【Wotofo】MANIK POD 80W レビュー|ブレない爆煙スタイル好きです

Wotofo MANIK POD

こんにちは、スッキーです。

Wotofoから初のPOD型デバイス登場!

MANIK POD(マニック)のレビューです。

Wotofoといえば、アトマイザーで人気を誇るブランドですよね。

そんなWotofoが、ついにPOD型デバイスを発売されたわけですが、Wotofoユーザーの期待を裏切らない爆煙仕様になっていました。

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

【爆煙】MANIK POD 80W レビュー

Wotofo MANIK POD(パッケージ)

MANIK PODは、18650バッテリー1本を使用する、バッテリー交換式のPOD型デバイスです。

Profileシリーズで定評のあるコイルを採用し、最大出力80Wの爆煙仕様。

姿形は変われども爆煙を楽しめる製品であることは間違いありませんね。

コイルを交換するだけで手軽に使える点も魅力だと思う。

ちなみに、RBAユニットも発売するそうなので、リビルドも可能です。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

Wotofo MANIK POD(付属品)

  • Wotofo MANIK 本体
  • D14、D15 メッシュコイル(0.2Ω)
  • microUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 126×33×27mm
重量 115g
リキッド容量 4.5ml
バッテリー容量 18650バッテリー(1本)
充電用ポート microUSB
コイル D14、D15メッシュコイル
最大出力 5-80 W
モード POWER(VW)
エアフロー トップエアフロー
特徴 ・低電圧警告
・短絡保護
・低抵抗保護
・過熱保護
・PCBA温度安全シャットオフ

 

外観

Wotofo MANIK POD(本体)

液晶ディスプレイ側に「パフボタン、コントロールボタン、充電用ポート」を搭載。18650バッテリー交換式のわりにコンパクトなデバイスだと思います。

Wotofo MANIK POD(側面)

新開発されたnexチップを搭載しており、立ち上がりのハヤさがウリだそうです。

Wotofo MANIK POD(マウスピース)

PODカートリッジ一体型のマウスピースを採用しています。

Wotofo MANIK POD(革)

大きなMANIKロゴ。

グリップのレザーとステッチが良い味出していますね。

ナノコーティングされたグリップは「耐摩耗性、防食性」にも優れているんだとか。

Wotofo MANIK POD(ロゴ)

側面下にはWotofoのロゴ。フレームはクロームメッキのような感じです。

Wotofo MANIK POD(底部)

底面にバッテリーカバーを搭載。

矢印方向にスライドさせれば、バッテリー挿入口が登場します。

Wotofo MANIK POD(バッテリー挿入口)

MANIKは18650バッテリー1本を使用します。

バッテリーカバーには「-(マイナス)」とデザインされているので、収納方向が一目でわかりますね。

Wotofo MANIK POD(バッテリー挿入)

+側を本体内部に収納してください。

Wotofo MANIK POD(充電用ポート)

コントロールボタン下にmicroUSB端子を搭載。

本体充電も可能ですが、バッテリーチャージャーがあれば便利です。

 

PODカートリッジ

Wotofo MANIK POD(エアホール)

Wotofo MANIK POD(カートリッジ取り外し)

本体とPODカートリッジはハメ込み式になっています。

イボイボのグリップを押し込みながら外していきますが、割とカタいんですよ。

しっかりとハマっている証拠なんですけどね。

ちなみに、エアフローホールは固定のため、調整不可になっています。

Wotofo MANIK(PODカートリッジ)

リキッド容量は4.5ml。コイル交換式を採用。

大容量タイプですが、爆煙仕様だからリキチャ回数は多くなるかと。

Wotofo MANIK POD(コイル)

Wotofo MANIK POD(コイル内部)

コイルはOリングで固定されるハメ込みタイプを採用しています。

購入時から装着されているコイルと付属品のコイルは共に0.2Ω。

  • D14:A1 メッシュコイル 0.2Ω(35-40W)※装着済み
  • D15:Clapton メッシュコイル 0.2Ω(45-55W)

Profileシリーズで定評のあるコイルだそうです。

他にも「D11」や「D13」というコイルを使用できるようですが、全て0.2Ωでした。

Wotofo MANIK POD(コイル装着)

Oリング固定式の場合、中途半端にコイルを装着するとリキッド漏れの原因になります。

コイルを装着する際は、最後までしっかりと押し込むようにしてくださいね。

Wotofo MANIK POD(チャージホール)

リキッドチャージはトップフィル式を採用しています。

Wotofo MANIK POD(リキッドチャージ)

ただ、ユニコーンボトルのノズルが入らないのでちょっと面倒でした。

Wotofo MANIK POD

新品のコイルを使用する場合はリキッドを補充してからしばらく放置しましょう。

 

使い方

Wotofo MANIK POD(ロゴ)

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック

Wotofo MANIK POD(ディスプレイ)

  • 操作ロック:パフボタン3回クリック
  • 出力ロック:+/-ボタン同時押し
  • カラー変更:パフボタンと+ボタン同時押し
  • パフカウントクリア:パフボタンと-ボタン同時押し

カラーは6パターンに変更できます。

 

実際に使ってみた感想

Wotofo MANIK POD(使ってみた)

クランプトンで吸ってみましたが、ご想像通りスカスカDLの爆煙仕様。ミスト量がとんでもないです。

いい味出してくれてますし、ガッツリ爆煙を楽しめますね。

バッテリー内蔵型に比べて大きく感じますが、バッテリー交換型のPOD型デバイスの中ではコンパクトな部類じゃないかな。スリムだし。

交換型の場合、内蔵型とは違いバッテリーによる不具合に悩まされる心配がありません。そこが魅力的だと思う。

まぁ、VWモードのみってところが人を選ぶかもしれませんが、機能性うんぬんよりもコイルで勝負しているかもしれませんね。

少し物足りない部分もありますが、手軽に爆煙を楽しみたいならアリだと思います。

 

まとめ

Wotofoから登場した『MANIK』は、爆煙を楽しむのに持ってこいの製品です。

複雑な機能も必要ないため、手軽に使えるデバイスでした。

POD型になってもブレない爆煙スタイルで魅了するWotofo初のPOD型デバイス。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

関連記事VAPORESSO TARGET PM80 レビュー|爆煙を楽しめるPOD型デバイス

関連記事SMOK RPM80 PRO レビュー|18650バッテリー交換式のPOD型デバイス

 




×