【プルーム・エス】11種類のたばこスティックを吸ってみた感想!フレーバーの気になる味レビュー

プルームエス(キャメル)新フレーバー

こんにちは、スッキーです。

プルーム・エスの専用たばこスティック「全11種類」を吸ってみました!

この専用フレーバーは、紙巻きたばこに近い味わいで、高温加熱型の中では一番味が良いと評判です。

実際に吸ってみたけど、確かに紙巻きたばこに近い風味で美味しく吸えました。

プルームエスは、吸いごたえというより、フレーバーの香りを楽しめる製品だと思います。

それでは、気になる味わいについて、レビューしていきます。

 

【プルーム・エス】11種類のたばこスティックレビュー|味が良いと評判

プルーム・エス 専用たばこスティック3銘柄

プルーム・エスの専用たばこスティックは『11種類』発売しています。

  1. レギュラーテイスト
  2. メンソール
  3. メンソール・クールエフェクト
  4. メンソール・パープル
  5. キャメル・レギュラー
  6. キャメル・メンソール 
  7. キャメル・メンソール・レッド 
  8. キャメル・メンソール・イエロー
  9. キャメル・メンソール・パープル 
  10. キャメル・ブラック・ミント・メンソール 
  11. キャメル・メンソール・マスカット・グリーン NEW

発売当初は3種類のフレーバーラインナップでしたが、キャメルシリーズが新たに追加され、レギュラー系が2種類。

メンソール系が9種類と、現在は豊富なラインナップになっています。

メビウスキャメル
価格540円500円
内容物たばこスティック(20本入)たばこスティック(20本入)
種類4種類7種類

プルーム・エス 専用たばこスティックを各銘柄と比較

プルーム・エスの専用タバコは、とにかく箱がコンパクトです。

想像以上に小さかったので嬉しかった(笑

このサイズなら、持ち運びにはもってこいですね。携帯性抜群!

プルーム・エス 専用たばこスティックを紙巻きたばこと比較

紙巻きたばことサイズを比較してみたんですが、たばこスティックは紙巻きたばこのフィルターくらい。けっこう短いんですよ。

プルーム・エス 専用たばこスティックの中身

箱を開封してみましたが「比べてください、味の違い。」と記載されたカードが入っていました。

それでは、比べてみましょう。味の違いを(笑

発売されている、プルーム・エスのフレーバーを吸っていきます。

 

【メビウス】レギュラーテイスト

プルーム・エス 専用たばこスティック(レギュラー本体)

水色のパッケージデザインが『レギュラーテイスト』です。

味については、落ち着いて、ゆったりとした美味しさ。豊かなコクが広がる上質な味わいと表現されいます。

 

【レギュラーテイスト】実際に吸ってみた感想

プルーム・エスとレギュラースティック

加熱式タバコ特有の匂いが、かなり抑えられています。ここはポイント高い!

公式では「コクがある豊かな味」と表現していましたが、確かに奥深い味わいを楽しめるフレーバーだと思います。

紙巻きたばこのメビウスシリーズ(旧マイセン)の”1mg”を吸っているような感覚ですね。

吸いごたえは弱いけど、紙巻きたばこに近いレギュラー系の風味を堪能できるので、レギュラーユーザーの方に、ぜひ試していただきたい。

そんなフレーバーです。

 

【メビウス】メンソール

プルーム・エス 専用たばこスティック(メンソール本体)

黄緑色のパッケージデザインが『メンソール』です。

味については、口にした瞬間に訪れるシャープな清涼感。キレのある強烈なメンソールと表現されています。

 

【メンソール】実際に吸ってみた感想

プルーム・エスとメンソール(クール)

レギュラー系より「匂い」がキツくなりますが、それでも他の加熱式タバコに比べて匂いが抑えられています。

公式では「キレのある強烈なメンソール」と表現していましたが、すごく強烈というより、強めの清涼感という印象を受けました。

味については、いい意味でタバコ臭さがあるというか、口の中にタバコ感とメンソール感がバランス良く広がります。

紙巻きたばこ「メビウス・プレミアムメンソール(フローズン1mg)」を吸っていた僕にはドンピシャっ!

