Artery Cold Steel AIO レビュー|21700対応で多彩なモードを搭載したPOD型デバイス

Cold Steel POD(アイキャッチ画像)

こんにちは、スッキーです。

Arteryから多彩なモードを搭載したPOD型デバイスが登場しました!

Cold Steel AIO(コールドスチール エーアイオー)のレビューです。

POD型デバイスだけど、510変換アダプタなんかも使用できるので、ほぼテクニカルMODだと思います。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

Artery Cold Steel AIO レビュー

Cold Steel POD(本体とパッケージ)

Cold Steel AIOはPOD型でありながら、テクニカルMOD並みに使用できるデバイスです。

特徴

  • 多彩なモードを搭載
  • 3種類のバッテリー(18650/20700/21700)に対応
  • 最大出力120W
  • 510変換アダプタを接続できる
  • 2A急速充電に対応

モードについては、温度管理モードやカーブモードまで搭載しているため、PODの域を超えていると思う。

しかも、510変換アダプタを取り付ければ、アトマイザーを接続することが可能です。

もはやテクニカルMODですね。それでは、見ていきましょう!

 

付属品

Cold Steel POD(付属品)

  • Artery Cold Steel 本体
  • XP Pod
  • XPコアコイル 0.15Ω/0.4Ω
  • 18650変換アダプタ
  • Oリング(予備)
  • エアフロー調整パーツ
  • ユーザーマニュアル

※ベプログショップさんでは510変換アダプタが付属しています。

 

スペック

サイズ 106.5×39.1×28mm
重量 約190g
リキッド容量 4.0ml
バッテリー 18650/20700/21700に対応
充電用ポート USBタイプC
コイル XPコアコイル
出力 1W-120W
対応抵抗値 0.1Ω-3.0Ω
エアフロー 付属パーツで調整
特徴 ・短絡保護
・過熱保護
・過電流保護
・過充電保護
・低電圧保護
・8秒カットオフ

 

外観

Cold Steel POD(本体)

見た目はかなりゴツいですね。

亜鉛合金製のようで手に持つとズシっとした重量感。PODの中では重い部類です。

高級感のある仕上がりでMODに近いデザインじゃないかな。

Cold Steel POD(ロゴ)

ロゴが刻印されていたり、作りがしっかりしています。

Cold Steel POD(各ボタン)

ディスプレイ側には「パフボタン、コントロールボタン」を搭載。亜鉛合金製っぽいボタンがオシャレですね。

Cold Steel POD(本体上部)

ドリップチップは510規格を採用しています。

Cold Steel POD(バッテリーカバー)

底部にはバッテリーキャップとUSBタイプCポートを搭載。バッテリーキャップにはベントホールが開いています。

Cold Steel POD(バッテリー挿入方向)

バッテリーキャップはネジ式なので回しながら脱着してください。18650バッテリー変換アダプタも付属しています。

Cold Steel POD(バッテリー挿入)

3種類のバッテリー(18650/20700/21700)に対応しているので使いやすいと思う。

あと、2A急速充電に対応していますが、USBタイプCケーブルは付属していませんので、本体で充電される場合は、タイプCケーブルとACアダプターを用意してください。

Cold Steel POD(PODと本体)

本体とPODカートリッジはハメ込み式です。

Cold Steel POD(PODツマミ)

Cold Steel POD(POD外し方)

ガッチリロックされているので、PODカートリッジを外すときは、矢印部分を押しながら上に持ち上げて外してください。

Cold Steel POD(POD装着方法)

本体には窪みがあり、PODには出っ張りがあります。

PODを取り付ける際は位置を合わせてから固定してくださいね。

Cold Steel POD(エアホールカバー)

ドロー調整は可能です。

エアフロー調整パーツを本体に装着してドロー調整する感じになりますが、アトマイザーを接続できるんでね。そこまで必要ないかな。

 

PODカートリッジ

Cold Steel POD(PODカートリッジ)

リキッド容量は4.0ml。

PODカートリッジは使い捨てタイプではなく、コイル交換式となっています。

Cold Steel POD(コイル)

Cold Steel AIOには、2種類のコイルが付属しています。

  • XP 0.15Ωメッシュコイル(60-80W)
  • XP 0.4Ωメッシュコイル(20-35W)

爆煙向けのメッシュコイルですね。

Cold Steel POD(リキチャホール)

リキッドチャージはトップフィル式を採用しています。スライドさせながらチャージしてください。

 

510変換アダプタ

Cold Steel POD(510変換アダプタ)

510変換アダプタがあるので、アトマイザーを接続してMODとしても使えます。

Cold Steel POD(510アダプタ)

PODと同じようにハメ込みタイプなんですが、しっかりロックされるので外れる心配はないかと。

Cold Steel POD(510変換アダプター)

あと、外すための出っ張りがあるので、510変換アダプタだけを簡単に取り外せます。使勝手が良いですね。

Cold Steel POD(アトマイザー装着)

アトマイザーを接続すると、ちょっと長めのテクニカルMODって感じかな。

 

モード

Cold Steel POD(ディスプレイ)

多彩なモードを搭載しています。

  • POWER(VW)
  • TEMP(NI/TI/SS/TCR)
  • VOLTAGE(VV)
  • BYPASS
  • CURVE

510変換アダプタを装着できるから、カーブモードまで搭載していますね。

別売りでRBAユニットも販売されていたり、もう、なんでもアリだな(汗

POWERモードだけでも3種類あるし、PODというより、PODの姿をしたテクニカルMODだと思います。

 

使い方

・電源ON/OFF:パフボタン5回クリック

・ボタンロック:電源ON時にコントロールボタン同時長押し

・カラー変更:パフボタンと+ボタン同時押し

・パフリセット:パフボタンと+/-ボタン同時押し

・モード変更:電源ON時にパフボタン3回クリック

カラー変更は「紫・青・緑・白・赤」5色から選択できます。

 

実際に使ってみた感想

Cold Steel POD(使ってみた)

付属していたコイル(0.15Ω)は、爆煙を楽しみたいならアリだと思います。

期待を裏切らないミスト量で味も良い。ただ、ムセた(汗

PODカートリッジは4.0ml入りますが、爆煙ゆえにリキッドの消費も半端なかったです。

しかしまぁ、510変換アダプタがあると、PODカートリッジは使わなくなりますね。

多彩なモードを搭載しているし、デザイン的にもテクニカルMODで良かったんじゃないかなって思う。

しかも、3種類のバッテリーにも対応しているので、足りない部分がないんですよ。

サイズが大きい、本体が重いなど致し方ない部分はあるにせよ、実際に使ってみるとMODのいい所を全て詰め合わせたPODって感じでした。

 

まとめ

Cold Steel AIOはPODの姿をしたテクニカルMODだと思います。

PODとしては珍しく細かな設定ができるので、かゆいところに手が届くデバイスですね。

気になる方はチェックしてください。

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中

関連記事PIRATES TOBACCO VANILLA リキッド レビュー|後味スッキリなバニラタバコ

関連記事【KIZOKU】Techmod 80W レビュー|ユニークなデザインのステルスMOD

 




×