Geekvape

【GeekVape】AMMIT MTL RTAをレビュー!もはや漏れないのは当たり前か

投稿日:

GeekVape AMMIT MTL RTA アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

Geekvape(ギークベイプ)AMMIT (アメミット)MTL RTAをレビューします。

Geekvapeと言えば、漏れないアトマイザーで有名。というか最近のアトマイザーは、漏れてくる方が珍しいと思うほど、作りがしっかりしています。

まぁ~大人気RDA「AMMIT MTL RDA」のRTAバージョンなので、味については間違いないでしょう!

ではさっそくレビューしていきます。

 

やっぱりおいしい!グフっ(笑)Geekvape AMMIT MTL RTA

GeekVape AMMIT MTL RTA パッケージ

パッケージはクリアケースです。

Geekvapeって感じで、開封前からどのようなアトマイザーなのか、一目で分かります。

GeekVape AMMIT MTL RTA 開封

開封すると、アトマイザー本体、スペアチューブ、付属品などが入っています。

この下にユーザーマニュアルなど入っています。

付属品

GeekVape AMMIT MTL RTA 付属品

 AMMIT MTL RTA 本体
ドリップチップパーツ
スペア・ガラスチューブ
スペアパーツ一式(ネジ、Oリング)
ビルド用ドライバー
1.0Ωプリメイドコイル
ユーザーマニュアル
セキュリティー認証コード・ステッカー

スペック

直径24mm
全長40mm(DT、接続部含まず)
リキッド容量4ml
ネジタイプ(スレッド)510
リキッドチャージトップフィル
ドリップチップ510DT
デッキ(ビルドタイプ)シングル
エアフロートップエアフロー
材質ステンレス

 

Geekvape AMMIT MTL RTAの詳細

GeekVape AMMIT MTL RTA 本体

こちらが AMMIT MTL RTA 本体です。

・・・ワニのデザインがなくなってる(悲)

AMMIT MTL RTAのチャンバーは、ワニのようなデザインではなく、AMMITというロゴになっています。

あぁ~あのロゴデザイン、好きだったのに。まっ!これはこれでいい感じですが(笑)

分解します

GeekVape AMMIT MTL RTA 分解

大まかに分解すると「デッキ、タンク、トップキャップ、ドリップチップ」に分かれます。

ドリップチップ

GeekVape AMMIT MTL RTA ドリップチップを上から見た

GeekVape AMMIT MTL RTA 各種ドリップチップ

金属パーツに樹脂製ドリップチップを装着します。ネジ式になっていますので、回しながら脱着してください。

ドリップチップは510規格なので、510ドリップチップでしたら交換可能です。

ちなみに付属ドリップチップは内径が細いです。

GeekVape AMMIT MTL RTA ドリップチップ内径

左が本体に装着済みのドリップチップ。右が付属のドリップチップです。

GeekVape AMMIT MTL RTA ドリップチップ裏

両方のドリップチップ裏は、しっかりとテーパー処理されています。

内径は3mmと2mmになっています。

タンク

GeekVape AMMIT MTL RTA トップフィル

リキッドチャージはトップフィル式です。トップキャップはネジ式なので、回して取り外してください。

ちょっと小さめの長穴チャージホールですが、スポイトタイプのリキッドでも問題なく注げます。

GeekVape AMMIT MTL RTA チャンバー内

GeekVape AMMIT MTL RTA チャンバー内はドーム型

チャンバーとデッキの接続部はネジ式になっています。

チャンバー内はキレイなドーム型。チムニーは意外と大きい感じ。約4mmほどです。

エアフロー

GeekVape AMMIT MTL RTA エアフローリングを外した

AMMIT MTL RTAはトップエアフロー構造になっています。

エアフローリングは取り外し可能です。

AMMITの魅力でもある、多彩なエアフロー調整は健在です。

GeekVape AMMIT MTL RTA エアフロー調整(その①)

GeekVape AMMIT MTL RTA エアフロー調整(その②)

大小5つのエアホールが開いています。

エアフローリングは、長穴タイプと1つのエアホールタイプが設けられていますので、お好みで調整してください。

エアフローを長穴で調整すると、DLよりになります。1つのエアホールで調整すれば、MTLよりになります。

AMMIT MTL RTAも多彩なエアフロー調整が特徴的です!

デッキ

GeekVape AMMIT MTL RTA デッキ本体

こちらがシングルコイル前提のデッキです。

GeekVape AMMIT MTL RTA を横から確認

2つのポストには、コイルを固定するためのネジが2箇所ついています。

デッキのエアホールは3箇所設けられています。この独特なデッキ構造が、噂の3Dエアフローってヤツ!

3箇所のエアホールから空気がしっかりコイルに当たる構造になっています。

GeekVape AMMIT MTL RTA デッキ裏

デッキ裏は、ロゴなどがプリントされています。

GeekVape AMMIT MTL RTA ポールの間隔

ポールネジは付属のドライバーで脱着。ネジを回して緩めると、穴が出てきます。

この部分にコイル足を通してください。

 

AMMIT MTL RTA ビルド

GeekVape AMMIT MTL RTA コイルビルド

毎度お馴染みのカンタル1A 26Gでビルドしてみました。

デッキポストとエアホールの中心にコイルを固定しました。

GeekVape AMMIT MTL RTA コイル位置を確認

コイル位置はこんな感じです。もう少しエアホールに近づけてもいいかもしれません。

GeekVape AMMIT MTL RTA ウィッキング

コットンはちょっと長めだった(汗)この後コットン先端を少しカットして取り付けました。

ウィッキング完了です。

 

MODに付けてみた

 

AMMIT MTL RTA を使ってみた感想

うん、おいしい!味については間違いないです。

ただ「AMMIT MTL RDA」よりも、MTLに特化したって感じです。

AMMIT MTL RTA のほうが、よりタイトドローです。

短期間使用してみましたが、やはり漏れない。そしてジュルりもなかった(笑)

AMMIT RDAよりも、こちらのほうが優れている感じです。

意外にスカスカ感があったAMMIT RDAと比較するとAMMIT RTAのほうが、重い!ドローも本体も。

そう、24mmタイプで少し重いんですよ(汗)まぁ~欲を言えば、22mmタイプだったら、もっと人気があったんじゃないかなって。

でも、MTLに特化したタイプが好きな方には、おすすめですよ!

 

まとめ

本格的なタイトドローになった AMMIT MTL RTA はかなりいい感じです。

直径24mmのRTAでMTLタイプが好き!って方は持っておいて損はないですね!

味については、おいしいミストを味わえます!

リキッド容量も4mlなので使いやすいと思いますよ。

気になる方は「AMMIT MTL RTA」をぜひ試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-Geekvape
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.