glo(グロー)シリーズ2 ミニ『レッド』をレビュー!キレイだっ

グローミニ(レッド)と新フレーバー

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「glo series 2 mini red(グローシリーズ2ミニレッド)」のレビューです。

3月21日より全国販売されてた、噂のちっちゃなグローです。

ファミリーマート限定だった「グロー・ミニ・ブルー」のレッドバージョン。

まぁ、通常グローと比べ吸引可能本数が減少していますが、本体デザインはマジでキレイです。

さっそくレビューします。

▼グロー関連の記事

 

デバイスカラーがマジでキレイ!!グロー・ミニ・レッド

グローミニ(レッド)パッケージ▲左:ミニ・レッド 右:ミニ・ブルー

こちらがパッケージです。

パッケージデザインは、ファミマ限定だった「ミニ・ブルー」と同じです。

ただ包装フィルムを剥がすとパッケージ中央(デザイン)がブラックになります。

グローミニ(レッド)パッケージにシール

ミニ・レッドは包装フィルムがシールみたいになっています。

グローミニ(レッド)シールフィルム

フィルムから剥がしてパッケージに貼ったりするのかな?

グローミニ(レッド)シールを貼る

とりあえず貼ってみました。

グローミニ(レッド)パッケージにシールを貼ってみた

パッケージにシールを貼るとこんな感じです。

包装フィルムを気にせず剥がしたら凸凹になっちゃいました。

キレイに貼りたい方は、包装フィルムを慎重に剥がしてください。

発売日/価格など

発売日:2019年3月21日(木曜日)より発売開始

価格:3,980円(税込)

カラー:「レッド」と「バイオレット」の2色

※バイオレットは一部店舗で発売。3月21日以降グローストア、4月18日以降グローオンラインストアで発売予定。

グローミニ(レッド)開封

開封するとこんな感じ。めっちゃキレイ。

付属品は同じです。

付属品

グローミニ(レッド)の付属品

glo Series2 mini(ブルー)本体
USBケーブル
ACアダプター
クリーニングブラシ
ユーザーガイド・保証書

※コンビニで購入された方は、必ずレシートを保管しましょう。保証書に使用するので無くさないように!

 

glo series 2 mini redの詳細

グローミニ(レッド)本体

こちらが本体です。

たぶん、glo Series2(レッド)の小型版かな。カラーもそのままのような感じ。

でもキレイですね。なんか可愛いし。

グローのカラーデザインは、加熱式たばこの中で一番だと思う。

そう思うのは、僕だけかな?

グローミニ(レッド)本体裏▲本体裏

グローミニ(レッド)モデル番号▲モデル番号「G101

グローミニ(レッド)スライドカバー▲スライドカバー

グローミニ(レッド)スティック挿入口▲スティック挿入口

グローミニ(レッド)本体底部▲クリーニング用フラップと充電用ポート

グローミニ(レッド)とブルー▲左:ミニ・レッド 右:ミニ・ブルー 

グローミニ(レッド)で吸ってみた

デバイスカラーはキレイな仕上がりです。

あと、グロー・ミニのデメリット「吸引可能本数(約15本)」は、使っていれば慣れてきます。

僕は、吸引可能本数(約10本)のプルーム・エスをメインで使用しています。

グロー・ミニより吸引可能本数が少ないけど、最近では気にならないかな。

まぁ、外出時には、モバイルバッテリーは必要ですが。

なので、コンパクトタイプが好きな人は、グロー・ミニを使われてもいいと思いますよ。

▼プルーム・エス関連の記事

 

まとめ

スペックはさておき、カラーデザインはピカイチです。

glo Series2(レッド)と比べ、ミニ・レッドは小型なので、ちょっとした可愛さを感じます。

人気が出そうな感じですが、どうでしょうか?

価格は3,980円(税込み)

全国のコンビニエンスストアなどで、購入できるようになりました。

気になる方は「グロー・シリーズ2・ミニ・レッド」を試してみてください。

では、また。

 




×