【実機レビュー】lil HYBRID(リルハイブリット)を使ってみた感想|アイコスの匂いを抑えた中温加熱式タバコ

lil HYBRID(リルハイブリット)アイキャッチ画像

こんにちは、スッキーです。

2021年2月15日より全国発売された「lil HYBRID(リルハイブリット)」を購入してみました!

たばこスティックとリキッドを組み合わせた加熱式タバコとなっており、今までにない新しい喫煙体験を演出してくれるそうです。

さっそく、レビューします。

 

lil HYBRID 2.0(リルハイブリット)とは?

lil HYBRID(リルハイブリット)本体とパッケージ

フィリップ・モリス(インターナショナル)とKT&G(韓国のたばこメーカー)が業務提携し、煙のない未来の実現を加速させるために発売されたものが「lil HYBRID」という加熱式タバコです。

2020年10月26日に日本初上陸し、宮城県、福岡県のみで発売されてたけど、2021年2月15日より全国発売開始となりました。

お近くのコンビニでも買えると思います。

lil HYBRIDの特徴

  • たばこスティックを差し込むと自動で加熱スタート
  • 加熱温度は平均で160℃らしい
  • ディスプレイで吸引回数やリキッド残量を確認できる
  • 1回の使用回数は14パフor4分20秒
  • 約100分の充電で20本使用可能
  • 連続使用は3本まで
  • 定期メンテナンスは不要
  • たばこスティックとリキッドを使用する

lil HYBRID(本体)

価格は6,980円(税込み)

  • コバルト・ブルー
  • マット・ブラック
  • メタリック・ブロンズ
  • プリズム・ホワイト

2021年2月時点では4色のカラバリが用意されています。

 

【lil HYBRID】専用たばこスティックとカートリッジ

lil HYBRID(リルハイブリット)専用フレーバーとカートリッジ

lil HYBRIDは「たばこスティック」と「リキッド」を組み合わせた新しいテクノロジーを搭載し、気化させたリキッドをたばこスティックに通すことでニコチンを発生させる構造になっています。

MIIXフレーバー

  • MIIX REGULAR(レギュラー)
  • MIIX MIX(フレーバー系メンソール)
  • MIIX ICE(メンソール)

専用フレーバーは3種類、専用カートリッジは1種類が用意されています。

価格 種類
MIIXフレーバー 1箱500円(税込み)※20本入り 3種類
カートリッジ 1箱60円(税込み) 1種類(共通)

専用カートリッジ(リキッド)は共通で使えます。

lil HYBRIDを使用するにはMIIXフレーバー(500円)と専用カートリッジ(60円)が必要となり、合計で560円かかるので少し割高だと思う。

それでは、見ていきましょう!

 

【煙のない社会を】lil HYBRID 2.0 レビュー|新しいテクノロジーを搭載した、ハイブリット加熱式タバコ

lil HYBRID(リルハイブリット)パッケージ

高級感あふれる美しいパッケージを開封してみると、本体や付属品がキレイに収納されていました。

ユーザーマニュアル等が入っている中にお知らせがあり「初回起動は、デバイスはスリープモードになっています。解除するには、充電ポートに充電ケーブルをつないでください」と記載されていたので、開封直後は通電する必要があります。

 

付属品

lil HYBRID(リルハイブリット)付属品

  • lil HYBRID 2.0 本体
  • USBタイプCケーブル
  • ACパワーアダプター
  • クリーニングスティック
  • クリーニングピン
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 22×33×112mm
重量 95g
バッテリー容量 2950mAh
加熱温度 約160℃
充電用ポート USB Type-C
充電時間 100分
使用回数 約20本(フル充電時)
喫煙時間 14パフ or 4分20秒
加熱時間 約25秒
連続使用回数 最大3本まで
定期メンテナンス 不要

 

