スターターキット テクニカルMOD

【DIGIFLAVOR】HELIX KIT(スターターキット)をレビュー!だって安かったから・・・

デジフレーバー(ヘリックス)アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「DIGIFLAVOR(デジフレーバー)HELIX(ヘリックス)kit」のレビューです。

コストパフォーマンスに優れたスターターキット。

価格が12.99ドル(Efun)だったから、つい購入しちゃいました(笑)

スリムなプラスチック製ボディは見た目以上に軽い。パッと見バッテリー内蔵型に見えますが、18650バッテリー交換式です。

流行りの使い捨てアトマイザー「Lumi Tank」がセットになってこの価格!

ちょっとおもちゃみたいですが、使い勝手はいいのかな?

さっそくレビューします。

 

DIGIFLAVOR HELIX kit

デジフレーバー(ヘリックス)パッケージ

こちらが、パッケージ。

パッケージは安い割に厚みがありしっかりした作りです。

デジフレーバー(ヘリックス)開封

開封すると「HELIX 本体」と「Lumi Tank」が登場します。

プラスチック製だから安っぽく見えますね。まぁ、安いのでしょうがない(笑)

本体とタンク下にある白いケースがアクセサリーボックス。

付属品はこちらです。

付属品

デジフレーバー(ヘリックス)付属品

HELIX 本体
Lumi Tank
microUSBケーブル
スペアパーツ(タンク用)
ユーザーマニュアル

スペック

サイズ89x26×31.5mm
重さ43g
モードBypass(緑)/3.4V(青) /3.2V(赤)
バッテリー18650バッテリー(別売り)
充電用ポートmicroUSB 5V/1A(パススルー対応)
スレッド510
材質ABS樹脂
抵抗値0.1Ω~3Ω
保護機能・高温保護
・短絡保護
・低抵抗/電圧保護
・逆保護
・USBパススルー設計
Lumi Tankはこちら→Lucid KITをレビュー!

 

DIGIFLAVOR HELIX kitの詳細

デジフレーバー(ヘリックス)本体

こちらが HELIX 本体です。

まぁ、見た目は価格相応。スリムなMODで螺旋が特徴的。ただ可愛い(笑)

本体はABS樹脂製で軽い。18650バッテリー挿入時には、なんと約107g。マジ軽い。

デジフレーバー(ヘリックス)パフボタン

本体側面には、パフボタン、LEDランプ、充電用ポートが搭載。

ボタン下には、HELIXの大きなロゴ。なぜロゴを強調したがるのか(汗)

充電は、付属のmicroUSBケーブルを取り付け充電してください。DC 5V1A。パススルー対応なので、充電しながら使用することも可能です。

デジフレーバー(ヘリックス)LEDランプ

LEDランプは見やすいです。

このLEDランプで「バッテリー残量」や「出力モード」を確認することができます。

デジフレーバー(ヘリックス)バッテリーカバー外し方

DIGIFLAVORのロゴ部分は、バッテリーカバーになっています。

デジフレーバー(ヘリックス)バッテリーカバー外した

このようにバッテリーカバーをパカっと開いて18650バッテリーを挿入しましょう。

デジフレーバー(ヘリックス)バッテリー挿入方向

バッテリーの向きは「+(プラス)」をアトマイザー側に装着。

デジフレーバー(ヘリックス)バッテリー挿入

バッテリー挿入後は、バッテリーカバーを取り付けましょう。

デジフレーバー(ヘリックス)マグネット式

本体とバッテリーカバーは、マグネット式です。

マグネットの力で簡単に脱着します。

本体も使い捨てのような感じですが、18650バッテリー交換式ってとこが魅力ありますね。

バッテリー内蔵型だったら買ってなかっただろうな。たぶん。

Lumi Tankの詳細

ギークベイプ ルーシッド 使い捨てタンク本体

LUMI Tankは0.3Ωのメッシュコイルを搭載した使い捨てアトマイザーです。

ボトムエアフロー。タンク容量は4mlです。

ギークベイプ ルーシッド 使い捨てタンクリキチャ

リキッドチャージは、トップフィル式。

使い捨てアトマイザーが新品の場合、リキッドチャージ後はコイル(コットン)にリキッドが浸透するまでしばらく放置させましょう。

 

使い方

デジフレーバー(ヘリックス)操作説明

▼操作方法

電源ON/OFF → パフボタン「5クリック

モード切替 → 電源ON時にパフボタン「3クリック

▼モードはこちら

・Bypassモード → LEDランプ(グリーン)点灯

・VVモード(3.2V) → LEDランプ(レッド)点灯

・VVモード(3.4V) → LEDランプ(ブルー)点灯

※パフボタン3クリックごとにモード変更。

▼バッテリー残量の確認

・100%〜70% → LEDランプ3つ点灯

・69%~31% → LEDランプ2つ点灯

・30%~0% → LEDランプ1つ点灯

テクニカルMODのように、ワッテージ調整など細かな設定ができませんが、操作は簡単です。

 

使ってみた感想

0.3Ωの爆煙タンク。

うん。やっぱLUMI Tankは、DLで美味しく吸える(笑)しっかり味が出てます。

この使い捨てアトマイザーはLucid KITで使用していますので、味については間違いない。

使い捨てだからメンテナンスをする必要もなく、悪くなれば交換するだけ。

使い捨てタイプは、便利すぎてマジ泣ける。

スリムタイプのMODは、軽くて持ち運びやすい。パフボタンのクリック感もいい感じ。

立ち上がりも速いし。買ってよかったと素直に思う。

まぁ、18650バッテリー交換式ってところが一番うれしいかな。

 

まとめ

デジフレーバー(ヘリックス)見覚えあるような▲Lucid

まぁ、見た目は Lucid と同じような感じ。ポップなデザインでおもちゃみたいなMOD。

ただ使ってみたら、見た目以上に使いやすく、スリムで軽いから外出時に便利でした。

使い捨てタンクは味がいい。でもリキッド消費はハヤいかな。

僕はシンプルなデザインの小さなMOD好きです。この価格でこれだけ満足できたので、買ってよかった。

心残りはロゴだけ(笑)

では、また。

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.