Aspire Favostix(ファボスティックス)レビュー|w調節可能で味良し!スリムなPOD型VAPE

アスパイア ファボスティックス(アイキャッチ画像)

こんにちは、スッキーです。

Aspire(アスパイア)から最新のPOD型デバイスが登場しました!

Aspire Favostix(ファボスティックス)のレビューです。

使い捨てPodカートリッジを採用した、手軽に楽しめるデバイスとなっており、これから始める人には最高の一台だと思います。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

Aspire Favostix POD レビュー|何もかもが最高のデバイス!

アスパイア ファボスティックス(パッケージと本体)

FavostixはスリムでコンパクトなPOD型デバイスです。

味に定評のある「Nautuilus、BP、AVP」のコイル技術を詰め込んだ本格派なので、不味いわけがない!と思う。

しかも、この手のタイプでは珍しく、小型ディスプレイを搭載し、なんとW調節が可能になっています。スゴイ(笑

Podカートリッジは使い捨てタイプを採用しており、寿命がきたら新品に交換するだけ、手軽に使えるところがうれしいですね。

 

付属品

アスパイア ファボスティックス(付属品)

  • Favostix 本体
  • Favostix Pod(1.0Ω)
  • Favostix Pod(0.6Ω)
  • USBタイプCケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ113.2×25×13.6mm
重量約46g
リキッド容量3.0ml
抵抗値・0.6Ω:15 - 18 W
・1.0Ω:12 - 15 W
出力範囲1-  30 W
充電用ポートUSBタイプC
バッテリー容量1000mAh(内蔵)

 

外観

アスパイア ファボスティックス(本体)

シンプルな見た目のFavostixは、CaliburnやXtalを彷彿させるデザイン。アルミ素材の本体は、サラサラとした質感で指紋が目立ちにくい印象です。

上部にパフボタン、下部に小型ディスプレイを搭載し、aspireのロゴがひっそりとデザインされています。

アスパイア ファボスティックス(質感)

反対側にFavostixのロゴがデザインされていました。

角ばった側面が思いのほか手に馴染みます。

アスパイア ファボスティックス(充電用ポート)

充電用ポートはUSBタイプCを搭載。

USB Type-Cは、今や主流になりつつありますが、差し込む向きを気にしなくていいので、余計なストレスも掛かりません。

Favostixには、1000mAhのバッテリーが内蔵されており、CaliburnやXtalに比べて容量が大きいので、出力にもよるけど、バッテリー持ちが良さそうです。

アスパイア ファボスティックス(吸気孔)

両側面にエアホールが開いています。

どちらか片方の穴を指で塞げば、多少ドローを重くできますね。

アスパイア ファボスティックス(吸い口)

吸い口は大きい感じです。

咥えやすいちょうどいいサイズだと思います。

アスパイア ファボスティックス(ワッテージ調節)

Favostixの魅力的なのは、小型ディスプレイを搭載しているところですね。

このディスプレイで「バッテリー残量、コイル抵抗値、パフ数、ワッテージ」を確認できます。

アスパイア ファボスティックス(サイズ比較)

サイズ感はこれくらいです。

Favostixは厚みがありますが、それほど苦になりません。

むしろ、ディスプレイを備えているにも関わらず、このサイズにしてきたことが素晴らしいと思う。

 

Podカートリッジ

アスパイア ファボスティックス(カートリッジ外した)

Podカートリッジはハメ込み式です。

カートリッジ接続部分にセンサーが搭載され、オートパフにも対応しています。

アスパイア ファボスティックス(Podカートリッジ)

Favostixには2種類のPodカートリッジが付属しています。

Aspireのコイル技術を全投入した新型Podを採用しているようなので、間違いなく美味しいと思いますよ!

  • 1.0Ω(12-15W)
  • 0.6Ω(15-18W)

リキッド容量は3.0mlとなっています。

使い捨てカートリッジなので、寿命がきたらまるごと交換する感じですね。

コイル交換式に比べてランニングコストは掛かるけど、カートリッジを洗浄したりする手間を省けるメリットがあります。

アスパイア ファボスティックス(リキチャホール)

底部には樹脂製の蓋がついており、蓋をめくってリキッドチャージしてください。

2つの穴が開いていますが、大きいほうの穴がチャージホールです。

アスパイア ファボスティックス(リキチャ)

リキッドは3.0ml入るし、結構使いやすいかもしれませんね。

アスパイア ファボスティックス(リキッドチャージ)

新品のカートリッジを使用する場合は、コットンにリキッドを馴染ませるため、しばらく放置しましょう。約5分~10分ほど。

 

使い方

アスパイア ファボスティックス(カートリッジ挿入)

リキッドチャージしたPodカートリッジを本体に接続します。

上から押し込むだけなので簡単だと思う。

アスパイア ファボスティックス(使い方)

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  • 出力調整:電源ON時にパフボタン3回クリック

※パフボタンを3回クリックすると数字が点滅します。点滅状態でパフボタンを押していくと1Wずつ調整可能。30Wに到達すると1Wに戻るようになります。

オートパフ、マニュアルパフの両方に対応しているので、お好みのほうで使用してください。

 

実際に使ってみた感想

アスパイア ファボスティックス(使ってみた)

Favostix Pod 1.0Ω(15W)で吸ってみましたが、ニンマリ(笑

これでもかってくらい味が出る。

ICE BLITZ GRAPEを入れたけど、カリバーンGより甘味が増してる印象です。

ワッテージを調節できるのが強みかもしれませんね。

ドローはMTLとDLの中間くらいです。

抵抗感のあるやや重めのDLといったところ。両方穴を塞げばMTLくらいになるかな。

あと、2日ほど使用してみましたが、リキッド漏れもなく快調でした。

Favostixは、濃厚なウマさを味わえるデバイスだと思います。

最大出力30Wですが、Podカートリッジのことを考えても十分すぎるし、何よりもこのサイズでディスプレイを搭載していることがうれしい。

今までのPOD型とは何かが違う。Aspireの本気が感じられますね!

 

まとめ

Favostixは、お世辞抜きで最高のPOD型デバイスだと思います。

ワッテージも調節できるし、想像以上にウマかった!

たぶん、デメリットはPodカートリッジのランニングコストくらいじゃないかな?

まだ2日ほどしか使用してないので、どれくらいで寿命がくるかわかりませんが、今のところ問題なく使えてます。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

※現在予約販売になっています。

関連記事ZQ XTAL Pod(エクスタル ポッド)レビュー|バーンよりドロー重め

関連記事ICE BLITZ GRAPE(グレープ)リキッド レビュー|これはハマる!