Cthulhu RDA

【Cthulhu】MOD 1928 RDA をレビュー!流行りのMTLアトマイザー

投稿日:2018年12月11日 更新日:

Cthulhu 1928 MTL RDAアイキャッチ

 

こんには、スッキーです。

今回は「Cthulhu(クトゥルフ) MOD MTL 1928 RDA 」をレビューします。

最近流行りのMTLアトマイザーってやつ。個人的にはMTLタイプが好きですが。

流行りなのか、RDAやRTAなどMTLタイプでめっちゃ発売してくる!

ぼくには嬉しいけど目移りがハンパないです(汗)

しかもあれもこれも試したい!使ってみないとアトマイザーの良さわからないから・・・。

ドロ沼です。

では「Cthulhu MOD MTL 1928 RDA」を紹介していきます。

 

▼Cthulhuシリーズ・レビューはこちら

HASTUR MTL RTAアイキャッチ
【Cthulhu】MOD HASTUR MTL RTAをレビュー!やっぱりオシャレなアトマイザー

続きを見る

Cthulhu MOD Hastur MTL RTA miniアイキャッチ
【Cthulhu】HASTUR MTL RTA mini をレビュー!コンパクトでオシャれなやつ

続きを見る

クトゥルフ ミョルニル RDAアイキャッチ
【Cthulhu】Mod Mjölnir RDA をレビュー!ねぇ 教えて Googleさん(汗)

続きを見る

 

流行りのMTLタイプ!Cthulhu MTL 1928 RDA

Cthulhu 1928 MTL RDAパッケージ

こちらがパッケージです。

箱ではない、ちょっとオシャれな缶ケースになっています。

このタコのようなデザインがCthulhuという邪神のようですね。クトゥルー神話から来ているようです。宇宙的恐怖ってやつか!

ちなみに1928というのは、アメリカの小説家、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトによるホラー小説「クトゥルフの呼び声」が1928年に発表されました。

クトゥルフの呼び声がウィアード・テイルズ誌(ホラー小説専門)に載ったのが1928年とされ、今年で90周年を迎えるようです。それを記念したモデルみたいですよ。

では中身を見ていきましょう。

付属品

Cthulhu 1928 MTL RDA付属品

Cthulhu 1928 MTL RDA
デルリンドリップチップ(510)
ステンレスドリップチップ(510)
ビルドツール(プラスドライバー、六角レンチ)
BFピン
スペアパーツ(予備ネジ、Oリング)
マニュアル

巾着袋が付属しています。ただウィックにリキッドを注いだまま、袋に入れると染みそうな感じですね。

スペック

直径22mm
全長25.5mm(ドリチ含まず)
スレッドタイプ510
材質ステンレススチール
ドリップチップ510
デッキ(ビルドタイプ)シングル
BF対応
エアフローボトムエアフロー

 

Cthulhu MTL 1928 RDAの詳細

Cthulhu 1928 MTL RDA本体

こちらがCthulhu MTL 1928 RDA本体になります。

カラーは「シルバー・ブラック」の2種類!今回はシルバーを購入しました。

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップエアホール

見た目はめっちゃシンプルです。エアホールが4つ開いてるだけ、ロゴなどはありません。

分解

Cthulhu 1928 MTL RDAを分解

分解すると大きく分けてこんな感じです。パーツは「デッキ、トップキャップ、ドリップチップ」の3つにわかれます。

ドリップチップ

Cthulhu 1928 MTL RDAドリップチップ2種類

ドリップチップは、短いものがデルリン製、長いものがステンレス製になっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAステンレスドリップチップ

ステンレスドリップチップは内径が細いです。より濃厚な味を楽しめますよ!

Cthulhu 1928 MTL RDAドリップチップ

デルリンドリップチップは内径が大きいですね。大きいと言っても内径4mmほどですが。

Cthulhu 1928 MTL RDA2種類のドリップチップ比較

並べるとこんな感じです。テーパー処理などされていないストレートなやつです。

もうちょっと内径が細くてもよかったかな?

トップキャップ

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップ

いやぁ~シンプルですが見た目がキレイ!

エアホールは4つ開いています。

左から0.8mm/1.2mm/1.6mm/2.0mmになります。MTL特化タイプですね!

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップ内側

キャップ裏は二重構造のような造りになっています。内側はちょうどコイルを覆うような感じですね。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキとスリーブ嵌め合い

キャップとデッキの嵌め合いには凸凹ががあり、エアホールの調整範囲内でしか回りません。空回りしないので便利ですよ!

ただデッキにキャップを装着する際は、デッキホールとキャップホールの向きを合わせてくださいね!

 

デッキ

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキ上面

こちらが1928 RDAデッキになります。珍しいタイプのデッキですね。

デッキ内がタンクのように深いです。じゃっかんRDTAになりつつあるかも(笑)

リキッドを保持するスペースは十分ありますよ!

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキエアホール

エアホールは片側のみになっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキ側面

コイルを固定するにはプラスドライバーで操作します。

ワイヤー足が逃げないようにガイドが設けられていますが、トップキャップ裏が二重構造になっているので、内側にコイルが当たらないようビルドしたほうがいいかも。

コイル足はせめて半周させたほうが無難です。

 

Cthulhu MTL 1928 RDAビルド

Cthulhu 1928 MTL RDAビルド

カンタル1A 24G 2.5mmでビルドしてみました。

ここね、大事なところ!コイル足をこんな感じでコイル側に向けて固定してください。

キャップの内側がコイルを覆ってもコイル足が当たらなくなります。

Cthulhu 1928 MTL RDAコイルの高さ

コイル高さはこの位置にしました。デッキのエアホール真上に、近づけすぎないようにしてください!

Cthulhu 1928 MTL RDAコイルにウィックを通した

ウィックはデッキ幅より長めに切りました!デッキ内のタンク底に軽くあたるくらいかな。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキにウィックを収納

ウィックを窪みのところにしっかり収納します。キャップを装着する際にウィックを噛んでしまわないように注意しましょう!

 

Cthulhu MTL 1928 RDA吸った感想

スゥ~っと。

ふむふむ・・・?MTLの割にはちょっとスカスカ感があるな。

Galaxies MTL RDA」よりも味が出てます。ただキック感は劣っている。

それに付属のドリップチップだと、先がちょっと熱くなります。ドリップチップは交換した方がいいかも。

おいしく吸えるんですが、MTL特有の ぐはっ!!という感じではなく、マイルドな口当たりですね(笑)

見た目がシンプルでいいだけに、もうちょっとMTLの特徴をだしてほしかったかな。

 

まとめ

コンパクト(22mm)で見た目がシンプルだから、MODに合わせやすいです。

味もいい感じで出ますよ。ただMTLに期待して買わない方がいいかも。

ドリップチップをMTL使用にすれば、それなりになりますが。

いい所はRDAでありながら、タンク内は深いので使いやすいです!シングルコイルでビルドも簡単!

ちょっとスカスカでおいしく吸いたい人にはおすすめですよ。

気になる方は「Cthulhu MOD MTL 1928 RDA 」試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-Cthulhu, RDA
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.