【ASVAPE】HITA POD(ヒタ ポッド)レビュー|カッコいい見た目!今年ナンバーワン

ASVAPE HITA(アイキャッチ画像)

こんにちは、スッキーです。

抜群の見た目とコンパクトなサイズ感がたまらないPOD型デバイス!

ASVAPE HITA POD(アズべイプ ヒタ ポッド)のレビューです。

メカニカルのような見た目にやられちゃう。

男らしいデザインが、今年ナンバーワンのルックスですね。

さっそく、レビューします。

 

超絶カッコいい!ASVAPE HITA POD レビュー

ASVAPE HITA(本体とパッケージ)

ASVAPEといえば「VULCAN POD」など、美しいデザインのPOD型デバイスを販売されています。

今回のHITAは、どちらかといえば男らしいデザインでカッコいい!男心をくすぐりますね。

それに、見た目だけでなく味が良い。サイズもコンパクトで持ち運びに便利でした。

アメ色のPODカートリッジは3ml。本体には、内蔵バッテリー(1,000mAh)を採用しています。

見た目で選んでも後悔しない。そんなPOD型デバイスですね。

それでは、見ていきましょう。

 

パッケージ

ASVAPE HITA(パッケージ)

黒を基調としたシンプルなパッケージです。

ASVAPE HITA(開封)

開封すると、ユーザーマニュアルの下に本体が入っていました。

 

付属品

ASVAPE HITA(付属品)

  • Asvape HITA 本体
  • HITAコイル 0.5Ω/1.0Ω(0.5Ω装着済み)
  • 510ドリップチップ DL/MTL向け
  • ネックストラップ
  • スペアパーツ(Oリング、シリコンキャップ)
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズφ25x92mm
重量65g
バッテリー容量1,000mAh(内蔵型)
リキッド容量3ml
出力5 ‐ 30W
抵抗値範囲0.3 - 3.0Ω
コイル0.5/1.0Ω
充電用ポートUSBタイプC
ドリップチップ510規格
保護機能・低電圧保護
・5秒以上加熱で自動カットオフ
・過加熱防止
・ショート回路保護
・低抵抗値保護

 

外観

ASVAPE HITA POD(本体)

男心をくすぐるデザイン。

ロゴが強調されているけど、ASVAPEなら許される。そんな感じです。

個人的に見た目は100点!マジでカッコいい!

ASVAPE HITA(ローレット加工)

ローレット加工が良いアクセントになっていますね。

ブラックと迷ったけど、カラバリは「ダークグリーン」を買ってみました。

ASVAPE HITA(本体下ロゴ)

裏側にはHITAのロゴ。

ASVAPE HITA(本体底部)

底部には、USBタイプCを搭載しています。

充電する際は、付属のUSBタイプCケーブルを接続して充電してください。

また、急速充電に対応しています。

ASVAPE HITA(パフボタンLEDランプ)

ASVAPEのロゴ上にパフボタンを搭載しています。

パフボタン5回クリック電源ON/OFF。パフボタンを押しながら吸引します。

また、ボタン中央にはLEDランプを搭載しており、バッテリー残量も確認できます。

バッテリー容量は1,000mAh(内蔵型)。

  • 50-100%:
  • 50%以下:白
  • 0%:(点滅)

LEDランプが赤く点滅したら充電が必要です。

充電中はLEDランプが点灯していますが、消灯すれば充電完了です。

ASVAPE HITA(VAPRリング)

HITA PODには、ネックストラップも付属しています。

ASVAPE HITA(ネックストラップ)

ネックストラップを取り付ければ、首から下げて持ち運ぶことができますね。

ASVAPE HITA(サイズ比較)

コンパクトなデバイスの横にHITAを並べてみるとこんな感じです。

KIZOKU KIRIN KIT(18350対応チューブMOD)

Aspire Minican POD(コンパクトなPOD型デバイス)

申し分のないサイズ感で持ち運びも快適。

大きすぎないし、小さすぎない丁度いいサイズだと思います。

 

PODカートリッジ

ASVAPE HITA(PODカートリッジ脱着)

本体とPODカートリッジはマグネット式で簡単に脱着できます。

ASVAPE HITA(PODカートリッジ)

PETG素材を採用したPODカートリッジ。リキッド容量は3mlです。

ASVAPE HITA(ドリップチップ)

ドリップチップは510規格を採用。

MTL向け(2.5mm)とDL向け(3.5mm)のドリップチップが付属しています。

510規格のドリップチップが交換できるのはうれしいですね。

ASVAPE HITA(PODカートリッジ底部)

コイル交換は、まずボトムパーツを回しながら取り外します。

PODカートリッジ中央にコイルがありますが、Oリングで固定されているハメ込みタイプでした。

ただ、少しカタいんですよ。なので爪の長い方は注意したほうがいいと思います。

ASVAPE HITA(コイル脱着)

マイナスドライバーなどでコジて外したほうが無難ですね。

ASVAPE HITA(コイルとベースパーツ)

ベースパーツとコイルはネジ式です。

ちなみに、ベースパーツを紛失すると、コイルを装着できなくなるので無くさないようにしてください。

ASVAPE HITA(コイル)

コイルは、

  • HITA 0.5Ω(メッシュコイル)
  • HITA 1.0Ω(メッシュコイル)

2種類が付属しています。

HITA専用コイルだけあって、0.5Ωと1.0Ωのコイル内径が異なる作りで、抵抗値に合わせて快適なドローを実現された感じでした。

ASVAPE HITA(POD脱着)

あと、本体とPODカートリッジには穴が開いていますが、PODカートリッジを回しながら無段階でドロー調整が可能です。

 

リキッドチャージ

ASVAPE HITA(リキッド補充口)

PODカートリッジの側面に黒いシリコンプラグが付いていますが、こちらからリキッドを補充します。

ASVAPE HITA(リキッドチャージホール)

シリコンプラグを外してからリキッドを補充してください。

ASVAPE HITA(リキッドチャージ)

ユニコーンボトルの先端がスポッと入るのでリキッドは注ぎやすいです。

 

実際に使ってみた感想

ASVAPE HITA(使ってみた)

0.5Ωメッシュコイルで吸ってみます。

見た目だけでなく味も良かった。濃厚な味を体験できますね。というか、リキッドが口の中に飛び込んでくる感じです。

熱くないから気になりませんが、スピットバックが発生するかな。

どうりで濃厚なわけだ(笑

ドローについては、DL向けドリップチップを装着して全開の場合、少し抵抗感のある軽めのドローでした。

ASVAPE HITA(たばこカプセル装着)

510規格のドリップチップが交換できるのも魅力ですね。

なので、たばこカプセル対応のドリチを付けて楽しむこともできます。

見た目が良くて味も良い。おまけにコンパクトで使いやすい。

POD型というより、セミメカチューブMOD(18350対応)に近い感覚ですね。

別売りのRBAユニットを購入すれば、コイルビルドやアトマイザーを乗せることが可能ですし、POD型デバイスの中では、万能型で使い勝手がいいと思います。

見た目で選んでも後悔しない!そんなPOD型デバイスでした。

 

まとめ

HITA PODは、見た目のインパクト大!

男心をくすぐるデザインのカッコよさに惚れてしまいました。

もちろん、デザインだけでなく、コンパクトで使いやすいってのも魅力ですけど。

気になる方はチェックしてくださいね。

では、また。

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)