【SMOANT】KNIGHT 80 レビュー|ゴツくてパワフルなPOD型デバイス

KNIGHT80

こんにちは、スッキーです。

Pasitoでお馴染みのSmoant社から新作PODが登場!

Smoant Knight80(スモアント ナイト 80)のレビューです。

多彩なモードを搭載し、18650バッテリーにも対応したPOD型デバイス。

別売りのアダプタを使用することで、Pasitoのコイルも使えるようです。

さっそく、レビューします。

商品提供:healthcabin

Smoant Knight 80 レビュー

SMOANT KNIGHT80 本体とパッケージ

Smoant社といえば、RBAに対応したPOD型デバイス(Pasito)を初めて世に送り出したメーカーです。

洗練されたデザインのコンパクトなPOD型は、発売と同時にすぐに人気が出ましたね。

おまけにRBAに対応していることもあって大ブームを巻き起こしました。

そんなPasitoの後継機ともいえる「Knight 80」は、18650バッテリーが交換できるPOD型デバイスです。

最大出力は80W。多彩なモードを完備しています。

  • VWモード
  • TCモード
  • TCRモード
  • カーブモード
  • バイパスモード

Pasitoに比べて大幅にアップデートされいる感じですね。

カーブモードについては、かなり細かく設定できます。

それでは、見ていきましょう。

 

パッケージ

KNIGHT80 パッケージ

選んだカラバリがデザインされているパッケージです。

思いのほか大きな箱でした。

KNIGHT80 パッケージ開封

パカっと開けるとユーザーマニュアルが登場。その下に本体などが入っています。

 

付属品

KNIGHT80 付属品

KNIGHT80 ユーザーマニュアル

  • KNIGHT80 本体
  • 0.3Ω メッシュコイル
  • 0.4Ω デュアルメッシュコイル
  • USB Type-C ケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ90×45×27mm
バッテリー18650バッテリー1本(別売り)
リキッド容量4ml
コイル0.3Ωメッシュコイル
0.4Ωデュアルメッシュコイル
出力モードVW/TC(Ni/Ti/SS316)
TCR/Curve/Bypass
抵抗範囲温度管理:100〜300℃(200〜600°F)
抵抗値:0.1Ω〜3Ω(TC 0.1〜2.0Ω)
充電用ポートUSB Type-C

 

外観

KNIGHT80 コントロールボタン

カラフルなパネルデザインで魅了するPOD型デバイスです。

Smoantのロゴ付近には、液晶ディスプレイとコントロールボタンを搭載。

KNIGHT80 本体

反対側には「ANT-CHIP」と記載されています。

このチップは、PasitoやKnight80用のコイルを装着した際に自動で出力を調整してくれるチップだそうです。

Pasitoのコイルを使用する場合は「Pasito用アダプタ(別売り)」を購入することで使用可能になります。

KNIGHT80 パフボタン

側面にはパフボタンを搭載。

18650バッテリー収納タイプということもあり、本体が分厚いですね。

手に持ってみたら「デカ」って思いました。

KNIGHT80 USBタイプCケーブル

充電用ポートは「USBタイプC」を搭載しています。

KNIGHT80 本体底部のベントホール

底部には無数のベントホールが開いています。

矢印部分の凹みからパネルを外します。

KNIGHT80 バッテリー収納部

本体とパネルはマグネット式です。

KNIGHT80 18650バッテリー収納

プラス側の端子がバネになっているので、18650バッテリーをプラス側から挿入してください。

KNIGHT80 大きさ比較

サイズはこんな感じ。

この状態でQ-ULTRAと比較しても「デカ」って感じませんが、厚みを比較すると大分印象が変わるんですよ。

KNIGHT80 厚い

大げさに言えば、厚みが2倍。18650バッテリー収納タイプだから、大きくなるのはわかるけど、かなり分厚く感じます。

 

