【VANDY VAPE】PULSE BF 80W MODをレビュー!軽くて使いやすいスコンカーMOD

PULSE BF 80Wアイキャッチ

こんにちは、スッキーです。

VANDY VAPEの「PULSE BF 80W」をレビューします。

PULSE BF(メカニカル)は日本でも大人気のスコンカーMODですよね!ただメカニカルなので初心者には扱いにくい。

メカニカルがネックなんだよなぁ~。テクニカルがあればよかったのに。と思われていた方、ついに発売されましたよ!

あの大人気のPULSE(スコンカー)が、テクニカルになり登場しました。

この「PULSE BF 80W」はテクニカルMODになります。

待っていましたよ!この瞬間を(笑)数少ないテクスコですからぁ~!!

では紹介していきますね。

 

VANDY VAPE PULSE BF 80W|スコンカーMODレビュー

PULSE BF 80W パッケージ

こちらがパッケージになります。

心臓の鼓動が聞こえるようなデザインですね。

PULSE BF 80Wを開封

箱を開けると本体とUSBケーブルがドーンとあらわれます。

付属品

PULSE BF 80W 付属品

Pulse BF 80w Box Mod 本体
8ml スコンカーボトル
USBケーブル
ユーザーマニュアル
18650バッテリーアダプター

説明書は英語のみ。18650(バッテリーアダプター)はパネル内にありました。

スペック

サイズH82×W56×D27mm
重さ285g?
ボトル容量8ml
ワット数範囲5 - 80W
電圧範囲0.5 - 8.5V
温度制御範囲100 - 315℃/200 - 600℉
抵抗値0.05〜1.5Ω(TC)0.05~1.5Ω(VW)
モードVW/Bypass/温度管理(Ni/Ti/SS/TCR設定あり)/VV/カーブモード
バッテリー20700・18650(アダプター付属)※バッテリーは別売り
スレッド510スプリング式

※公式で重さが285gというのは不明です。

 

PULSE BF 80Wの詳細

PULSE BF 80W本体

こちらが本体になります。

バッテリーを挿入していないですが、驚くほど軽いです。公式の285gとはなんだったのか・・・。

同じテクスコのRSQよりも軽いです。

PULSE BF 80W側面ボタン各種

本体側面には「パフボタン・ディスプレイ・+ -ボタン・充電ポート」があります。

PULSE BF 80Wプラスマイナスボタン

こちらが「+(プラス)-(マイナス)ボタン」になります。

PULSE BF 80Wメーカーロゴ

反対側は「VANDY VAPE」メーカーのロゴが刻印されています。

PULSE BF 80W510スレッド

510スレッドはスプリング式になっています。同じ規格のアトマイザーならほぼすべて載せることが可能です。アトマイザーは24mmがいいかもしれませんね。

PULSE BF 80W片側のパネルを取り外し

パネルはマグネットで脱着するようになっています。

パネルを外すとリキッドボトルとバッテリーアダプターがあります。

バッテリーを挿入する際は、ボトム側が+(プラス)になります。

PULSE BF 80Wバッテリーアダプターを装着

こちらがバッテリー(18650)用アダプターです。+(プラス)-(マイナス)どちらでも装着して使用できます。

シリコンのような素材で、しっかりとハマるのでバッテリーから外す時に中々外れないんですよ(汗)

PULSE BF 80Wリキッドタンク

リキッドボトルはシリコン素材のような感じです。

シリコンボトルは、少し抵抗がかかるとリキッドが漏れたりするんですよね。

そこを対策しているのか、黒い部分を摘まむことでシリコン部分を触らなくても脱着できるようになっています。

PULSE BF 80W両側のパネルを取り外し

両側のパネルを外せます。バッテリーを取り外す際はこの状態がベストです。

PULSE BF 80Wディスプレイ

こちらがディスプレイになります。

基本操作

電源ON・OFF → パフボタン5回クリック

設定変更 → + -ボタン同時押し(※1)

サブボタンロック → パフボタンと+ボタンを同時長押し(起動時)

画面反転 → パフボタンと-ボタンを同時長押し(起動時)

モード選択 → パフボタン3回クリック(起動時)(※2)

(※1)設定画面

・戻る
・DIY1-5 → カーブモード(VVモード時選択不可)
・PV → パワー/VV切り替え
・ID → 製品ID表示
・VER → ファームウェアバージョン表示

※温度管理モード時にパフボタン4回クリックでワッテージの変更ができます。

DIY1-5を選択してからパフボタン4回クリックでカーブモードの設定画面になります。カーブモードは1秒単位で10秒までワッテージを設定することができます。

(※2)モード選択

3回クリックごとに「Power→Bypass→SS→Ni→Ti」とループします。

 

PULSE BF 80Wで吸ってみます

PULSE BF 80WにRDAを乗っけた

PULSE BF 80Wに「Wasp Nano RDA」を載せて吸ってみますね!

スゥ~っと!!

うん、おいしい(笑)アトマイザーが安い割にいい味出してくれるんですよ!

バッテリー挿入しても軽くて使いやすいですね!PULSE BF 80Wは。

リキッドボトルをプニュっプニュっと。いい感じ、柔らかすぎないこの感覚。

驚くほど早いわけではないですが、立ち上がりも良好!

本当に使いやすいなぁ~!!

 

まとめ

PULSE BF 80Wは、本当に軽くて使いやすいテクスコだと思います!

しかも「RSQ NS キット 」に比べ、軽さはもちろんのこと、パネルも着せ替えれる魅力があります!

外観に飽きたらパネルを着せ替えるだけで、新しいテクスコを購入した感じになりますよ!

テクスコ初心者にはPULSE BF 80Wがいいかも。

気になる方は「PULSE BF 80W」試してみてくださいね!

では、また。

 

 




×