたい方には、おすすめのスターターキットだと思います。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中

>>Nunchaku 2 スターターキット

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.