PODカートリッジ

KNIGHT80 本体とPODカートリッジ脱着

本体とPODカートリッジはマグネット式です。

PODカートリッジを摘まんで引っ張れば簡単に脱着できました。

KNIGHT80 本体とPODカートリッジ

食品グレードのPCTG素材を採用したPODカートリッジ。容量は4mlです。

PODカートリッジも大容量タイプですね。

KNIGHT80 エアフロー

PODカートリッジには2つのエアホールが開いています。

AFCパーツにもエアホールが開いていますが、少し特殊でAFCパーツ自体を回してエアフロー調整を行う感じでした。

重く絞れないので「MTL」というより「DL」向けの製品だと思います。

KNIGHT80 510規格のドリップチップ装着可能

AFCパーツとドリップチップは脱着可能です。

KNIGHT80 ドリップチップ

510規格に対応しているので、好みのドリップチップと付け替えることが可能。ドリップチップを交換できるのはうれしいな。

 

コイル

KNIGHT80 コイルを取り外した

コイルはOリングで固定されているだけのはめ込みタイプ。摘まんで引っこ抜けば簡単に脱着できます。

KNIGHT80 コイルの脱着方法

コイルとベースパーツ(金色)はネジ式です。

コイルを交換するには、ベースパーツに新品のコイルを装着してくださいね。

Pasitoのコイルを使用したい場合は、このベースパーツをPasito用に交換してください。

KNIGHT80 付属のメッシュコイル

KNIGHT80 コイル

0.3Ωメッシュコイル(K-1)と0.4Ωデゥアルメッシュコイル(K-2)が付属しています。

  • K-1(0.3Ω)50~65W
  • K-2(0.4Ω)35~50W

パワフルなミストを楽しめそうな感じかな。

 

リキッドチャージ

KNIGHT80 PODカートリッジ

シリコンキャップをめくってリキッドチャージします。

KNIGHT80 リキッドチャージ

E-Lab Farmerを補充してみました。

KNIGHT80 PODカートリッジ装着

PODカートリッジを本体に装着する際は、矢印部分の凸凹の位置を確認してから装着してくださいね。

新品のコイルを使用される場合は、コットンにリキッドが浸透するまでしばらく放置させてください。約10分~20分くらい。

 

使い方

  • 電源ON/OFF→パフボタン5回クリック
  • モード変更→電源ON時にパフボタン3回クリック
  • 操作ロック→電源ON時に+/-ボタン同時押し

 

モード

KNIGHT80 モード

KNIGHT80 モード

パフボタンを3回クリックするとモード変更が可能です。

  • VWモード
  • TC(Ni/Ti/SS316)

KNIGHT80 モード

KNIGHT80 モード

  • Bypassモード
  • DVWモード

温度管理モードは「パフボタン」と「+ボタン」でワッテージ調整。

TCRは「パフボタン」と「-ボタン」でTCR値 調整。

DVW(カーブモード)は「パフボタン」と「+ボタン」長押しで秒数設定。「パフボタン」と「-ボタン」長押しでワット数設定。

 

実際に使ってみた感想

KNIGHT80を使ってみた

0.3Ωメッシュコイル(50W)で吸ってみます。

爆煙レベルのミスト量で申し分のない味。Pasitoより味が出ているんじゃないかな?

しかしまぁ、最近のPOD型デバイスは美味しく吸えますね。

高温で吸っても熱くないし、クリアロレベルの味わいを実現しています。

ドローについては、エアフローを絞ってみましたが、全閉でも軽いDLといった印象。少し抵抗あるけどMTLユーザーには物足りないと思う。

しばらく使ってみたけど、リキッド漏れもなく快適に使えました。

あと、別売りのRBAユニットを購入すれば、コイルを巻いて使用することも可能です。

寿命次第だけど、専用コイルは値段が少し高いので、コスパ的には良くないと思う。

自分で巻いたほうがコスパ良いので節約したい人は、RBAユニットを購入してくださいね。

個人的には、多彩なモードを搭載しているので選択の幅が広がるし、Pasitoのコイルも使えるから、Pasitoから乗り換えるのもアリだと思います。

持ち運びについては、苦労するかもしれませんが、本体が大きくても気にしない。そんな人にオススメのPOD型デバイスかな。

 

まとめ

味、性能ともにPasitoの上位機種といった感じですね。

18650バッテリー交換式だから、バッテリー寿命でつぶれる心配もありません。

スリムタイプで持ち運びやすさを求めるならPasito。パワフルでゴツさを求めるならKnight80といった印象です。

好みに分かれそうなサイズですが、多彩なモードやパワフルさを兼ね備えた製品だと思いました。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

Healthcabinで好評発売中!

関連記事【海外通販サイト】HealthCabin 購入方法|10%OFFクーポンあり

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)