【実機レビュー】プルームエス 2.0 を使ってみた感想|メンソール特化型の実力とは?

プルームエス2.0レビュー

こんにちは、スッキーです。

7月2日より発売されるJTの高温加熱型プルームエスのアップデート版!

PloomS 2.0(プルームエス2.0)のレビューです。

メンソールに特化したデバイス。どんな吸いごたえを味わえるのか楽しみですね!

さっそく、レビューします。

 

PloomS 2.0とは?

プルームエス2.0とパッケージ

PloomS 2.0は、7月2日より発売するJTの高温加熱型の加熱式タバコです。

従来品(プルームエス)に比べてメンソールの爽快感を強化。

加熱温度のピーク時間を長くする新システム(テイスト・アクセル)を搭載し、吸いごたえをアップさせた製品だそうです。

メンソールに特化した加熱式タバコは初ですね。どんなデバイスに仕上がっているのか?

さっそく、見ていきましょう。

 

パッケージ

プルームエス2.0(パッケージ)

黒を基調としたパッケージ。プルームエス2.0がデザインされています。

なんかオシャレになったような(笑

プルームエス2.0(パッケージ裏)

裏側には「テイスト・アクセル」搭載。60分の充電で約20本使用可能と記載されています。

プルームエス2.0(開封)

開封すると本体が登場。本体下に付属品が入っています。

 

付属品

プルームエス2.0(付属品)

  • プルームエス2.0 本体
  • USBタイプCケーブル
  • ACアダプター
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書

 

スペック

サイズ56x93x25mm
重量約106g
バッテリー容量1,880mAh(内蔵)
充電用ポートUSBタイプC(DC5V1.5A)
充電時間約90分 or 60分
使用環境5℃ - 35℃(充電/動作)
価格3,980円

 

外観

プルームエス2.0(本体)

パッと見では、従来品(プルームエス)とあまり変わりませんね。というか、違いがあるのか・・・。

ロゴも同じ?

ラバー素材を採用したマットな質感も健在だし。デザインは受け継がれています。

むしろ、違いがわからない(汗

プルームエス2.0(裏)

Model番号が「PS1」→「PS2」に変更されています。

PloomS 2.0の略だと思うけど、なんかプレステみたいですね。

プルームエス3.0になるとPS3になるのかな。

プルームエス2.0(側面)

最初に見たときボタン?って思いましたが違ったようです。

従来品の底部にあった「クリーニング蓋」が側面に移動しています。

プルームエス2.0(側面カバーをめくってみた)

このようにクリーニング蓋を開けてから、綿棒(市販)などで掃除してくださいとのこと。

クリーニングブラシがスターターキットから外されましたが、プルームシリーズは汚れにくいので掃除がラクです。

未だかつてブラシを使ったことがない。やっぱり必要なかったか(笑

プルームエス2.0(スライドカバー)

スライドカバー付近には、電源ボタンとLEDランプを搭載しています。

ボタンやランプの配置は従来品と同じ。

そこまで変更されていませんが、スライドカバーがブロンズカラーになりましたね。

プルームエス2.0(スライドカバー)

従来品と同様でカバーをスライドさせてからスティックを挿入します。

試しにたばこスティックを押し込んでみたんですが、従来品よりキツく感じました。

あそびがなくなったというか、ピッタリサイズになっています。

プルームエス2.0(スティック挿入口)

テイストアクセルを搭載したことで内部が変更された感じですね。

テイスト・アクセルとは?

たばこスティックへの加熱ピークを長くすることで、より力強い味わいを引き出す新加熱モード。

プルームエス2.0(USBタイプCポート)

底部には吸気孔とUSB Type-C ポートを搭載しています。

主流になっている端子を採用したので、従来品のmicroUSBケーブルは接続できません。

お間違えの無いように。

プルームエス2.0(ACアダプターとUSBタイプCケーブル)

Model番号を確認してみましたが、ACアダプターは従来品と同じだと思います。

 

PloomSと2.0の違い

見た目

プルームエス2.0(旧型と比較)

スライドカバーのカラーが変更されています。

プルームエス2.0(旧型と比較)

クリーニング蓋を移動。側面に配置したことでボタンみたいに見える。

プルームエス2.0(旧型と比較)

Model番号がPS2に変更。繋ぎ目みたいなデザインがなくなっています。

見た目はスッキリした感じですね。

プルームエス2.0(旧型と比較)

microUSBからUSB Type-Cに変更されました。

クリーニング蓋がなくなったから、底部が一番変わったんじゃないかな?

