VAPORESSO SWAG PX80 レビュー|手軽に爆煙!ミストが美味しいPOD MOD

VAPORESSO SWAG PX80

こんにちは、スッキーです。

VAPORESSOから新作PODが登場しました!

SWAG PX80(スワッグ ピーエックス80)VAPEスターターキットのレビューです。

バッテリーキャップを採用したSWAGシリーズがついにPOD型デバイスに!GTXコイルを採用したスタイリッシュなデザインとなっています。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

SWAG PX80(スワッグ ピーエックス80)の特徴

SWAG PX80 レビュー

SWAG PX80は汎用性の高いGTXコイルを採用した、爆煙タイプのPOD MODです。

18650バッテリー交換式で最大出力80W。POD型でありながら充実した機能を搭載しており、テクニカルMODのように使えるのが特徴です。

SWAGシリーズではお馴染みのバッテリーキャップを採用しているため、コンパクトなデザインは健在!

埋込式ディスプレイ(ステルスディスプレイ)を搭載し、必要な時だけ表示されるので見た目を損なわない魅力あふれるPOD型デバイスとなっています。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

SWAG PX80 付属品

  • SWAG PX80 本体
  • GTX 0.2Ωメッシュコイル
  • GTX 0.3Ωメッシュコイル
  • Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ  99.7×47.9×25.1mm
バッテリー 18650(シングル)
出力範囲 5-80W
コイル 0.2Ω(GTXメッシュコイル)
0.3Ω(GTXメッシュコイル)
リキッド容量 4.0ml
充電用ポート Type-C

 

VAPORESSO SWAG PX80 レビュー【POD MOD】

SWAG PX80 レザー調デザイン

SWAGシリーズがPOD型デバイスとして登場しましたが、シリーズに相応しいデザイン。

18650バッテリー交換式ですが、バッテリーキャップを採用しているので、全長が抑えられており、コンパクトなデバイスとなっています。

片面にレザーを採用しているので高級感を感じさせますね。

SWAG PX80 デザイン&ディスプレイ

反対側のパネルはカーボン調でスタイリッシュなデザインです。

この部分にディスプレイが埋め込まれていたので、電源を入れたときビックリしました。

SWAG PX80 パフボタンやコントロールボタン

本体側面にパフボタン、コントロールボタン、USBタイプCポートを搭載しています。

金属フレームはガンメタで色味を落ち着かせてくれる印象。

大きなパフボタンが使いやすかったです。

SWAG PX80 底面ベントフォール

底面には安全性に配慮したベントフォールが設けられています。

SWAG PX80 PODカートリッジ脱着

本体とPODカートリッジはマグネット式でスムーズに脱着できます。

SWAG PX80 バッテリーキャップ

バッテリーキャップはネジ式となっており、ローレット加工が施されています。

PX80は18650バッテリー1本を使用します。

+極側を本体に収納してください。

 

SWAG PX80のPODカートリッジは少し特殊です

SWAG PX80 PODカートリッジ

マウスピース一体型のPODカートリッジを採用しています。

リキッド容量は4.0ml。

上面に鍵マークがデザインされていますが「ロック」と「アンロック」機能が設けられており、リキッド漏れを防ぐ構造になっています。

SWAG PX80 PODカートリッジロック機能

アンロック状態でコイルを押し込むとマウスピースが飛び出します。

SWAG PX80 GTXコイル装着

ロック方向に回転させることで出っ張りがなくなり、コイル交換をスムーズに行える特徴があります。画期的で便利な機能だと思う。

この「ロック」と「アンロック」に連動して、タンク内に存在するコイルへリキッドを供給するための穴が、シャッターみたいに開閉するんですよ。

まぁでも、リキッド漏れを防ぐ構造になっているので、タンクを洗浄するのが少し面倒かな。リキッドをコロコロ変えて使用するのは厳しいかと。

SWAG PX80 GTXコイル

コイルはGTXシリーズが付属しています。

  • GTX 0.2Ω メッシュコイル(45~60W推奨)
  • GTX 0.3Ω メッシュコイル(32~45W推奨)

爆煙を楽しめる低抵抗なコイルとなっています。

SWAG PX80 PODカートリッジ エアホール

PODカートリッジ下部には長穴が設けられています。

SWAG PX80 PODMOD エアフロー

本体側の穴と合わせることでドローを調整できる仕様となっており、全開~全閉までの無段階調整可能です。

 

SWAG PX80のPODカートリッジにリキッドチャージ

SWAG PX80 リキッドチャージホール

PODカートリッジ底部にシリコンプラグがあります。

SWAG PX80 リキッドチャージ

シリコンプラグを外してからリキッドチャージしましょう。

 

SWAG PX80の使い方|操作方法

SWAG PX80 ディスプレイおしゃれ

電源を入れてはじめて気づくステルスディスプレイ。カラー表示となっており、どんな機能を使っているのか一目で確認できますね。

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  • メニュー:電源ON時に+/-ボタン同時長押し
  • ロック:電源ON時にパフボタン3回クリック

モードはVW・VV・smartモードを搭載。ちなみにsmartモードは自動的にワッテージを変更してくれる機能です。

メニューには「7日間パフ数記録・出荷状態にリセット・液晶カラー切替」などがありました。

 

SWAG PX80を実際に使ってみた感想|手軽に爆煙を楽しめて美味しい

SWAG PX80 使ってみた感想

最初はディスプレイがどこにあるかわからなかったけど、表示されたときはちょっと驚きます。パネル内部に搭載する発想は新たらしいと思う。

18650バッテリー交換式PODの中ではコンパクトな部類だと思いますし、SWAGシリーズのデザインを継承していますので、見た目は悪くない。

本体と合わせて調整するエアフロー自体もスムーズでした。

低抵抗GTXコイルなのでミストも本格派、手軽に美味しい爆煙を楽しめると思います。

テクニカルMODに比べて機能はシンプルですが、POD型デバイスだと考えれば十分だし、smartモードを使用すれば、自分で調整する必要がないので便利ですよね。

手軽に爆煙を楽しめる、使い勝手の良いPOD型デバイスだと思いました。

 

まとめ

SWAGシリーズがPOD型デバイスとして登場したけど、ステルスディスプレイを採用していたりと見た目が好きなら買って損はないと思います。

バッテリー交換式で長く愛用できるし、GTXコイルも比較的安いしね。

手軽に爆煙を楽しみたい方におすすめです。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

関連記事【VAPORESSO】SWAG2 MOD レビュー|高機能・コンパクト・おまけに軽い

 




×