ターレスプラスにBOOSTカートリッジが新登場|メッシュコイル&耐久性が2倍になった

ターレスプラス ブーストカートリッジ アイキャッチ画像

こんにちは、スッキーです。

たばこカプセルに対応したPOD型デバイス”ターレスプラス”に新カートリッジが追加されました!

TARLESS PLUS BOOST(ブースト)のレビューです。

メッシュコイルを採用したことで、旧カートリッジに比べて「ミスト量」と「味」がパワーアップ!

価格が少し高くなりましたが、その分耐久性が2倍となり、コスパに優れたカートリッジへと生まれ変わったようです。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

TARLESS PLUS 2種類のBOOSTカートリッジ レビュー

ターレスプラス(ホリックモデル)でたばこカプセルを吸ってみた

2019年10月に発売した「TARLESS PLUS」は、TARLESS(旧モデル)の後継機です。

面倒な操作を必要とせず、簡単に使えることから、たばこカプセルに対応したPOD型デバイスの中では人気ですよね。

そんなターレスプラスには、2種類の専用カートリッジが存在します。

  • 1.6Ωロングカートリッジ(たばこカプセル対応
  • 1.0Ωショートカートリッジ(たばこカプセル非対応

たばこカプセルに対応したロングカートリッジは、低温加熱型の加熱式タバコとしてニコチンを摂取することが可能です。

また、たばこカプセル非対応のショートカートリッジを使用することで、リキッド本来の味わいを体験できるという、1台2役をこなす利便性が最大の特徴。

好みに応じて使い分けれるところが便利ですよね。

それでは、2種類の新カートリッジを見ていきましょう。

 

パッケージ

ターレスプラス ブーストカートリッジ パッケージ

白を基調としたパッケージには”BOOST”デザインが追加されました。

1箱3個セット「1,880円(税込)」で販売されています。

従来品(1,580円)に比べて値段が上がっていますが、その分耐久性が2倍になったことで、頻繁に交換しなくて済むからコスパは優れたと思う。

ターレスプラス ブーストカートリッジ パッケージ裏

裏側には商品内容などが記載されています。

発売する新カートリッジはロングとショートの2種類。

  • Boost Long 1.1Ω
  • Boost short 0.6Ω

どちらか購入されたほうにチェックが入る感じですね。

ターレスプラス ブーストカートリッジ 開封

開封すると、個包装されたカートリッジが登場します。

1個ずつ個包装されているので、衛生的で保管にも便利になりました。

 

付属品

  • TARLESS+専用ブーストカートリッジ(3個入り)

 

BOOSTカートリッジの特徴

ターレスプラス ブーストカートリッジと従来品カートリッジ

パッと見では、ロゴが薄くなり、容器がクリアタイプに変更された感じですね。

クリアになったことで、従来品よりもリキッド残量を確認しやすくなっています。

サイズや形状は従来品と同じかな。

ターレスプラス ブーストカートリッジ 従来品と比較

BOOSTカートリッジには、メッシュコイルが採用されています。

抵抗値

  • TARLESS PLUS カートリッジ(従来品)

┗ロング:1.6Ω
┗ショート:1.0Ω

  • TARLESS PLUS BOOSTカートリッジ(NEW

┗ロング:1.1Ω
┗ショート:0.6Ω

相乗効果で「煙・味」共にパワーアップ。耐久性も2倍になったんだとか。

価格が上がっても長持ちするなら問題ありませんね。

ターレスプラス ブーストカートリッジ底部

カートリッジ底部は、従来品と変わらずマグネットを採用しています。

ターレスプラス ブーストカートリッジ 挿入方法

マグネット式の場合、簡単に脱着できるところが魅力的ですね。

あと、従来品と同様でカートリッジは使い捨てタイプとなります。

マウスピースも一体型のため、ドリップチップは交換できません。

510規格と交換できればうれしいけど。その場合わざわざ2種類のタイプ(ロング・ショート)を作る必要もないですよね。

使い捨てカートリッジだからこそ、メンテナンス不要だし、誰でも簡単に使えるデバイスじゃないかな。

 

実際に使ってみた感想

ターレスプラス ブーストカートリッジ 切り替え

ターレスプラスから、使用するカートリッジによってモードを切り替える機能が搭載されました。

  • ロングカートリッジを使用する場合「L」モード
  • ショートカートリッジを使用する場合「S」モード

カートリッジの種類を確認し、モードを切り替えて使用してください。

 

実機レビューはコチラ

ターレスプラス アイキャッチ画像
【大人気】TARLESS PLUS(ターレスプラス)レビュー|たばこカプセル対応ベイプ【進化版】

続きを見る

 

BOOSTカートリッジ1.1Ω(ロング)

ターレスプラス ブーストカートリッジ 1.1Ωにリキッドを補充

ロングカートリッジには、リゾートシェイクピーチを補充してみました。

たばこカプセルはレッドクーラーを使用します。甘いピーチとリンゴの組み合わせはどうでしょうかね?