あと、吸気孔は塞がないようにしてくださいとの事です。

 

旧型と新型のスペックを比較

プルームエス(旧型)プルームエス2.0(新型)
加熱モード1種類2種類(テイストアクセル追加)
加熱時間40秒30秒
喫煙可能本数約10本約20本
喫煙時間3分30秒 or 14パフ4分30秒 or 14パフ
充電時間90分60分 or 90分
充電用ポートmicroUSBUSBタイプC
価格1,480円3,980円

喫煙可能本数が2倍になりました。

喫煙時間も長くなったことで、各社から発売されている加熱式タバコ(高温加熱型)と肩を並べる製品に生まれ変わりましたね。

加熱モードも「テイスト・アクセル」と「通常モード」を選択できるようになっています。

 

3色のカラバリ

プルームエス2.0(3色のカラバリ)

カラバリは「ブラック、アイス・シルバー、ホワイト」の3色が用意されています。

アイス・シルバーは数量限定

限定カラーだけど、すぐに売り切れることはないと思います。

プルームエス2.0(アイス・シルバー)

画像だとわかりにくいですが、キラキラするメタリックシルバーでした。

見た目は、従来品の宝石カラー(限定)のシルバーって感じですね。

 

参考【数量限定】プルームエス3種類のNEWカラー|宝石のように輝くデバイス

 

プルームエス2.0(アイスシルバーとブラック)

アイス・シルバーのスライドカバー付近はブラックになっています。

 

使い方(操作方法)

プルームエス2.0(LEDランプ)

カバーをスライドさせて「電源ON」にするとモードの「LEDランプ」が点灯します。

  • モード変更:電源ON時に電源ボタン3回クリック

※テイストアクセルモード()、通常モード()各LEDランプ点灯。振動アリ。

プルームエス2.0(たばこスティック挿入)

たばこスティックを底にあたるまでゆっくりと押し込みます。

プルームエス2.0(電源ボタン長押し)

電源ボタンを2秒以上長押しします。※振動アリ。

LEDランプが点滅しながら約30秒で加熱完了。喫煙開始です。

プルームエス2.0(メンソール感が増した)

喫煙時間は「4分30秒or14パフ」。

残り30秒(残り2パフ)になると振動アリ。加熱終了のタイミングをお知らせしてくれます。

プルームエス2.0(喫煙後)

たばこスティックを取り出し、喫煙終了。以上です。

 

実際に使ってみた感想

プルームエス2.0でキャメルメンソールを吸ってみた

NEW加熱モード「テイストアクセル」で吸ってみます。

メンソール特化型になったことで、メンソール感が増したような。確かに吸いごたえがアップしていますね。

同じ銘柄を吸い比べてみたけど、従来品で吸うよりスースーするんですよ。

メンソール感が増したからキック感も強くなったし、かなり吸いごたえが向上したと思います。

それに、テイストアクセルだと、匂いも抑えられているような?勘違いかな(汗

とにかく、喉にガツンとくるメンソールの刺激がたまりません。

あと、たばこスティックの個体差かもしれませんが、テイストアクセルだと、残り2パフくらいで味がなくなる感じでした。

通常モードのほうがたばこスティックの味の持続性がいいと思う。

プルームエス2.0は、吸いごたえが向上したこともうれしいけど、個人的には約20本使用できるようになったことが、めちゃくちゃうれしい!

充電時間がハヤくなったし、20本使用できれば外に持ち出して楽しめますね。

従来品のデメリットが改善されたと思いますよ。

 

まとめ

プルームエス2.0でキャメル・メンソールを吸ってみたけど、確かに爽快感が増していました。

メンソールの刺激がアップしたことで吸いごたえが向上。メンソールユーザーにはもってこいのデバイスじゃないかな。

従来品の喫味が良ければ「通常モード」を選択すればいいし、メンソールの刺激を楽しみたいなら「テイスト・アクセル」を選択すればいい。加熱モードが切り替えれるから便利ですね。

あと、喫煙可能本数「10本」と「20本」の差は大きいと思います。

従来品のデメリットが改善されて、個人的にかなり気に入りました!

7月2日より一般販売開始。

従来品より値段が高いですが、プルームエス2.0の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

では、また。

関連記事プルーム・エス!全8種類のたばこスティックを吸ってみた感想!気になる味をレビュー

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)