Cthulhu 1928 RDA レビュー|直径22mmのMTL向けアトマイザー

Cthulhu 1928 MTL RDAアイキャッチ

こんには、スッキーです。

最近タバコみたいに吸えるMTL向けの製品が続々登場してきますね!

しかも、流行っているのか、結構皆さん使われている・・・。

個人的にも気になっていたので「Cthulhu 1928 RDA(クトゥルフ 1928)」を買ってみました!

さっそく、レビューします。

 

Cthulhu MTL 1928 RDA レビュー|MTLに特化した直径22mmのアトマイザー

Cthulhu 1928 MTL RDAパッケージ

こちらがパッケージです。

箱ではない、ちょっとオシャれな缶ケースになっています。

このタコのようなデザインがCthulhuという邪神のようですね。クトゥルー神話から来ているようです。宇宙的恐怖ってやつか!

ちなみに1928というのは、アメリカの小説家、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトによるホラー小説「クトゥルフの呼び声」が1928年に発表されました。

クトゥルフの呼び声がウィアード・テイルズ誌(ホラー小説専門)に載ったのが1928年とされ、今年で90周年を迎えるようです。それを記念したモデルみたいですよ。

では中身を見ていきましょう。

 

付属品

Cthulhu 1928 MTL RDA付属品

Cthulhu 1928 MTL RDA
デルリンドリップチップ(510)
ステンレスドリップチップ(510)
ビルドツール(プラスドライバー、六角レンチ)
BFピン
スペアパーツ(予備ネジ、Oリング)
マニュアル

巾着袋が付属しています。ただウィックにリキッドを注いだまま、袋に入れると染みそうな感じですね。

 

スペック

直径 22mm
全長 25.5mm(ドリチ含まず)
スレッドタイプ 510
材質 ステンレススチール
ドリップチップ 510
デッキ(ビルドタイプ) シングル
BF対応
エアフロー ボトムエアフロー

 

Cthulhu 1928 RDAはシンプルながらも存在感を放つデザイン

Cthulhu 1928 MTL RDA本体

Cthulhu 1928 RDAには、シルバーとブラックの2色が用意されているけど、どちらもシンプルな見た目です。

材質はステンレススチールでロゴはありませんね。

かなりシンプルなデザインなので、どんなMODにも合わせやすいかと。直径は22mmとなっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップエアホール

エアホールが4つ開いているだけのトップキャップが何とも言えないw

上部が絞られていますが、その辺りがMTL向けなんでしょうね。

凝縮されたミストを楽しめそうです。

 

分解

Cthulhu 1928 MTL RDAを分解

分解すると「デッキ、トップキャップ、ドリップチップ」と3つに分かれました。

 

ドリップチップ

Cthulhu 1928 MTL RDAドリップチップ2種類

ドリップチップは、短いものがデルリン製、長いものがステンレス製になっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAステンレスドリップチップ

ステンレスドリップチップは内径が細いので、さらに凝縮されたミスト楽しめそう。

Cthulhu 1928 MTL RDAドリップチップ

デルリン製のドリップチップは内径が4mmほどです。

 

トップキャップ

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップ

トップキャップに開いているエアホールは「0.8mm/1.2mm/1.6mm/2.0mm」になります。

小さなエアホールを採用しているので重いドローを楽しめる設計。

Cthulhu 1928 MTL RDAトップキャップ内側

キャップ裏は二重構造のような造りになっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキとスリーブ嵌め合い

キャップとデッキの嵌め合いには凸凹ががあり、エアホールの調整範囲内でしか回りません。空回りしないので便利ですよ!

ただデッキにキャップを装着する際は、デッキホールとキャップホールの向きを合わせてくださいね!

 

デッキ

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキ上面

1928 RDAのデッキはかなり狭いので珍しいタイプですね。

デッキ内がタンクのように深くリキッドを保持するスペースは十分あります。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキエアホール

エアホールは片側のみになっています。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキ側面

コイルを固定するにはプラスドライバーで操作します。

ワイヤー足が逃げないようにガイドが設けられていますが、トップキャップ裏が二重構造になっているので、内側にコイルが当たらないようビルドしたほうがいいかも。

コイル足はせめて半周させたほうが無難かな。

 

Cthulhu MTL 1928 RDAビルド

Cthulhu 1928 MTL RDAビルド

カンタル1A 24G 2.5mmでビルドしてみました。

コイル足をこんな感じでコイル側に向けて固定してください。

そのほうが、キャップの内側がコイルを覆ってもコイル足が当たらなくなります。

Cthulhu 1928 MTL RDAコイルの高さ

コイル高さはこんな感じ。

デッキのエアホール真上に、近づけすぎないようにしてくださいね。

Cthulhu 1928 MTL RDAコイルにウィックを通した

コットンはデッキ幅より長めに切断。デッキ内のタンク底に軽くあたるくらいです。

Cthulhu 1928 MTL RDAデッキにウィックを収納

コットンを窪みのところにしっかり収納します。

キャップを装着する際にコットンを噛まないように注意しましょう。

 

Cthulhu MTL 1928 RDAを実際に使ってみて思ったこと

Cthulhu 1928 MTL RDAをVAPEに乗せた

期待値MAXで使ってみましたが、MTL向けの割にちょっとスカスカかもしれません。

味が出るから申し分ないけど、喉にグッとくる感覚は弱いと思う。

最小径まで絞るとそれなりですが、ガッツリ重いドローが好みって方には物足りないかもしれませんね。

あと、付属のドリップチップだと先端が熱くなりました。

個人的には、ドローの重さはイマイチだったけど、直径22mmなので扱いやすくシンプルな見た目には高評価です。

 

まとめ

直径22mmのコンパクトタイプ!シンプルな見た目でMODに合わせやすい!

味も良い感じでした。

激重ドローが好みの人には物足りないかもしれませんが、美味しく吸えるアトマイザーだと思います。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 




×