新品のカートリッジを使用される場合は、コットンにリキッドを浸透させるため、リキッドを補充してからしばらく放置しましょう。僕は10分ほど放置させてから吸引しました。

それでは、吸っていきたいと思います。

ターレスプラス ブーストカートリッジ ロングで吸ってみた

メッシュコイルを採用し、抵抗値を1.1Ωに変更したことで、味が出るようになりましたね。想像以上に濃くなっていました。

従来品(1.6Ω)だとあまり感じられなかったピリピリ感(ニコチン)も喉奥で感じられるようになっています。

試しにカプセルを外して吸ってみたけど、普通に味が出ますね。

これならミストが薄くて吸っている感覚がない!なんてことはないです。

個人的には、ロングカートリッジでも吸いごたえを体験できるようになったと思う。

あと、重いドローが好みの方は、AFCリングを絞って全閉にしてから吸引してくださいね。

めちゃくちゃきつくてまともに吸えませんが、MTLガチ勢なら好みかもしれません。

 

BOOSTカートリッジ0.6Ω(ショート)

ターレスプラス ブーストカートリッジ 0.6Ωにリキッドを補充

ショートカートリッジには、TNT(ザ・ネクスト・タバコ)を補充してみました。

従来品だと味が薄かったけど、メッシュコイルに変更されたので濃厚な味わいを体験できそうですね。

それでは、吸っていきたいと思います。

ターレスプラス ブーストカートリッジ ショートで吸ってみた

爆煙とまではいきませんが、かなりミスト量が増えましたね。

味が濃くなり、普通に美味しく吸える。

従来品(1.0Ω)だと薄く感じたリキッドが、濃く感じられるようになったので、リキッド本来の味わいを体験できるようになったと思います。

ターレスプラスってこんなに味が出たっけ?

さすがにカリバーンシリーズとか、爆煙系のPOD型デバイスとまではいきませんが、美味しく吸えるようになったのは間違いありませんね。

個人的には、メッシュコイルを採用した一般的なPOD型デバイスに近づいたと思う。

今までは、たばこカプセルに特化したデバイスだなと思ったけど、これならリキッドの味わいを楽しむこともできますね。

ターレスプラスの印象がだいぶ変わりました。

あと、リキッドの消費スピードは従来品よりハヤくなっています。

 

メッシュコイルになって

吸いごたえが、かなり変わったという印象を受けましたね。

ミスト量も増え、味が濃くなったと思います。

ショートカートリッジは、格段に良くなったと思うし、ロングカートリッジも味が出るようになりました。

ただ、ロングカートリッジは味が出すぎかもしれません。

たばこカプセルよりも補充したリキッドの味のほうが強い感じ。この辺りは好みですかね。

あと、吸いごたえに特化した為、カプセルの寿命が短くなったようです。

  • 従来品50パフ程度
  • BOOST30パフ程度

まぁ、30パフ以上吸ってみたけど、体感的にはカプセル底がドロドロして詰まる感じはなかったかな。

そう考えると、eGo AIOにカプセル対応のドリップチップを付けて吸っていた時とは比べ物にならないくらい進化していると思います。

ショートカートリッジは、値段が上がっても耐久性が2倍なので、コスパは優れていますね。

だけど、ロングカートリッジは耐久性が2倍になっても、たばこカプセルの寿命が短くなったことで、カプセル代が高くなるかもしれません。

味を取るかコスパを取るか?難しいところかな。

 

まとめ

メッシュコイルを採用したことで、ターレスプラスのイメージがガラっと変わりました。

一般的なPOD型デバイスに生まれ変わったと思います。

従来品より価格が上がりましたが、耐久性が2倍となり、味も良く出るカートリッジになりましたので、ターレスプラスをお持ちの方は、ぜひ一度使ってみてください。

ターレスプラスってこんなに美味しく吸えたっけ?って思いますよ。

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

 

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)