RDA Vapefly

【Vapefly】Wormhole RDAをレビュー!ベイプフライのアトマイザーには期待しちゃう

Wormhole RDAスコンカーに装着

こんにちは、スッキーです。

Vapefly(ベイプフライ)のアトマイザーにはちょっと期待しちゃう自分がいます。

先日紹介した「Galaxies MTL RDA」が非常に使いやすく濃厚な味も楽しめる。今ではお気に入りになっていますが、他の製品はどうなんだろ?

そこでVapeflyから発売している「Wormhole RDA 」を購入してみました。

なにやら特殊な構造でエアフロー調整が「ボトム・サイド」両方で調整できるようです。

ではさっそく紹介していきますね。

 

エアフローの調整が自由自在!Vapefly Wormhole RDA

Wormhole RDA パッケージ

パッケージは黒い化粧箱、デザインはシンプルですね。一目でVapeflyってわかる感じ。

透明フィルムを剥がそうとしたら、思いのほか粘着力がありキレイに剥がれなかったです。

Wormhole RDAを開封

フタを開けるとWormhole RDAが登場しますが、やはりシンプルです。

本体カラーはゴールドを購入しましたが、思いのほかマットな仕上がりでいい感じです。

本体下には付属品が入っています。

付属品

Wormhole RDA 付属品

Wormhole RDA 本体
510ドリップチップアダプター
ビルドツール
エアコントロールクランプ(シングル用)
Ni80 Fused Claptonプリコイル
スペアパーツ一式(イモネジ、Oリング一式)
コットン
クリーニングクロス
ユーザーマニュアル

取扱説明書には日本語での記載がありません。

スペック

直径24mm
全長35.4mm(ドリチ・スレッド含む)
接続510
材質ステンレススチール、PMMA
ドリップチップ810(510変換アダプタ付き)
デッキ(ビルドタイプ)シングル/デュアル
BF対応
エアフローボトムエアフロー、サイドエアフロー

BFピンや510変換アダプタは付属品に付いています。

エアフローは「ボトム、サイド」両方で調整が可能。

ビルドはシングル、デュアルどちらでも可能です。

※シングルにする場合は付属品のエアコントロールクランプ(シングル用)に交換してください。

 

Vapefly Wormhole RDAの詳細

Wormhole RDA本体

こちらが本体になります。ワンポイントで惑星のようなデザインになっています。

Wormhole RDAを分解

本体を分解しました。

左からデッキ・スリーブ・キャップ(DT含む)になります。

ドリップチップ

Wormhole RDAキャップに付いているドリップチップを外した

トップキャップと810ドリップチップはPMMA(樹脂)製です。

すりガラスのようなデザインで、810ドリップチップは逆テーパーになっています。

510ドリップチップを取り付けれるように、510ドリップチップアダプターが付属しています。

Wormhole RDAトップキャップと510変換アダプタ

右が510ドリップチップアダプターになります。

このスペーサーをトップキャップに取り付ければ510規格ドリップチップも装着可能になります。

Wormhole RDAトップキャップに変換アダプタ装着

510ドリップチップアダプターは簡単に装着することが可能ですよ!

スリーブ

Wormhole RDAスリーブ本体

こちらがスリーブです。

穴がたくさん空いていますね。

穴の下に2つ点→デゥアル用

穴の下に1つ点→シングル用

このエアホールは、シングルビルドとデゥアルビルドで使用が分かれています。

Wormhole RDAスリーブをしたから見た

とにかく穴がたくさん空いています。こちらでエアフロー調整が可能。

Wormhole RDAはボトム・サイド両方で調整できる優れものです。

デッキ

Wormhole RDAデッキ

こちらがクランプ式のデッキになります。

デゥアルビルドに対応したデッキになっていますが、シングルビルドにも対応することが可能です。

Wormhole RDAエアホール

ボトムエアフローの穴は1か所のみ。じゃっかん中途半端な位置ですが(笑)

Wormhole RDAデッキ 空気の流れ

ボトムから空気を取り込み、デッキ中央の穴からコイルに供給する構造になっています。

Wormhole RDAデッキのクランプ交換

デッキ中央に付いているエアコントロールクランプをシングル用に交換することで、片側の空気の流れを塞ぐことができます。

左がデゥアルビルドに対応しているエアコントロールクランプです。

両側に穴が空いています。

右がシングルビルドに対応しているエアコントロールクランプです。

片側だけに穴が空いています。

Wormhole RDAクランプ(シングル用)

シングルビルド用にエアコントロールクランプを交換してみました!
ビルドツールでネジを回して外せば簡単に交換できますよ!

 

Vapefly Wormhole RDAビルド(シングル)

Wormhole RDAビルドして上面から確認

とりあえずシングルビルドしてみました!付属のコイルは低抵抗なので使用せず(笑)

カンタル1A・24Gでビルドしています。0.8Ωくらいかな。

Wormhole RDAビルドしてデッキを横から確認

コイル位置はデッキ中央の穴の前に。

Wormhole RDAにコットンを装着

毎回思いますが、コットン量が・・・わからないです。

コットンが太すぎたのか、力任せに引っこ抜いたのが原因かわからないですが、コイル位置がズレました(笑)

 

Wormhole RDAで吸ってみます

Wormhole RDAをスコンカーで吸ってみた

DLなので直接肺に・・・スゥ~っと!

やっぱりスカスカだなぁ~。ただシングルビルドでも爆煙タイプだけあって蒸気はいい感じです。

全閉でもちょっとスカスカ感はあります。510ドリップチップに交換したほうがいいな、これっ!スカスカ感が多少うすれますよ。

味はそこそこですね。うぅ~ん、どうなんだろ。

味がいいって言っている人もいるけど、ビルドが下手なのか?そこまで味が乗らないです(汗)

うぉ~!!誰かおいしく吸えるコツ教えてください!!

 

Wormhole RDA/まとめ

Vapeflyアトマイザーには思いのほか、期待していた自分がいましたがなんとも言えないですね。

DL好きの人にはいいアトマイザーかもしれませんが、好みに分かれると思います。

Wormhole RDAはタンスの中に・・・。

Galaxies MTL RDA」がすごくよかっただけに、ちょっと残念です。

というかやっぱり私はMTLのほうがいいな。

Wormhole RDA」気になる方は試して見てくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.