リルハイブリットの外観

lil HYBRID(リルハイブリット)本体

iQOS 3 MULTIと同じ一体型となっており、見た目はまさに互換機そのもの。本体側面にディスプレイと操作ボタンを搭載しています。

lil HYBRIDは、たばこスティックが挿入されると、自動的に起動するのでボタンを使う必要はありません。

lil HYBRID(リルハイブリット)バッテリーとカートリッジ残量確認

操作ボタンは「バッテリー残量」や「カートリッジ残量」を確認するときに使用します。あと、加熱の強制終了とかかな。

残量確認:ボタン1回クリック

強制終了:加熱時にボタン長押し

ディスプレイは、文字ではなくイラストで表示されるのでわかりやすいと思う。

lil HYBRID(リルハイブリット)質感

本体はサラサラとした質感で指紋もつきにくい仕様になっていました。

lilのロゴがさりげなくデザインされているのもポイント。アルミを削り出したようなボディが高級感を醸し出しています。

lil HYBRID(リルハイブリット)スライドカバー

トップキャップの上部はスライド式のフタを採用しています。

lil HYBRID(リルハイブリット)カバーをスライド

スライド式のフタを開けるとたばこスティック差し込み口が確認できます。

使用時以外はフタを閉めておくとニオイ軽減に役立ちますね。

lil HYBRID(リルハイブリット)トップキャップ外した

トップキャップは上に引っ張ると外せます。

lil HYBRID(リルハイブリット)スティック挿入口

スティック差し込み口の周りに無数の穴が開いていました。

高温加熱型のアイコスとは違い、加熱ブレードやニードルピンなどはありません。

lil HYBRID(リルハイブリット)カートリッジを外すボタン

側面にリキッドカートリッジ取り外しボタンを搭載しています。

lil HYBRID(リルハイブリット)カートリッジ装着部分

このボタンを押すことで、カートリッジを固定しているツマミが動きます。

カートリッジを交換する場合は、このボタンを押してカートリッジを外してください。

lil HYBRID(リルハイブリット)充電用ポート

底部にはUSB Type-Cポートを搭載。急速充電に対応しており、約30分で50%まで充電可能。フル充電は約100分となっています。

2950mAhのバッテリーを内蔵していますが、喫煙本数はフル充電で約20本とのこと。

注意

充電ケーブルとACアダプタは「lil HYBRID 2.0専用(付属品)」のみをご使用ください。他のケーブルやACアダプタを使用すると、デバイスを損傷したり、急速充電ができなくなったりする可能性があります。

 

lil HYBRID(リルハイブリット)の使い方|※掃除をする必要はない

lil HYBRID(リルハイブリット)本体とカートリッジ

トップキャップを外してカートリッジをセットしていきます。

※専用カートリッジの上部および後部のシリコンプラグを外してください。

lil HYBRID(リルハイブリット)カートリッジ装着方法

形状に合わせてカートリッジを取り付けます。

カチっという音がすればセット完了。トップキャップを戻してください。

lil HYBRID(リルハイブリット)たばこスティック

たばこスティックの先端にY字型の穴が開いています。

この穴を下に向けて持ち、スティック挿入口に差し込みます。

たばこスティックは底に当たるまで押し込んでくださいね。

lil HYBRID(リルハイブリット)リキッド残量確認

正常に挿入されるとデバイスが振動し、加熱が開始されます。

※リキッド残量はディスプレイでも確認できますが、トップキャップの窓から確認することも可能です。

lil HYBRID(リルハイブリット)加熱中

加熱時間は約25秒となっており、残り10秒になるとディスプレイにカウントダウンが表示されます。

lil HYBRID(リルハイブリット)残り3パフ

ディスプレイに14と表示されたら喫煙開始。

喫煙時間は「14パフ」または「4分20秒」となっています。

1パフごとに数字が減っていき、残り3パフになるとデバイスが1回振動します。

※4分20秒の場合は、残り30秒前にデバイスが振動し、時計のアイコンが表示されます。

lil HYBRID(リルハイブリット)喫煙後のスティック

喫煙終了時にはデバイスが2回振動し、自動的に電源がオフになります。

たばこスティックを引き抜いてください。

以上です。

 

リルハイブリットを実際に使ってみた感想|評価は?

lil HYBRID MIIXフレーバー(MIX)を吸ってみた

lil HYBRIDは吸い始めから吸い終わりまで面倒な操作が一切ありません。

バッテリー残量・リキッド残量・残りの喫煙回数、それにエラー内容などがディスプレイに表示されるのでわかりやすし、とにかくラクです。

使勝手は抜群だと思う。

実際にMIIXフレーバーを吸ってみたけど、REGULAR(レギュラー)はクセがなくて吸いやすい。でもちょっと物足りない感じ。

MIX(フレーバー系メンソール)は、フルーティーな香りでトロピカルな味わいを楽しめました。

個人的にはICE(メンソール)がバランスのとれた味で良かったです。

想像以上に蒸気が出てちょっとビックリしたけど、嫌なニオイもしないし、ニコチンも感じられるので満足度は高いんじゃないかな。

加熱温度は平均160℃と言われており、プルームテックより上だけど、アイコスより下、ホント中間くらいの吸いごたえを味わえると思います。

便利だと思うのが、たばこスティックの上面と底面にフィルターを搭載しているので、デバイスが汚れにくいんですよ。確かにメンテナンスは必要なさそう。

アイコスより吸いごたえは劣りますが、たばこスティックとリキッドを組み合わせた新テクノロジーは「味わい」や「吸いごたえ」だけでなく「香り」まで楽しめる製品でした。

 

ミックスフレーバー全種類を吸ってみた感想

lil HYBRID MIIXフレーバーを吸ってみた(アイキャッチ画像)
リルハイブリットのMIIX(ミックス)フレーバー全4種類を吸ってみた感想|タバコ葉×リキッドの新味とは?

続きを見る

 

まとめ

lil HYBRIDは高温でも低温でもない新しい味わいを楽しめます。中温型の加熱式タバコという感じですかね?

最大の利点は、ほぼメンテナンスフリーであることです。

アイコスのようにメンテナンスを頻繁に行わなくてもいいので、非常に使いやすいと思いますよ。

あとは、MIIX(500円/税込)1箱につき、カートリッジ(60円/税込)が必要になるので、吸い方次第ではコストが割高になるかもしれませんね。

まぁでも、これまでに体験したことのない味わいを楽しめると思います。

新発売のリルハイブリットはコンビニでも購入可能なので、気になる方はチェックしてくださいね。

では、また。

 




×