少しクセのあるメンソールですが、ハマる味わいでした。

 

【メビウス】メンソール(クールエフェクト)

プルーム・エス 専用たばこスティック(メンソール・クール本体)

緑色のパッケージデザインが『メンソール・クールエフェクト』です。

味については、後味まで続くクールな冷涼感。爽やかな冷涼メンソールと表現されています。

 

【メンソール(クールエフェクト)】実際に吸ってみた感想

プルーム・エスとメンソールスティック

そこまで気になりませんが、やっぱりメンソール系は匂いますね。

なんだかんだで「レギュラーテイスト」が一番匂わないかな。

クールエフェクトについては、メンソールというより、ミントに近いクリアな味わいでした。

個人的には、ちょうどいい清涼感で爽やかなフレーバーだと思います。

メンソールに比べて、吸いごたえは劣りますが、クセのない味わいで冷やっこい印象。清涼感が苦手な人はメンソールよりもコッチのほうがオススメです。

爽やかな清涼感とミントの甘味を感じられるフレーバーだと思いました。

 

【メビウス】メンソールパープル

プルームエス(メンソールパープル)パッケージ

紫色のパッケージデザインが『メンソールパープル』です。

味については、華やかな香りと広がる清涼感。ベリーフレーバーのメンソールと表現されています。

 

【メンソールパープル】実際に吸ってみた感想

プルームエス(メンソールパープル)とプルームエス

加熱式タバコ特有の香りというより、まんまベリーの香りですね。美味しそうな香りです。

味については、ハッキリとしたベリーの香りと程よい清涼感を味わえました。

メンソールに比べて、清涼感は弱めですね。

香りはガムっぽいけど、タバコ感もあるので悪くないと思います。

ベリーの香りが強いので、ベリー系が好きな人にはいいんじゃないかな。

強いて言うなら、香りが飛ぶのが早い印象を受けたので、もう少し持続してくれれば良かったと思います。

関連記事【NEWフレーバー】プルームエスのメンソールパープルを吸ってみた!

 

【キャメル】レギュラーとメンソール

プルームエス専用タバコに新たに仲間入りした「CAMEL(キャメル)」シリーズです。

価格は500円。※2020年11月現在

青色のラクダが『レギュラー』で、緑色のラクダが『メンソール』です。

 

【キャメル・レギュラー】実際に吸ってみた感想

豊潤な香りのたばこスティックです。

メビウスのレギュラーテイストよりも吸いごたえがあり、タバコっぽさを感じます。

口の中に残るタバコ感がたまりませんね。

このコク深い味わいが「ザ・レギュラー」って感じで、レギュラー系が好きな人は、コッチのほうが合ってるんじゃないかな。

レギュラーテイストの物足りなさを克服したフレーバーだと思う。

メビウスシリーズに比べて、キャメルシリーズは安いし、なんだか美味しい。

これなら、キャメルに移行する方もきっと多いはず。

 

【キャメル・メンソール】実際に吸ってみた感想

確かに強烈な清涼感!期待以上でした(笑

スースーとするメンソール感がたまりませんね。プルームエス史上最強メンソールだと思います。

メンソールの甘味と強めの清涼感が口の中に広がり、少し苦味が感じられます。

メビウスシリーズより、タバコ感が増したような?

