スターターキット

WISMEC R80|18650交換式、510アダプタまで付属した!PODという名のMOD【レビュー】

wismec(ウィズメック) R80 アイキャッチ

商品提供:ベプログショップ

こんにちは、スッキーです。

WISMEC(ウィズメック)から新ジャンルのPOD型VAPEが登場しました!

R80(アール80)のレビューです。

POD型VAPEの人気は止まるところを知らない勢いですが、ついにここまで来たかと。

18650バッテリーとワッテージ調整は当たり前。そしてアトマイザーまで接続可能に。

PODとしても使えるし、MODとしても使える。

もう、なにがなんだかわからない状態になってきました(汗

ここまで来ると、PODという名のMOD。いやっ、普通にテクニカルMODですね。

さっそく、レビューします。

 

WISMEC R80(ウィズメック アール80)とは?

wismec(ウィズメック) R80 パッケージと本体

WISMECから登場したPODという名のMOD「R80」は、18650バッテリーに対応しています。

内蔵型ではないので、バッテリー寿命に悩まされる心配はありません。

それともう一つ、VWモードを搭載し、最大80Wまで出力することが可能です。

この辺りはRatelと似ていますが、R80の最大の特徴は「510アダプタ」が付属していること。

なんとアトマイザーまでもが接続できるようになりました。

こうなると、ほぼテクニカルMODです。POD型VAPEも日々進化していますね。

まさかPOD型にアトマイザーを接続できる日が来るとは・・・。RPM40以来?

そんな感じでテクニカルMODとしても使えるPOD型が「WISMEC R80」となっています。

 

パッケージ

wismec(ウィズメック) R80 パッケージ

白を基調としたパッケージには、R80がデザインされています。

wismec(ウィズメック) R80 パッケージ開封

内箱をスライドさせて取り出すタイプ。

パカっと開くと本体とアクセサリーボックスが登場します。

付属品はアクセサリーボックスの中に入っています。

 

付属品

wismec(ウィズメック) R80 付属品

  • WISMEC R80 本体
  • WISMEC R80 Podカートリッジ
  • プリメイドコイル(0.3Ω)
  • プリメイドコイル(0.8Ω)
  • 510アダプター
  • USB-C 充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル

※ベプログさんでは「専用ポーチ」と「18650バッテリー」が付属しています。

 

スペック

サイズ116.2×32×31.5mm
重量111g
リキッド容量・通常:4ml
・TPD:2ml
コイル・WV-M:0.3Ω(25-40W)
・WV01:0.8Ω(12-20W)
コイル抵抗値0.1-3.0Ω
ワット数1-80W(VWモードのみ)
バッテリー18650(シングル)
充電用ポートUSBタイプC(5V/2A急速充電対応)
保護機能・過充電保護
・過放電保護
・自動カットオフ(10秒)
・短絡保護
・過電流保護
・温度保護

 

WISMEC R80 レビュー

外観

wismec(ウィズメック) R80 本体

本体は三角柱のような形状で、握りやすさを追求されたフォルム。

液晶ディスプレイには、パフボタン、コントロールボタンを搭載。このパフボタンで「電源オン・オフ」などの基本操作を行います。

見た目や使用感はほぼテクニカルMOD。

wismec(ウィズメック) R80 ボディデザイン

側面にはWISMECロゴ。

キラキラ輝くメッキ加工と色鮮やかなマーブル模様が印象的なデザインです。

wismec(ウィズメック) R80 エアホール

マウスピースをほこりなどから守り、衛生的に持ち運べるようにキャップが付いています。

ストラップホールも付いており、本体にストラップを取り付けることが可能。

ただし、本体が少し大きいので、首から下げる場合は違和感を感じるかもしれません。

それとエアホールも開いています。

wismec(ウィズメック) R80 キャップ取り外し

このキャップはハメ込み式で、しっかり固定されていました。キャップが付いているのはありがたい。

マウスピースは、PODカートリッジと一体型になっています。

510ドリップチップとの互換性ナシ。でもアトマイザーを乗せれるので問題ないかと。

wismec(ウィズメック) R80 充電用ポート

底部には、充電用ポート(USB type-C)とバッテリーカバーを搭載。

充電は、2A急速充電に対応しています。

wismec(ウィズメック) R80 バッテリーカバーの外し方

バッテリーカバーには、ベントホールが開いており、ハンドルを回して開閉する感じです。

wismec(ウィズメック) R80 バッテリー挿入

バッテリーは「18650(25A以上)」1本使用。バッテリー収納方向がカバーの内側に記載されているので安心です。

 

