UWELL『NUNCHAKU 80W』スターターキットをレビュー!テクニカルMODヌンチャク

ヌンチャクMOD アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「UWELL(ユーウェル)NUNCHAKU(ヌンチャク)80W」スターターキットをレビューします。

シンプルで美しいチューブ型ボディには、18650バッテリーを収納できる魅力があります。

ヌンチャクが発売したのは、去年なんですが(汗)未だに根強い人気がありますね。

チューブ型ボディには、ディスプレイも搭載!扱いやすいチューブ型MODです。

では、さっそくレビューします。

 

UWELL(ユーウェル)NUNCHAKU(ヌンチャク)80W

ヌンチャクMOD パッケージ

こちらがパッケージです。

黒を基調したダーク系のデザイン。パッケージ中央には、ヌンチャク!

付属品

ヌンチャクMOD 付属品

NUNCHAKU mod本体
NUNCHAKU アトマイザー
交換用ガラスチューブ
0.25Ωコイル(装着済)
0.40Ωコイル
交換用Oリング
Micro USBケーブル
ユーザーマニュアル
ドリップチップ用キャップ 

スペック(NUNCHAKU mod本体)

サイズ 直径27.4X高94.5mm
スレッド 510(スプリング式)
バッテリー 18650シングルバッテリー(別売)
出力  80W
抵抗値 VW(0.1-3.0Ω)TC(0.1-1.0Ω)Bypass(0.1-0.5Ω)
温度範囲 200-600℉/100-300℃
モード パワー(VW)モード、TCモード(NI、SS)、バイパスモード
充電用ポート microUSB(5V 1A)

スペック(NUNCHAKU アトマイザー)

サイズ 直径25.2mm
スレッド 510スレッド
重さ 46.5g
タンク容量 5ml
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアフロー

 

NUNCHAKU本体の詳細

ヌンチャクMODを組み付けるとこんな感じこちらが、ヌンチャク・スターターキット本体です。

シンプルなデザインのスマートボディがカッコいい!!メカニカルMODにも似たデザインが、またいい感じです。

ヌンチャクMOD チューブ型本体

ヌンチャク本体には「パフボタン、+・-ボタン、ディスプレイ」が搭載。

ヌンチャクMOD(パフボタン)

本体カラーとは異なる、ゴールドのパフボタンがめっちゃカッコいいです!このワンポイントが、またオシャレ。

吸引する時には、このパフボタンを押しながら吸引するようになります。

ヌンチャクMOD 本体ディスプレイ

小型ディスプレイは、意外に見やすいです。

ディスプレイ上には、2つのボタンがあり、配置は「左:-(マイナス)右:+(プラス)」ボタンとなります。

ヌンチャクMOD 充電用ポート

本体上付近には、充電用ポート。本体下付近にはメーカーとヌンチャクのロゴが刻印されています。

ヌンチャクMOD 本体510スレッド

アトマイザー装着部には、510スレッドを採用しています。コンタクトピンはスプリング式の金メッキ。

ヌンチャクMOD 本体底部

バッテリーキャップにもパフボタンと同じデザインが!!見えない部分のオシャレ感、僕は好きです(笑)

ヌンチャクMOD バッテリーキャップ

バッテリーキャップを取り外すと、キャップに「マイナス」とプリントされています。

バッテリーを収納する方向が一目でわかる。

ヌンチャクMOD バッテリー挿入口

バッテリーの向きは、本体側が+(プラス)キャップ側が-(マイナス)となります。

18650バッテリーをスムーズに収納できる。バッテリーを収納したら、回しながらバッテリーキャップを締めてください。

 

NUNCHAKUアトマイザーの詳細

ヌンチャクMOD クリアロマイザー本体

こちらが、スターターキットのアトマイザー タンクです。

直径が25.2mmのクリアロマイザー。リキッド容量は5mlとなります。

思いのほか、吸ってみるとミスト量があり、味もけっこう出ている感じでした。

ヌンチャクMOD クリアロマイザーを分解

大まかに分解すると、このようなパーツに分かれます。

ヌンチャクMOD ドリップチップ本体

ヌンチャクMOD ドリップチップ

510規格の樹脂製ドリップチップ。

お好みの510ドリップチップに交換することも可能です。

ヌンチャクMOD クリアロマイザーのタンク

5mlタンクなので、リキッド保持量は十分です。

ヌンチャクMOD クリアロマイザーのエアフロー

エアフローは、ボトムエアフローで、けっこう大きい。

試しに全開で吸ってみましたが、かなりスカスカでした(笑)

ヌンチャクMOD クリアロマイザーはトップフィル式

リキッドチャージは、トップフィル式です。

トップキャップを取り外してから、リキッドを注いでください。新品のコイルを使用する場合は、リキッドを注いでから、しばらく放置しましょう。

 

操作方法(使い方)

ヌンチャクMOD 本体

・電源ON/OFF → パフボタン「5回押し」(2秒以内)

・モードの切替 → 電源ON時にパフボタン「3回押し」でモード切替 (+ -ボタンで選択、パフボタンで決定)

・ワット数設定 → VWモード時に「」か「」ボタンを押して調整。0.5Wのワット数を増減できます。

・温度設定 → TCモード時に「」か「」ボタンを押して調整。5℃の温度を増減できます。

・ロック設定 → 「パフボタンと+ボタン同時押し」で「+・-」ボタンのロックと解除(ロック時はパフボタンのみ操作可能)

・ロック解除 → 「パフボタンと-ボタン同時押し」で全ボタンのロックと解除。

 

使ってみた感想

シンプルなデザインがカッコいい!スリムなチューブ型。

おまけ程度に考えていた、スターターキットのクリアロも味が出るし、いい感じでした。

全体的にヌンチャクは、非常に扱いやすいです。デザインだけではなく、使いやすいという魅力が、人気の理由なのかもしれませんね。

未だに人気が絶えない「NUNCHAKU(ヌンチャク)」気になる方は試してみてください。

では、また。

>購入先はこちら<

 




×