glo(グロー)新フレーバー『エックスレンジ』2種類をレビュー!ジェットフィルターで吸いごたえアップ

エックスレンジシリーズ(スティック2種類)パッケージ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は、glo(グロー)新フレーバー「リッチ・タバコ・エックス」と「ミント・ブースト・エックス」のレビューです。

2019年3月18日より全国販売された、新ネオスティックになります。

今までのネオスティックシリーズとは違い、新シリーズ「エックスレンジ」として登場。

特徴として「エックスレンジ」は、素材を強化したジェットフィルターを搭載することで、より紙巻に近い吸い心地を実現したようです。

ネオスティック(通常版)よりも満足感が高くなっています。

さっそくレビューします。

 

新シリーズ「エックスレンジ」ネオスティックの吸いごたえアップ

▼リッチ・タバコ・エックスエックスレンジシリーズ リッチタバコ

▼ミント・ブースト・エックスエックスレンジシリーズ ミントブースト

こちらがパッケージです。

・ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス(レギュラータイプ)

・ケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス(メンソールタイプ)となります。

エックスレンジシリーズ(スティック2種類)パッケージのプリント

インパクト「旨みのレギュラー(リッチ・タバコ・エックス)」・「ミントカプセル(ミント・ブースト・エックス)」とプリントされてる。

このパッケージデザインなら一目でわかりますね。

発売日や価格

発売日:2019年3月18日(月)より順次全国発売

価格:460円(20本入り)

まだ販売されていない地域もあるようです。

店舗の入荷日や販売日によってバラつきがあるので確認してください。

▼リッチ・タバコ開封エックスレンジシリーズ リッチタバコを開封

▼ミント・ブースト開封エックスレンジシリーズ ミントブーストを開封

開封するとこんな感じです。

フィルターが確かに変わってる(笑)

エックスレンジシリーズ フィルター▲左:neoフィルター 右:ジェットフィルター

紙巻きの技術を応用したチューブフィルターにアップグレードすることで、より紙巻に近い吸い心地を実現させたみたいです。

このフィルター neo(ネオ)みたいな感じですね。

neoシリーズはかなり吸いごたえがあるので、ちょっと期待しちゃいます。

エックスレンジシリーズ(スティック2種類)

それでは、今から新フレーバーを吸ってみます。せっかくなのでgloミニ ブルーを使って。

グローミニ

ちなみにグローミニ(レッド)も全国販売されています。

リッチ・タバコ・エックス(レギュラータイプ)を吸ってみます

リッチタバコエックスを吸ってみた

あっ!キック感が凄い(笑)確かにアップしてる。

味はレギュラーって感じの深い味です。

タバコ感があるので、レギュラー派にはおすすめかな。

ただ弱いタバコを吸っていた方は強く感じるかもしれません。僕がそうなので(汗)

それだけ紙巻きタバコの味に近くなり、吸いごたえもアップ。かなり満足します。

ミント・ブースト・エックス(メンソールタイプ)を吸ってみます

ミントブーストエックスを吸ってみた

まずはカプセルを潰さないで吸ってみます。

うん、軽いミントって感じ。ミント感もタバコ感も弱いですね。

キック感も弱いから満足感が・・・。この手のタイプは、カプセルを潰さないと物足りないです。

カプセルを潰して・・・っ!!

口の中にミント感がめっちゃ広がります。ただタバコ感、どこ?って感じです。

清涼感は凄いんですが、ミント感が増しただけですね。もうフリスクでいいじゃんって。

ひと言で「ネオスティック(通常版)ミント・ブースト」と同じ味です。

ミント・ブースト(通常版)の味が好きならアリですね。

 

まとめ

新シリーズ「エックスレンジ」は、ネオスティック(通常版)と比べ吸いごたえがアップしています。

特に「リッチ・タバコ・エックス」は紙巻きたばこに近い味になり、満足感が増してます。

レギュラー派は一度試してみてもいいかもしれません。

ちょっと残念だったのが「ミント・ブースト・エックス」ですね。

ミント・ブースト(通常版)と比べ味やミント感が多少変わった感じがする。その程度でした。

あと、4月中旬以降には、KENTネオスティック10銘柄のうち8銘柄でフィルターアップグレードを実施するようです。

では、また。

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)