RTA

Kaees Solomon V3 RTAをレビュー!第3弾はエアフローキャップ搭載

カエス ソロモン3 RTA アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「Kaees Solomon 3(ソロモン3)RTA」レビューです。

ソロモンシリーズ第3弾は、独特なエアフローキャップを搭載したRTA。

シングル/デゥアルコイルビルドに対応した爆煙アトマイザーです。

さっそくレビューします。

 

Kaees Solomon 3(ソロモン3)RTA

カエス ソロモン3 RTA パッケージ

パッケージデザインは、ホワイト&オレンジのツートンカラー。

デザインこそ違いますが、ソロモンシリーズお馴染みのオレンジは健在です。

カエス ソロモン3 RTA 開封

開封するとこんな感じ。

Solomon 3 RTA本体、交換用ガラスチューブ、エアフロー調整パーツが登場します。

付属品がこちら。

付属品

カエス ソロモン3 RTA 付属品

Solomon3 RTA 本体
ガラスチューブ(ストレート3.5ml)
シングル・デゥアル用エアフローキャップ
スペアパーツ一式(Oリング、イモネジ)
プレビルドコイル
510変換アダプタ
六角レンチ
ユーザーマニュアル

スペック

直径25mm(バブルチューブ28mm)
高さ49.8mm(ドリチ含む)
リキッド容量3.5ml / 5.5ml(バブルチューブ)
ドリップチップ810
スレッド510
リキッドチャージトップフィル式
エアフロートップエアフロー
コイルデゥアル/シングル
材質SS304(ステンレス)

 

Solomon 3 RTAの詳細

カエス ソロモン3 RTA 本体

こちらが、Solomon 3 RTA 本体です。直径25mm。

カラーは「ブラック/ステンレス」の2色。

今回はステンレスを購入しました。ローレット加工がいい感じ。

購入時は、バブルチューブ(5.5ml)が装着されています。

ちなみにバブルガラスチューブの直径は28mmとなります。

カエス ソロモン3 RTA ガラスチューブ交換

ガラスチューブ(3.5ml)ストレートタイプに交換するとスッキリ。

Solomon 3 RTAは、バブルガラスチューブでも見た目がスッキリしているので、僕はバブルで使用します。

カエス ソロモン3 RTA トップフィル式

リキッドチャージは、トップフィル式。

大きなチャージホールが2箇所 開いています。

ユニコーンボトルの先端がスッポリ入るので問題なくリキッドチャージできます。

エアフロー

カエス ソロモン3 RTA エアフロー調整

本体上部にエアホールが設けられている、トップエアフロー方式で漏れにくい構造になっています。エアホールは長穴タイプ。

エアフローリングを回して全開~全閉まで調整可能。リングはスムーズに回ります。

カエス ソロモン3 RTA エアフローリング

もちろんエアフローリングは取り外し可能。

リングを外して洗浄することもできます。

分解

カエス ソロモン3 RTA 分解

大まかに分解すると「デッキ、エアフローキャップ、チャンバー、ガラスチューブ、トップキャップ、ドリップチップ」に分かれます。

ドリップチップ

カエス ソロモン3 RTA ドリップチップ

ドリップチップは810ハーフインチサイズ。樹脂製です。

カエス ソロモン3 RTA ドリップチップ810

ドリップチップは内径が太く、ガッツリ テーパー処理されています。

カエス ソロモン3 RTA 510変換アダプタ

付属の510変換アダプタを装着すれば、510規格ドリップチップも交換可能です。

チャンバー

カエス ソロモン3 RTA チャンバー

チャンバーには、ワンポイントアクセントでライオンのロゴがプリントされています。

カエス ソロモン3 RTA チムニー

チャンバー内は、ドーム型で伸びたチムニーが印象的。独特な構造です。

なぜチムニーが伸びているのか?

その理由は、チムニーにエアフローキャップが接続するからです。

その為、チャンバー内の形状は、エアフローキャップにあわせた構造になっています。

エアフローキャップ

カエス ソロモン3 RTA エアフロー調整パーツ▲左:デゥアルコイル用 右:シングルコイル用

エアフローキャップは、デゥアルコイル用とシングルコイル用の2種類。

コイルビルドによって使い分けるようになっています。

カエス ソロモン3 RTA エアフローキャップ固定

デッキには、エアフローキャップを固定するように、溝が彫られています。

このようにセットしてから回して溝の中にエアフローキャップ(出っ張り部分)をしっかり固定しましょう。

デッキ

カエス ソロモン3 RTA デッキ

シングルコイル、デゥアルコイルに対応したポストレスデッキ。

ビルドスペースはコンパクトな印象。

カエス ソロモン3 RTA デッキ側面

 コイルを固定するには、六角レンチでイモネジを回して緩めてから固定。

カエス ソロモン3 RTA デッキ(イモネジ)

イモネジは取り外さなくてもコイル足を固定できます。

ポストレスデッキは、コイル足の長さが決まれば簡単に設置することが可能です。

コイルリードガイドで切ってみた

コイル足をあわせながら何度もカットしていくのは大変なので、コイル足をカットするジグがあれば便利かな。

 

Solomon 3 RTA ビルド

カエス ソロモン3 RTA ビルド

カンタル1A 26g 3.0mm デゥアルコイルビルド。

コイル足は、コイルレッグジグ「5」の位置でカット。

カエス ソロモン3 RTA コイルビルド高さ

コイルの高さはこんな感じです。

シングルコイルビルドの場合、エアフローキャップのエアホール位置が高めなので、もう1段階(6)でカットするほうがいいかも。

カエス ソロモン3 RTA ウィッキング

コットンは、タンク底に落とす感じ。

エアフローキャップ側面の溝が埋まるようにウィッキングしました。

 

使ってみた感想

カエス ソロモン3 RTA 吸ってみた

味については普通に美味しい。キメ細かなミストが口の中に広がります。

エアホール全開は、まさにスカスカのDLタイプ。

エアホールを絞るとちょっと音が気になりますが、味が濃くなります。

ミストも熱くなく吸いやすい。

トップエアフローだからリキッド漏れの心配はないかな。

リキッド容量も3.5mlと5.5mlなので使い勝手はいいですね。

ただポストレスデッキは、コイル足の長さが決まれば簡単ですが、ビルドがちょっと面倒です。僕だけかも(汗)

コイルレッグジグが付属していれば、うれしかった。

では、また。

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.