とにかく清涼感が良いアクセントになって美味しいです。

メンソール好きは満足すること間違いなし。

こちらもメビウスシリーズの物足りなさを克服していますね。

関連記事【新銘柄2つ】プルームエスのキャメルを吸ってみた|この味ならイケる!【460円】

 

【キャメル】メンソールレッドとメンソールイエロー

プルームエス(キャメル)新フレーバー

7月2日より発売を開始したキャメルシリーズです。

赤色のラクダが『メンソールレッド』で、黄色のラクダが『メンソールイエロー』です。

  • キャメル・メンソール・レッド
  • キャメル・メンソール・イエロー

キャメル初のフルーツフレーバー「アップル」と「レモン」ですね。

プルームテックプラスにもアップルとレモンが加わりましたが、その高温バージョンみたいな感じかな。

とにかく、アップル系が大好きなので味に期待したいです。

さっそく、吸っていきますね!

 

【キャメル・メンソールレッド】実際に吸ってみた感想

プルームエス(キャメル)メンソールレッドを吸ってみた

新型プルームエス(テイストアクセル)で吸ってみます。

リンゴの風味と強めのメンソールが絶妙ですね。

プルームテックプラスのアップルフレーバーを高温で吸っている感覚。タバコ臭さも抑えられているので悪くない。普通に美味しいです。

アップルは、万人受けするフレーバーだと思いますよ。

しいていうなら、もう少しリンゴの甘みがあれば最高でした。

個人的に好きな味なので、キャメルメンソールと組み合わせて吸っていきたい。そんな感じかな。

 

【キャメル・メンソールイエロー】実際に吸ってみた感想

プルームエス(キャメル)メンソールイエローを吸ってみた

新型プルームエス(テイストアクセル)で吸ってみます。

レモンの風味と皮の苦味が再現されている感じかな。

アイコスやグローの柑橘系とは、また違った味わいですね。

芳香剤のような香りですが、好きな人は好きな味だと思います。

ちなみにシトラス系が苦手な僕でも吸えました。

それくらいガツンとこないので吸いやすいと思いますよ。

メンソール・イエローは、優しいレモンの風味とほどよいメンソールを体験できるフレーバーですね。

 

【キャメル】ブラックミントメンソールとメンソールパープル

プルームエス新フレーバーキャメル

8月17日より先行販売を開始したキャメルシリーズです。一般販売は9月1日から。

蛍光グリーンのラクダが『ブラックミントメンソール』で、紫色のラクダが『メンソールパープル』です。

  • キャメル・ブラック・ミント・メンソール
  • キャメル・メンソール・パープル

白を基調としていたパッケージデザインから一転。

濃い緑色で強調してくるブラックミントがすごく気になっていました。

パープルは想像つくんですが、ブラックミントの清涼感を早く体験してみたい。

そんなこんなで、さっそく吸っていきたいと思います。

 

【キャメル・ブラックミントメンソール】実際に吸ってみた感想

プルームエス ブラックミントを吸ってみた

ブラックミントには「ハーバルミント」が使われているようで、甘味のあるミントの香りを楽しめました。

清涼感は思ったより弱かったのが残念ですね。

確かに一口目は、ガツンとくる清涼感で「おっ?」となるけど、三口目くらいから清涼感が大人しくなります。

清涼感が弱まると、今度はハーバルミントの香りが強くなり、ミントの風味を楽しめるようになりました。

清涼感については「キャメル・メンソール」の圧勝だと思う。

個人的には、メビウスのクールエフェクトに近い味わいだと思いました。

 

【キャメル・メンソールパープル】実際に吸ってみた感想

プルームエス メンソールパープルを吸ってみた

あれっ?ブラックミントより清涼感が強いんだけど(笑

想像以上の清涼感を楽しめました。

味については、メビウスの「メンソールパープル」に比べて、清涼感が強くベリーの風味が弱い印象ですね。

  • メビウスパープル・・・清涼感が弱め。ベリー感が強め。
  • キャメルパープル・・・清涼感が強め。ベリー感が弱め。

なので、ベリー感を求めるならメビウス。清涼感を求めるならキャメル。こんな感じで好みに分かれるかもしれません。

個人的には、芳香剤のような強烈なベリーの香りがしないコッチのほうが好きな味でした。

関連記事プルームエス『CAMEL』ブラックミント&メンソールパープルを吸ってみた

 

