ASMODUS テクニカルMOD

【Asmodus】STRIDE VR-80 MODをレビュー!CKSコラボモデルがカッコいい!

STRIDE VR-80アイキャッチ

 

こんには、スッキーです。

今回は「CKS STRIDE VR-80 」をレビューします。

以前から販売されていますが、CKS(Cloud Kicker Society)とのコラボモデルで、クローン疑惑も浮上したMODです。

まぁ~今更ですが。

生産中止で在庫だけしか出回っていないのに、なぜっ?今更買ったのスッキー?と思われても仕方ありません。

単純に見た目に惹かれたMOD。スリムでカッコいいから(爆)

もうね!カッコいいんです!このMOD。

では、さっそく紹介しますね。

 

▼Spruzza Squonk W80(スコンカーMOD)レビューはこちら

アスモダス (スプルッツァ)アイキャッチ
【ASMODUS】Spruzza Squonk W80 Kitをレビュー!スタビライズドウッドが輝くMOD

続きを見る

 

マジで惹かれた!CKS STRIDE VR-80 MOD

CKS STRIDEパッケージ

ゴールド&ブラックのシンプルなパッケージデザインも、どこか高級な感じ。

STRIDE VR-80は、CKSがAsmodusとコラボレーションして生まれた、コンパクトなMODです。

カラーはブラック、パープルの他にもグリーンなどが販売されているようですが、一部のパープルやグリーンなどクローン問題が指摘されています。

CKS STRIDE開封箱をパカッと開くとこんな感じです。マジでカッコいい!キレイだし、スリムな見た目がたまりません。

カラフルなハイブリッド石と金メッキ仕上げのデザインで、本体ボディは艶々です。

付属品

CKS STRIDE付属品

CKS STRIDE VR-80 MOD本体
USBケーブル
ユーザーマニュアル(英語)
ワランティーカード

スペック

サイズ45x90x26mm
スレッド510
出力5W~80W
モードPOWER/TC(Ni / Ti / SS)/ BYPASS /ソフト
温度管理機能100℃~315℃/ 200F~600F
抵抗値0.1~3Ω(VW)/ 0.1~0.5Ω(TC)
バッテリー18650x1本使用(別売り)

 

CKS STRIDE VR-80 MODの詳細

CKS STRIDE本体の画像

こちらが本体です。

艶々ボディが輝くMOD。角度がついたストライプ形状の隙間から、ゴールドカラーが顔を見せる。

ハイブリッド石もシャレてます。なにっ?この高級感!ヤバいんですけど!

そして曲線を描くように、丸みを持った本体は持ちやすい。

CKS STRIDE本体裏の画像

反対側も同じです。

CKS STRIDE本体側面の画像

ディスプレイ側にはCKSのロゴがプリントされています。

ロゴ下に0.99インチディスプレイ。その下に、プラスボタン、マイナスボタンあり、さらに下には充電用ポートが配置されています。

斜面には大きなパフボタン。この位置にパフボタンって凝った造りになってる。

CKS STRIDE510スレッド

スレッドの510ピンはスプリング式。こちらも金メッキ加工されていてピカピカです。

横のパフボタンもピッカピカ!

CKS STRIDE本体底部のバッテリーカバー

本体底部はスライド式のバッテリーカバー。

これ、スライドさせるだけでいいと思っていたら、外せなかったです。マジで焦った(汗)

CKS STRIDEバッテリーカバー取り外し

外して分かったことが「STARSS」というロゴの下にスプリング式のボールのようなものがあります。このボールによってカバーが外れないように、しっかり上に押されています。

なのでバッテリーカバーをスライドさせる時は、一度カバーを押し、押し込んだままスライドさせて外しましょう。

CKS STRIDEにバッテリー挿入

18650バッテリー(別売り)を使用してください。バッテリーを「プラス側」から挿入したら再度カバーを取り付けます。

ここね!ちょっと閉めにくいです。

なのでバッテリーカバーをグッと押し込みながらスライドさせ、閉めてください。

 

CKS STRIDE VR-80 MODの操作方法

CKS STRIDEディスプレイ(般若)

パフボタンを「5クリック」で電源ON/OFF

電源をONにすとなぜか、般若が現れます・・・こんにちは。

液晶自体は見やすいですよ!キレイに表示されています。

CKS STRIDE各種設定画面

電源ON後にパフボタン「3クリック」でメニュー画面

ちょっと面白いのが、自分でディスプレイの配色を設定することができます。

同じ液晶表示に飽きてしまったら、配色を変更しても面白いですよ!

ここまでするなら、画像もダウンロードできればよかったのに。と思っちゃいますが。なぜ般若なのか(笑)

CKS STRIDEモード画面

先ほどのメニュー画面で「Work Mode」を決定すると、モードの設定画面になります。

プラスボタンやマイナスボタンで移動させ、お好みのモードで使用してください。基本ぼくはパワーモードばかり使っていますが。

CKS STRIDEディスプレイ(モード)

こちらはパワーモードになりますが、面白いことにパフ回数やパフ時間をカウントします。必要なのか?これっ??

今日は絶対に新記録を更新するぞ!!と意気込む方には必要かもしれません。

こんな面白い機能もありますよ(笑)

 

CKS STRIDE VR-80 MODにアトマイザーを合わせてみた

 

CKS STRIDE VR-80 MODを使った感想

基本的にパフボタンを押しながら吸引するだけなので、使いやすいです。斜面のパフボタンも、思ったより押しやすい。

艶々ボディで見た目がキレイ、本体側面は曲線を描くように丸みを持っていますので、持ちやすいですよ!

しかしながら、けっこう派手なMODなので、アトマイザーが浮いちゃうかもしれませんが、目をつぶっておきます。

バッテリーを挿入する時に、カバーが閉めずらい。そこだけがネックかな。

ディスプレイカラーの配色を決めれる。

飽きてもカラー変更することで、また違った魅力を感じることができます。

在庫があるうちに、買ってよかったMODです。

 

まとめ

スリムタイプMODって「Armour Pro」しか使わなかったですが、これからは CKS STRIDE VR-80 も使っていこうと思います。

だってカッコいいから!

でもね!立ち上がりは完全にArmour Proのほうがハヤいですよ(笑)こればかりは仕方ないですが。

見た目がよくて、持ちやすいMOD「CKS STRIDE VR-80」気になる方は試してみてくださいね!

では、また。

 

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.