VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20)レビュー|液漏対策バッチリのPODデバイス

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)レビュー

こんにちは、スッキーです。

VOOPOO(ブープー)にペンタイプのPODデバイス新登場!

DORIC20 POD(ドリック20 ポッド)VAPEスターターキットのレビューです。

過去最高レベルの液漏れ対策と繊細な味をとことん追求した製品!

コイル交換式でお財布にも優しいデバイスとなっています。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)とは?

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)とは?

DORIC20 PODは、アロイボディを採用したハイクオリティな製品となっており、底部にはラバー素材を採用したりと、使い手のことをよく考えてデザインされた直径19mmのPOD型デバイス。

小さな液漏れも許さない!液漏れ防止構造やスライド式のエアフロー機構を搭載したVOOPOOの最高傑作だそうです。

シンプルなデバイスですが、機能は一通り揃っているので、使いやすいんじゃないかな。

1500mAhの大容量バッテリーを内蔵し、USBタイプCに対応。コイル交換式なのでコスパも高いデバイスです。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)付属品

  • Doric20 デバイス
  • ITO Pod
  • ITO-M2 1.0Ωコイル
  • ITO-M3 1.2Ωコイル
  • Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ φ19×124mm
リキッド容量 2.0ml
コイル ITO 1.0Ω/1.2Ω(コイル交換式)
出力 8-18W(3段階)
充電用ポート USBタイプC
バッテリー容量 1500mAh(内蔵)
エアフロー スライド式(調整可)

 

VOOPOO DORIC20 レビュー|アロイボディで滑らかな触り心地!液漏れしにくいPODデバイス

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)の詳細

DORIC20は薄型のボディデザインを採用した細身のスティックPODです。

丸みのあるフォルムには、アルミ以外にもマグネシウムなどを組み合わせたアロイ合金を採用し、さらさらとした滑らかな触り心地を実現。

パフボタンは1つのみ。その上にLEDランプを搭載しています。

ラバーボトムデザインはPOD型VAPEの中では珍しい構造ですね。

滑り止め効果だけでなく、テーブルに置いても傷つけにくいデザインだと思う。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)エアフロー調整

側面にはスライド式のエアフローとUSBタイプCポートを搭載しています。

小さな穴が3つ開いているので、ツマミをスライドさせてドローの重さを調整してください。

ツマミが割と硬めなので使用中に動いてしまいことはないかと。ボディ側で吸い心地を変化させれるから便利だと思う。

充電は1.5A急速充電に対応し、約60分でフル充電可能。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)LEDランプ

ボタン上のLEDランプの点灯カラーでモードやバッテリー残量を確認できます。

モード

  • グリーン(0.7Ω 14-18W)
  • ブルー(1.0Ω 10-14W)
  • レッド(1.2Ω 8-12W)

バッテリー残量

  • グリーン:66-100%
  • ブルー:33-66%
  • レッド:0-33%

小さなLEDランプですが、点灯すると明るいのでわかりやすいと思いますよ。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)POD着脱

本体とPODはマグネット式ではなく、パチンとハマる構造でした。

しっくりハマるので使用中に外れる心配はありません。着脱もスムーズに行えたので、しっかりとした作りだと思います。

 

Podカートリッジ

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)PODカートリッジの詳細

リキッド容量は2.0ml。

コイル交換式のPODカートリッジを採用しています。コイル交換式は使い捨てタイプよりもコスパが高いと思いますよ。

マウスピースは一体型構造で取り外し不可。細身のマウスピースは紙巻きたばこを咥えているような感覚なので咥えやすいです。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)コイル交換式

付属コイルは「ITO」という小型コイルを採用しています。

  • ITO-M2 1.0Ωコイル
  • ITO-M3 1.2Ωコイル

ともにメッシュコイルとなっており、抜群の味を提供してくれるとのこと。液漏れ防止構造も搭載されているようです。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)コイル装着方法

コイルはOリング固定式のはめ込みタイプ。コイルを押し込むときに向きが決まっていますので注意してください。

コイルの形状を確認すれば難しくないと思いますが、中途半端に入った状態だと液漏れの原因になるので、コイルを最後まで押し込むようにしてくださいね。

 

リキッドチャージ

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)リキッドチャージホール

PODのシリコンプラグ(黒い部分)を外してリキッドをチャージします。

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)リキッドチャージ

ユニコーンボトルの先端が少し入りにくいですが、チャージについてはそこまで問題ないかと。

透明なPODなのでリキッド残量は確認しやすいです。

注意

新品のコイルを使用する場合は、コットンにリキッドを馴染ませるため、しばらく放置しましょう。約5分~10分ほど。

 

DORIC20の使い方(操作方法)

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)使い方

  • 電源ON/OFF:電源ボタン5回クリック
  • モード変更:電源ON時にボタン3回クリック

オートパフとマニュアルパフの両方に対応しているので、お好みで使用してください。

 

VooPoo Doric20 PODを実際に使ってみた感想|液漏れがない...だと

VOOPOO DORIC20 POD(ブープー ドリック20 ポッド)を使ってみた感想

Doric20を実際に使ってみましたが、エアフロー全開だと少し重めのDLくらいのドローを楽しめました。

全閉だとMTL寄りの重めのドローとなりますが、ものすごく重いわけではなかったです。個人的には十分だけど。

どちらかといったら、前回紹介した「DRAG Nano2 POD」のほうがMTLに特化したドローを体験できるデバイスだと思う。

コイルについては申し分なし!濃厚なミストを楽しめるのでめちゃくちゃ美味しいです。

直径19mmだから握りやすいし、約55gという軽さがたまらないですね。

3日ほど持ち運んでみましたが、大容量バッテリーを内蔵しているので、1日は余裕で持つし、液漏れ一切なし...スゴイです。

逆さにしてもジュルっともせず、快適でした!

ワッテージ調整を可能にした最近のPOD型デバイスに比べると、機能がシンプルなので物足りない方もいるかもしれませんが、液漏れしないデバイスは使い勝手がいいと思います。

 

まとめ

Doric20は液漏れしないから、かなり使いやすいデバイスだと思う。持ち運びには最適じゃないかな。

機能としてはシンプルだけど、一通りの機能は搭載していますし、エアフローも調節できます。

小型のメッシュコイルも味が良いし、透明なPODを採用しているのでリキッド残量を確認しやすい。使い勝手抜群でした。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

 




×