【Eleaf】Pico Compaqをレビュー|人気ピコがPOD型デバイスになった

PICO COMPAQアイキャッチ画像

こんにちは、スッキーです。

Eleafの大人気商品『PICOシリーズ』から新作デバイスが登場!

PICO COMPAQ(ピコ・コンパック)のレビューです。

あの人気デバイスがついにPOD型デバイスになりました。これも時代の流れかな?

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

Eleaf Pico Compaq レビュー

PICO COMPAQ本体とパッケージ

Eleaf(イーリーフ)の定番デバイスといえば、やっぱり「PICO」ですよね。

男女問わず人気だと思う。

PICOシリーズ初のPOD型デバイス「COMPAQ」は、18650バッテリー対応モデルで最大出力60W。コイルはGTL(0.4Ω)を採用し、PODカートリッジは3.8mlほど入ります。

また、吸い口を保護するカバーキャップが付いており、衛生的に持ち運ぶことができるため、使い手のことを考えて作られたPOD型デバイスじゃないかな。

それでは、見ていきましょう!

 

COMPAQ 6色のカラバリ

  • Gradient Purple
  • Gradient Grey
  • Carbon Silver
  • Gold Ripple
  • Carbon Black
  • Dazzling Marble

詳しくは→PICO COMPAQ(単品)

※時期により内容が異なる場合がございます。詳細はベプログショップにてご確認下さいませ。

 

パッケージ

PICO COMPAQパッケージ

白を基調としたEleafらしいパッケージデザインです。

 

付属品

PICO COMPAQ付属品

  • Pico COMPAQ 本体
  • PODカートリッジ(3.8ml)
  • GTL 0.4Ωコイル
  • Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ89×53.5×31.5mm
重量120g
バッテリー18650(シングル)
リキッド容量2ml / 3.8ml
充電用ポートUSB Type-C(急速充電対応)
コイルGTL メッシュコイル(0.4Ω)
出力範囲1 - 60W
抵抗値範囲0.1 - 3.0Ω
保護機能・過充電保護
・過放電保護
・過電流保護
・10秒カットオフ
・短絡保護
・逆極性保護

 

外観

PICO COMPAQ本体

鏡面仕上げのような光沢感のある本体です。

洗練されたシンプルなデザインで美しいと思います。

PICO COMPAQ側面

POD型になっても一瞬でPICOだとわかるのは流石。シンプルで可愛らしいデザインは受け継がれていますね。

PICO COMPAQ各ボタン

側面には「パフボタン、液晶ディスプレイ、コントロールボタン、充電用ポート」を搭載。ひとまとめになっているので操作しやすいです。

パフボタン上に開いているホールからエアーを取り込む感じですね。

PICO COMPAQ充電用ポート

充電する際は付属のUSBタイプCケーブルを接続して充電してください。

PICO COMPAQバッテリーカバー

PICOシリーズでお馴染みのバッテリーキャップは少し角ばったデザイン。ネジ式ではなく、ロック式になっていました。

COMPAQを使用するには18650バッテリー1本が必要になります。

PICO COMPAQバッテリー挿入

18650バッテリーは「+側」から挿入してください。

PICO COMPAQ底面

底部には無数のベントホールが開いていました。

ベントホールは、バッテリーからガスが発生した場合にガスを逃がす役目があります。

PICO COMPAQ液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイには「バッテリー残量、抵抗値、パフカウンター、ワッテージ」が表示されます。

ワッテージモードのみ搭載しているため、機能はシンプル。

PICO COMPAQサイズ比較

手に持ってみると、重量感がありズシっと重さが伝わってきます。

PICOシリーズの中でもちょっと大きいですね。

PICO COMPAQキャップ

吸い口を保護するカバーキャップを取り付ければ、持ち運び時に便利だと思います。

 

PODカートリッジ

PICO COMPAQカートリッジ

本体とPODカートリッジはマグネット式。脱着をスムーズに行えます。

リキッド容量は3.8mlです。

PICO COMPAQマウスピース

マウスピースは取り外し不可。PODカートリッジと一体型構造です。

PICO COMPAQコイルとカートリッジ

コイルはGTLメッシュ(0.4Ω)。推奨ワッテージは20~30Wだそうです。

0.4Ωのメッシュコイルなのでリキッド消費スピードはハヤいかもしれませんね。

PICO COMPAQコイル取り付け

カートリッジとコイルはOリングで固定するハメ込みタイプです。

装着する際は底部からコイルを押し込んでください。

※中途半端に押し込むとリキッド漏れの原因になりますので、最後までしっかりと押し込んでくださいね。

PICO COMPAQリキッドチャージホール

シリコンキャップを外してからリキッドチャージします。

PICO COMPAQリキッドチャージ

最近ハマってる『CHOCOLATE MINT』を補充してみました。

ホールは大きいのでリキチャに関しては問題ないかと。

新品のコイルを使用する場合は、リキッドを注入してからしばらく放置しましょう。約5分~10分ほど。

 

使い方

PICO COMPAQを使ってみた

  • 電源オン/オフ:パフボタン5回クリック
  • 操作ロック:電源ON時に+・-ボタン同時長押し
  • 液晶反転:電源ON時にパフボタンと-ボタン同時長押し
  • パフリセット:電源ON時にパフボタンと+ボタン同時長押し

 

実際に使ってみた感想

PICO COMPAQキャップをした

20Wで吸ってみますね。

ドローは軽くスカスカでミスト量も多いです。ドロー調整機能は搭載されていませんので、MTL派には向いていないと思う。

GTコイルは良く味が出るから、味については申し分ありません。iJust AIOより美味しいと思います。

ずんぐりむっくりの本体がちょっと重たく感じるけど、バッテリー交換式の魅力は、バッテリーがダメになっても本体を使い続けれるメリットがありますよね。

まぁ、片手で操作できるし、手に馴染む感覚はさすがPICOだと思う。

サイズがどうこう言うよりも、とにかくこのデザインが好き。PICOシリーズを集めたい。そんな人に相応しいPOD型デバイスだと思います。

 

まとめ

PICOシリーズ初のPOD型「COMPAQ」は、馴染みやすいデザインで万人受けするデバイスだと思いました。

需要があれば、コイルのバリエーションも増えるだろうし、RBAユニットとか後出しで発売するかもしれません。

ただ、510スレッドアダプタなどを発売したら、見た目からしてテクニカルMOD(PICO)になっちゃいますが(笑

みんな大好きPICOシリーズ!気になる方はチェックしてくださいね。

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)