スターターキット テクニカルMOD

SMOK Trinity Alphaをレビュー!爆煙だけど見た目はアレです

投稿日:

SMOK(Trinity Alpha)アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「SMOK(スモック)Trinity Alpha(トリニティーアルファ)」のレビューです。

見た目がそっくりですね(汗)例のアレと・・・。

デザインがここまで似ていると、逆に清々しいと思います。

外観はそっくりだけど、中身は違うかな。

さっそくレビューします。

 

流行りのポットシステムを採用した!SMOK Trinity Alpha

SMOK(Trinity Alpha)パッケージ

まず、外観ついては触れません。

ハッキリ言って、そっくりです。察してください(笑)

カラーバリエーションは6色。

Trinity Alphaは、内蔵型バッテリー「1000mAh」を採用しています。

専用のPOD型カートリッジは、コイル内蔵型ではなくコイル交換式という珍しいタイプ。

コイルについては、Nord(SMOK)コイルと互換性があるので、メッシュコイルとMTLコイルを使い分けれる魅力があります。

付属品はこちらです。

付属品

SMOK(Trinity Alpha)付属品

Trinity Alpha バッテリー本体
Trinity Alpha エンプティPOD(2.8ml)
Nord Mesh 0.6Ω
Nord Mesh(MTL) 0.8Ω
ストラップ、ゴムアダプター
microUSBケーブル
ユーザーマニュアル

スペック

サイズH91xW38xD16mm
重量約90g
出力モード3段階(SOFT、NORM、HARD) 6~30W
リキッド容量2.8ml
リキッドチャージPODトップフィル
エアフロートップ(コイルボトム)調整不可
コイルNord COIL
充電用ポートmicroUSB
バッテリー容量1000mAh
保護機能・POD検出
・ショートサーキット保護
・自動カットオフ(8秒)
・低電圧保護(バッテリー)

 

Trinity Alpha(トリニティーアルファ)の詳細

SMOK(Trinity Alpha)本体はマーブル模様

もう、そっくり。見れば見るほど似ています。

パネルデザインは、マーブル模様。ちょっと光沢感のあるプリント素材ですね。

フレームはメタリックカラーになっています。

まぁ、デザインは悪くないんですが、本当にそっくりです(笑)

SMOK(Trinity Alpha)本体底部

本体底部は、樹脂製でフラット形状になっています。ベントホールを2つ備えてる。

SMOK(Trinity Alpha)本体側面

本体側面には「パフボタン、LEDランプ、モードボタン、充電用ポート」を搭載。

モード変更時やバッテリー残量確認は、LEDランプで確認します。

SMOK(Trinity Alpha)モードボタン

こちらがモードボタン。SOFT、NORM、HARDの3種類からモードを選択できます。

モードボタンをクリックするだけでモード変更可能。なので簡単です。

モード変更時にLEDが点灯しますが、パフ時にはモードLEDは点灯しません。

SMOK(Trinity Alpha)パフボタン

モードボタン上には、LEDが搭載されています。

このLEDカラーでバッテリー残量を確認することができます。

▼バッテリー残量確認

・100~71%→

・70~30%→オレンジ

・29~0%→

SMOK(Trinity Alpha)カートリッジ外し方

POD型カートリッジを取り外す場合は、凸部をスライドさせてロックを解除。

SMOK(Trinity Alpha)コイル接触部

ロック解除後は、POD型カートリッジを摘まんで外すだけです。

カートリッジを外すとコイルとの接触部分(端子部分)が現れます。

SMOK(Trinity Alpha)PODカートリッジ

こちらが、専用のPOD型カートリッジ。コイル交換式なので購入時には装着されていません。

2種類のコイルが付属していますので、好みのコイルを取り付けましょう。

SMOK(Trinity Alpha)付属コイル

SMOK(Trinity Alpha)コイル

・Nord Mesh 0.6Ω

・Nord Mesh(MTL) 0.8Ω

付属コイルは、nord coil 。どちらもメッシュコイルです。

コイルにはOリングが付いています。

SMOK(Trinity Alpha)コイルを取り付け

コイルはPOD下部から挿入。

SMOK(Trinity Alpha)コイルは押し込むだけ

こんな感じでコイルを挿入したら押し込むだけです。

SMOK(Trinity Alpha)カートリッジにコイル挿入

最後まで押し込めば、このようにコイルが嵌ります。

コイルを挿入する際に注意があります。コイルに向きがあるので挿入前に確認してください。

▼悪い例SMOK(Trinity Alpha)コイル設置 向きに注意

▼良い例SMOK(Trinity Alpha)コイル設置 正しい方向

コイルのカドが平らな方向をPOD底部の壁にあたるように挿入してください。

SMOK(Trinity Alpha)ドリップチップ外した

ドリップチップは510規格なので、510ドリップチップなら交換可能です。

SMOK(Trinity Alpha)フタがスライドする

この青いフタは、スライドします。

SMOK(Trinity Alpha)フタをスライド

フタをスライドさせてからリキッドチャージ。

SMOK(Trinity Alpha)リキッドチャージ

リキッドチャージ後は、再度フタをスライドさせてフタを閉じましょう。

※コイルを新品に交換した場合は、リキッドチャージしてからコイルにリキッドを馴染ませるためにしばらく放置しましょう。空焚き注意です。

SMOK(Trinity Alpha)カートリッジ挿入

リキッドチャージ後は、POD型カートリッジを本体に挿入して押し込みます。

SMOK(Trinity Alpha)本体上部

POD型カートリッジがしっかりハマれば準備完了です。

使い方(操作方法)

SMOK(Trinity Alpha)スモックロゴ

電源ON/OFF→ボタン「5クリック

出力変更モードボタンをクリック(SOFT、NORM、HARD)

Trinity Alpha は、パフボタンを押しながら吸引します。

シンプル操作で使いやすい。出力変更は、モードボタンをクリックするだけで3段階の切替可能。

操作は簡単ですね。

 

使ってみた感想

SMOK(Trinity Alpha)本体

Trinity Alphaは、シンプル操作で簡単に使用することができます。

出力モードを搭載しているから便利ですね。ちなみに僕はHARD一択です。

味については薄い感じ。ただPOD型の中では爆煙ですね。ミスト量が凄い!

ドローについては、メッシュコイル(0.6Ω)を使用するとドローが軽く、ほぼスカスカのDLみたいな感じ。

MTLコイル(0.8Ω)は、重いドローのMTLではなく、重めのDLくらいかな。

なので完全なMTL派の方には物足りないと思います。

持ち運びについては快適です。この手のタイプは手軽に持ち運べるので便利です。

デザインも悪くない。

強いて言うならエアフロー調整ができれば良かったかな。

 

まとめ

見た目は完全にOリオンです。なのでデザインは悪くない。美しいです。

開封時に完全にパクッてないか?と思いましたが、コイル交換式などになっていますので、中身は違いましたね。

まぁ、何度見ても外観は似ていますが(笑)

使い方が簡単で手軽に持ち運べる魅力があるので、この手のタイプをお持ちでない方は、1台あってもいいかもしれません。

では、また。

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-スターターキット, テクニカルMOD
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.