Geekvape スターターキット テクニカルMOD

Geekvape『Frenzy Pod Kit』をレビュー!MTLに最適なPOD型

投稿日:

Frenzy(フレンジー)アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は、Geekvape(ギークベイプ)Frenzy Pod Kit(フレンジーポッドキット)」のレビューです。

コイル交換式のPODカートリッジを採用したスターターキットになります。

見た目は完全に・・・(笑)ですが、コイル交換式なので経済的ですね。

最近では、この手のPODタイプが続々と登場しています。

果たして、Frenzy Pod Kit は使いやすいのでしょうか?

さっそくレビューします。

またきたコレ!Geekvape「Frenzy Pod Kit」そっくりです(笑)

Geekvape(ギークベイプ)からもそっくりさんが登場しました。

この手のタイプは使いやすく流行ってますね。

Frenzy(フレンジー)の特徴として、PODカートリッジは使い捨てタイプではなく、コイル交換が可能なタイプとなります。

またエアフローコントロール搭載で好みのドロー調整が可能。

AS Micro Chipset 内臓で小型ながら温度管理ができ、ニコチンソルト(リキッド)や温度管理が重要なCBD(リキッド)の運用にも最適です。

付属品

Frenzy Pod 本体
microUSBケーブル
0.7Ω NS メッシュコイル(本体に装着済)
1.2Ω NS SS316L コイル
ユーザーマニュアル

スペック

サイズ86.1×37×15.7mm
バッテリー容量950mAh
電圧2.5V 420°F(白)/2.7V 440°F(青)/2.9V 460°F(緑)
抵抗値範囲0.7-3Ω
充電用ポートmicroUSB(DC5V/1A)
ポッド容量2ml
エアフローPODボトムエアフロー
対応コイル0.7Ω NS メッシュコイル、1.2Ω NS SS316L コイル

 

Frenzy(フレンジー)Pod Kit の詳細

こちらが Frenzy 本体 です。カラーは「Black Ghost」にしてみました。

落ち着いた大人の雰囲気を醸し出す。レジン調のパネルデザインがいい感じ。

高級感がありますね。

本体側面には「パフボタン、LEDランプ、充電用ポート」を搭載。

このパフボタンで電源ON/OFFなどの操作を行います。

充電の際は、付属のmicroUSBケーブルを充電用ポートに差し込み「DC5V/1A」以下の充電器を使用してください。

LEDランプのカラーでバッテリー残量を確認できます。

また電圧調整、温度調整の際にもLEDランプのカラーで現在の設定状態を確認できます。

バッテリー残量確認

・100〜70%→

・69~31%→

・30~0%→

※ボタン「2クリック」でバッテリー残量を確認。

電圧調整(0.7Ωコイル使用時)

・2.5V(白)/2.7V(青)/2.9V(緑)の3段階

温度調整(1.2Ωコイル使用時)

・215℃(白)/226℃(青)/237℃(緑)の3段階

※電源ON時にボタン「3クリック」で変更。

1.2Ω NSコイルを使用すれば自動で温度管理モードに入ります。

CBDリキッドを使用される場合は「237℃(緑)」だとCBD成分が熱分解されるようです。

なので、CBDリキッド使用時は「226℃(青)」までの温度が推奨されています。

本体底部はフラット形状。ベントホールが設けれています。

本体とPODカートリッジはマグネット式。

それなりに吸着力はありますが、PODカートリッジを指で摘まんで引っ張れば簡単に取り外せます。

外したPODカートリッジにはシールが貼られています。多分リキッドを注いでから数分間は放置しましょう的な感じかな。

このシールを剥がしてから使用してください。

吸い口は取り外せなかったので、交換不可だと思います。

エアフローコントロールパーツは取り外し可能です。

反時計回りに回して取り外しましょう。

取り外したエアフローコントロールパーツに好みのコイルを装着してください。

購入時には「0.7Ω NS メッシュコイル」がすでに装着済み。

コイルはネジ式です。回しながら脱着しましょう。

0.7Ωメッシュコイルは、温度管理には対応していないカンタルA1。

温度管理に対応したコイルは「1.2Ω(SS316L)」となります。

リキッドチャージは、PODカートリッジ底部の蓋を開けてからリキッドを注ぎます。

リキッドチャージホールが2つあるのは、リキッド注入時のエア抜きのためです。どちらから注入しても大丈夫。

リキッドチャージ後は、蓋を閉じてください。

※新品のコイルを使用する場合は、リキッドがコットンに浸透するまでしばらく放置しましょう。僕は30分ほど放置しました。

PODカートリッジは、指で押し込めばスッと入ります。

ローレット加工されているエアフローコントロールパーツを回してドロー調整してください。

大型で回しやすいから簡単に調整できます。

SMOK Trinity Alphaと比べ若干コンパクトです。

Trinity Alphaは、エアフローコントロールを搭載していないので、ドローがスカスカで味がイマイチ。←個人的な感想ですm(_ _)m

リキッドの味を楽しむだけならいいのですが、ニコリキなどを使用しMTL運用するには向いてないかな。

ただドリップチップが交換できるので、たばこカプセルを装着すればそれなりのドローとキック感を楽しめます。

その点Frenzyは、エアフローコントロール搭載なので、MTL運用にはもってこい。

だけどドリップチップが交換できないところが残念。まぁ、硬すぎて外れないだけなのかもしれませんが、僕には外せなかったです(汗)

最近、各メーカーからオリオ〇そっくりモデルが登場していますが、良いところと悪いところはありますね。

使い方(操作方法)

・電源ON/OFF→ボタン「5クリック

・電圧/温度変更→電源ON時にボタン「3クリック」LEDカラーを確認

・バッテリー残量確認→ボタン「2クリック」LEDカラーを確認

1.PODカートリッジ内へリキッドチャージ。チャージ後は本体に装着。

2.ボタン「5クリック」電源ON。

3.ボタンを押しながら吸引開始。以上。

 

使った感想

Frenzy(フレンジー)ポッドキットを使ってみた

クセになる味「GUAVA COLADA」リキッドを注ぎました。コイルは「0.7Ω」を使用しています。

それでは、吸ってみましょう。

うん、うん、POD型の中ではかなり味が出る方です。美味しい。

しかも立ち上がりが早いから快適です。

個人的には、緑(2.9V)が一番いいかな。ただ緑(2.9V)でチェーンしているとAFC付近が熱くなってきます。ご注意を。

エアフロー全開だと少し重めのDLタイプ。全閉だとかなり重いMTLタイプ。どちらかと言えばMTL特化タイプだなって個人的には思います。

味が出て好みのドロー調整が可能。専用PODはコイル交換式で経済的。コンパクトで持ち運びに便利。小型ながら温度管理もできるので、POD型の中ではかなりいいかも。

強いて言うならドリチが交換できればもっと良かったな。

あと、コイル寿命を延ばすなら温度管理モード(1.2Ω SS316Lコイル)がおすすのようです。

 

まとめ

この手のタイプは、使いやすく持ち運びに便利です。

思いのほか、味の出が良かったので美味しく吸えました。調整次第で重いドローのMTLにもなるからおすすめ。

Frenzyは、サブ機にもメイン機にも使えるPOD型だと思います。

では、また。

VAPONAVI(ヴェポナビ)で好評発売中!

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-Geekvape, スターターキット, テクニカルMOD
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.