PODカートリッジとコイル

wismec(ウィズメック) R80 PODカートリッジ取り外し

マグネット脱着式のPODカートリッジを採用。簡単に脱着することが可能です。

wismec(ウィズメック) R80 PODカートリッジとコイル

リキッド容量は4ml。PODの中では大容量ですね。

メッシュコイル0.3Ω(推奨25-40W)とシングルコイル0.8Ω(推奨12-20W)が付属しています。

コイル下にはAFCパーツが付いていました。コイル自体にAFCを搭載した珍しいタイプ。

エアフロー調整は、AFCパーツを回してドローを変更してください。

wismec(ウィズメック) R80 コイルを取り外した

コイルはOリングで固定されるハメ込み式。コイルを引っ張れば簡単に外せます。

コイルを挿入する際は、押し込みながら装着してください。

wismec(ウィズメック) R80 リキッド補充口

矢印部分がリキッドチャージホールです。

コイルを装着してからリキッドを補充してください。

wismec(ウィズメック) R80 リキッドを補充したカートリッジは見にくい

リキッドを補充してみましたが、リキッド残量が見づらいですね。

 

510アダプタ

wismec(ウィズメック) R80 510アダプタ

R80の最大の魅力は、この510アダプタです。

マグネット脱着式なので、簡単に付け替えることが可能。

wismec(ウィズメック) R80 510アダプタ取り付け

純正だけあってピッタリサイズです。

wismec(ウィズメック) R80 アトマイザーは落ちない

吸着力が強く、アトマイザーを乗せて逆さにしても外れる心配はありませんでした。安心。

ただし、アトマイザーをお持ちでない方は、510アダプタは使わないように。

wismec(ウィズメック) R80 510アダプタの外し方

出っ張り部分もありませんので、アダプタを外すときは、アトマイザーを乗せて引っ張らないと外せません。

単独で外すのは至難の業です。気をつけましょう。

wismec(ウィズメック) R80 アトマイザーを乗せてみた

直径27mmでもはみ出さない。

wismec(ウィズメック) R80 アトマイザー接続

26mmは余裕ですね。汎用性が高いので想像以上に優秀です。

今のところRBAユニットは発売されてないけど、R80に関しては、アトマイザーを乗せれるので必要なさそうかな。

 

液晶ディスプレイ

wismec(ウィズメック) R80 液晶ディスプレイ

R80は、液晶カラーディスプレイを採用しています。

カラー変更も可能で「赤、黄、青」の3色から選択可能。

画面の数字も大きくて、見やすくとても使いやすい印象です。

大きなパフボタンもクリックしやすい。

コントロールボタン(+/-)も搭載していますので、テクニカルMODみたいですね。

機能はワッテージ調整(1-80W)のみとなっています。

 

R80|使い方(操作方法)

wismec(ウィズメック) R80 操作方法

  1. 電源ON/OFF→ パフボタン5回クリック
  2. 出力変更 →  電源ON時に「」「」ボタンで変更
  3. 液晶カラー変更→ 電源ON時にパフボタン3回クリック
  4. 操作ロック→ 電源ON時に「」「」ボタン同時長押し
  5. 画面反転→ 電源OFF時に「」「」ボタン同時長押し

※パフボタンを押しながら吸引してください。

 

実際に使ってみた感想

wismec(ウィズメック) R80 吸ってみた

まずはPODとして使っていきます。

0.3Ωのメッシュコイルでメロン(極)を吸ってみますね。出力は40W。

うーん。美味しい。濃厚なミストを楽しめました。

というか、最近のメッシュコイルは、ホント美味しく吸えます。味が出ないメッシュコイルを探すほうが難しいくらい。

しかもワッテージを細かく調整できるのが強みですね。

PODとしては、VWモードのみでも十分使えると思います。

wismec(ウィズメック) R80 カートリッジ脱着

思いのほかAFCの効きが良く、絞ると少し重めのDLくらいになりました。

一度PODを外さないとエアフロー調整は行えませんが、それほど苦になりません。

エアフロー調整できるので、むしろありがたいです。

wismec(ウィズメック) R80 アトマイザーを使ってみた

510アダプタを付けると、見た目はほぼテクニカルMOD。

普通にテクニカルMODを使っている感覚なので、PODという存在を忘れてしまう。

好みのアトマイザーを乗せれるのは魅力的ですね。

wismec(ウィズメック) R80 サイズ比較

ひとつネックなのが本体サイズ。PODとしては大きいかなと思います。持ち運びには向いてないかな。

あと、MODとして考えると機能はVWモードのみ。物足りない方もいるかもしれません。

でもPODとしてもMODとしても使えるのがウリなので、気分に合わせて使い分けれるところは良いですね。

個人的には、優れた機能(VWモードのみですが)で濃厚な味わいを体験できるPOD型だと思います。

 

まとめ

R80の最大の魅力はアトマイザーを乗せれるところ。

やっぱり510アダプタが付属しているのがうれしいですね。

ただ、サイズが大きいのが少しネックですが、PODとしての機能は優秀だと思います。

PODとしてもMODとしても使えるPOD型VAPE。

まだまだ進化途中の「POD MOD」ですが、この先TCやカーブモードを搭載したPODが誕生するかもしれません。

次はどんな製品を発売してくるのか楽しみです。

では、また。

べプログショップで好評発売中

>>WISMEC R80 POD MOD

>>R80 POD MOD×大人気リキッドセット

wismec(ウィズメック) R80 セット内容

 

※タバコは20歳になってから。ルールを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2020 All Rights Reserved.