Azalea CBD WAX レビュー|CBDデビューに最適な airis Quaser ヴェポライザー セット

Azalea CBD WAX×Airis Quaser(アイキャッチ画像)

こんにちは、スッキーです。

安価なCBD「Azalea」からワックスタイプが登場しました!

Azalea CBD WAX(アザレア シービーディー ワックス)のレビューです。

CBDといえば、高価なものが多いけど、AzaleaのCBDは日本国内で0から生産しているため、大幅なコスト削減を実現しています。

継続して摂取する事でより効果を実感できるので、コスパの良いものに越したことはないですね。

今回は「Azalea CBD WAX」と「airis Quaser(ヴェポライザー)」がセットで販売されている、CBDデビューに最適なスターターキットになっています。

さっそく、レビューします。

商品提供:VAPONAVI

 

CBDワックスとは?

Airis Quaser ヴェポライザー

CBDワックスは、オーガニック栽培された産業用ヘンプ(麻)を超臨界抽出という特殊な製法を使い、CBD成分を抽出し濃縮したものです。

CBD濃度が非常に高いのが特徴ですね。

CBDワックスには「ジェル状」や「固形状」のものが存在し、肌に塗ったり、そのまま舐めたりと使用できるようですが、専用デバイスで気化させて摂取するのが効果的と言われています。

それでは、見ていきましょう!

 

人気のOGKUSHを使用した「Azalea CBD WAX」レビュー

Azalea CBD WAX

Azalea CBD WAXは、埼玉のクリーンルームで食品用の原材料のみを使用して作られた「CBD90%配合」の安心・安全な国産CBDワックスとなっており、麻の中でも人気の品種「OGKUSH(オージークッシュ)」を使用しています。

OGKUSH(オージークッシュ)とは、世界中で人気のヘンプ(大麻)の品種で柑橘系の爽やかな香りとほのかな甘さが特徴のどなたでも吸いやすく続けやすい人気No1のカンナビスフレーバーになります。

Azalea CBD WAX(固形タイプ)

内容量:1g、CBD濃度90%(CBD900mg)

ジェル状ではなく、固形状のようなCBDワックスですね。

天然テルペン配合のブロードスペクトラム製法でCBD単体の商品より高い相乗効果が期待できると言われています。

Azalea CBD WAX×Airis Quaser(スターターキット)

CBDワックスは、RDAアトマイザーやリキッドに溶かして使用することも可能ですが、専用のヴェポライザーを使用するのが手っ取り早いです。

デバイスをお持ちでない方は、専用のヴェポライザーとセットになったスターターキットを購入されたほうが、単体で購入するよりもお得だと思いますよ。

Airis Quaser ヴェポライザー(外観)

airis Quaserは、シンプル機能で使いやすい専用のヴェポライザーとなっており、CBDデビューに最適なセットだと思います。

サイズ129×11×11mm
重量68g
バッテリー容量350mAh
モード赤(4.2V)/青(3.7V)/緑(3.4V)
CBDワックス(ジェル、固形)クリスタル、パウダー

Airis Quaser ヴェポライザー(充電用ポート)

底部に充電用ポートを搭載しています。

付属のmicroUSBケーブルで充電してください。

Airis Quaser ヴェポライザー(スプーン付き)

CBDワックス専用カートリッジは、マウスピースを外せるようになっています。

マウスピースを外すと、ミニスプーンがついていますが、CBDワックス(ジェル状、固形状など)をミニスプーンですくえるのは便利だと思います。

あと、ミニスプーンも外せるようになっているので、汚れなどを拭き取れますね。

Azalea CBD WAX(開封)

1回あたりの使用量は「米粒一つ程度」が目安になっています。

Azalea CBD WAXを入れてみた

こんな感じでポンっと中に入れたらセッティング完了。

あとは内部にコイルを搭載しているので、CBDワックスを加熱し、蒸気を吸引する感じです。

コイルは消耗品になるので寿命がきたら交換してくださいね。

 

airis Quaserの使い方(操作方法)

Airis Quaser ヴェポライザー(LEDランプ)

  • 電源ON/OFF:電源ボタン5回クリック
  • 出力変更:電源ボタン3回クリック
  • プレヒート:電源ボタン2回クリック

出力変更は、電源ON時に「ボタン3回クリック」で「赤(4.2V)/青(3.7V)/緑(3.4V)」に変更可能です。

CBDワックスは「緑(3.4V)」がおすすめ。

プレヒート機能は、電源ON時に「ボタン2回クリック」すると赤く光り、それから七色に光った後に再び赤く光ってから消滅します。

プレヒート機能をキャンセルしたい場合にはパフボタンを1回クリックします。

あとは、ボタンを押しながら吸引してください。

 

実際に吸ってみた感想

Airis Quaser ヴェポライザーを使ってみた

プレヒート(余熱)は、だいたい15秒くらいでした。

電源ボタン押しっぱなしで余熱してもいいけど、プレヒート機能を使ったほうが蒸気が出る印象です。

カートリッジがクリアなので、蒸気を確認できるところがポイント高い。

たまった蒸気をゆっくり深く吸い込むイメージなんですが、米粒1つ程度のCBDワックスで3回ほど吸引できますね。

しかしまぁ、ヘンプそのままの味わいを楽しめたけど、かなり高濃度。

蒸気をゆっくり吸い込むことは何の問題もないんですが、肺に溜めるのがキツい、調子に乗って吸い込んだら、むせました(汗

あと、ミニスプーンがついているのはありがたいですね。CBDワックスをすくって中に入れるだけなので便利だと思います。

今回は固形状のCBDワックスなので、ポンっと中に入れただけですが、ジェル状のCBDワックスならミニスプーンに付着させるだけで良いみたいですよ。

 

まとめ

CBDワックスというものをはじめて吸ってみたけど、噂通りの高濃度でちょっとビックリしました。

優しい蒸気なので吸い込むことに抵抗はありませんが、肺に溜めるときがキツいと思う。

CBDリキッドと同じ感覚で吸い込むとむせるので、吸い込み過ぎないように注意してくださいね。

気になる方はチェックしてください!

では、また。

関連記事【AZALEA】O.G.KUSH(オージークッシュ)CBDリキッド レビュー|濃度10%でも安い!