【キャメル】メンソールマスカット・グリーン【追記】

キャメル マスカット・グリーン(パッケージ)

11月16日より先行販売を開始した「キャメル・マスカットグリーン」ですが、一般販売は11月27日となります。

  • キャメル・メンソールマスカット・グリーン

白を基調としたパッケージには、マスカットカラーのラクダがデザインされています。

濃厚なマスカットの甘味を楽しめるフレーバーだそうで、マスカットとメンソールは相性が良いとのこと。

さっそく、吸ってみたいと思います。

 

【キャメル・メンソールマスカット・グリーン】実際に吸ってみた感想

キャメル マスカット・グリーン(本体とパッケージ)

開封直後のマスカットの香りが強烈ですね。いい香りです。

実際に吸ってみた感想としては、香りほどマスカット感は強烈ではありません。

優しいマスカットって感じです。

マスカットのほのかな酸味と甘味の後にメンソールの爽快感を感じられます。

開封直後の香りに期待して吸ってみると「あれ?なんか違う」という印象ですが、マスカットの優しい風味を楽しみたいならアリだと思います。

 

たばこスティックの気になる「匂い」について

プルーム・エス 専用たばこスティック(吸引後)

プルームエスは「アイコス」や「グロー」に比べて、吸いごたえは劣りますね。

どちらかというと、加熱温度が「200℃」なので、吸いごたえを求めるというより、たばこスティックの風味を楽しむ。そんな製品だと私は思います。

むしろ、200℃加熱だからこそ、加熱式タバコ特有の「匂い」は抑えられてたんじゃないかな。

喫煙後のスティックは焦げてないし、吸い殻の匂いまで抑えられています。臭くないんですよね。

他社の加熱式タバコと比較しても「匂い」に関しては、頭一つ抜けてると思う。

 

プルーム・エスの専用たばこスティック【分解】

プルーム・エス 専用たばこスティックを分解

喫煙後のたばこスティックを分解してみました。

スティックの先にたばこ葉を詰めた感じですね。中間は空洞になっています。

意外とフィルターが短いんですよ。

たばこスティックは「フィルター、筒状ペーパー、たばこ葉」で構成されてる感じですね。

プルーム・エス スティックを分解(上から見た画像)

それと、アイコスのような加熱ブレードタイプではないので、たばこ葉付近が焦げていません。

おまけに匂いも抑えられていました。

ブレードタイプじゃないから、掃除もラクですよ。

プルーム・エス スティック未使用と吸引後を比較

左:喫煙後の吸い殻。右:未使用品。

どうですか?

喫煙後の吸い殻と未使用品を比べてみたけど、そこまで変化ありませんよね?

加熱温度「200℃」の「プルーム・エス」だからこそ、こんな感じになるんでしょう。

加熱式タバコ特有の匂いを抑えたことは素晴らしいと思います。

 

▼プルーム・エスのメリット・デメリット

プルーム・エス エスを1週間使って分かったメリット・デメリット
【プルームエス】実際に使ってわかった|メリット・デメリットについて徹底解説【まとめ】

続きを見る

 

【プルーム・エス】専用たばこスティック|まとめ

プルームエスの専用たばこスティック「全11種類」を吸ってみましたが、確かに紙巻きたばこに近い味わいでした。

メビウスのレギュラーテイストは、マジで紙巻きたばこ(メビウス)を喫煙している感覚だし、キャメルのレギュラーは、メビウスを超えたと思います。

吸いごたえというより、風味が良いんですよね。

あと、高温加熱型特有の匂いが抑えられているところがステキです。

この味わいなら、メビウスユーザーは違和感なく移行できるんじゃないかな?

では、また。

関連記事プルーム製品がお得に買える「のりかえ応援割」がスタート!最大2,500円引き

関連記事進化版『プルームエス』が期間限定2,980円!お得なセットも好評発売中

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)