RTA Wotofo

【Wotofo】Profile Unity RTAをレビュー!メッシュコイルでビルドが簡単

投稿日:

Wotofo Profile Unity RTA アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

今日は「Wotofo(ウォトフォ)Profile Unity(プロファイルユニティー)RTA」のレビューです。

濃厚な味を楽しめる「Wotofo Profile RDA」のタンクバージョン。爆煙です。

メッシュコイルに対応した、クランプデッキが特徴のシングルビルドRTA。

独特な構造のクランプデッキは、メッシュコイルを曲げて固定するだけ。ビルドも簡単。

僕は、濃厚な味のProfile RDAが、お気に入りでした。

このRTAバージョンが発売してほしい。待ち望んでいたRTAがついに着弾です。

さっそくレビューします。

 

Wotofo Profile Unity RTA(ウォトフォプロファイルユニティー)

Wotofo Profile Unity RTA パッケージ

ちょっとオシャレなクリアパッケージには、ロゴがプリントされています。

中身がスケスケ (*´ω`*)

Wotofo Profile Unity RTA 開封

開封するとこんな感じ。

Profile Unity RTA 本体と交換用ガラスチューブが登場します。

付属品がこちら。

付属品

Wotofo Profile Unity RTA 付属品

PROFILE UNITY RTA 本体
ガラスチューブ( 5ml)
ガラスチューブ用アダプター(5ml)
スペアパーツ一式(Oリング、イモネジ)
メッシュコイル(0.13Ω)
コットン(Profile用 )6mm
コイルジグ
ユーザーマニュアル

スペック

直径25mm
高さ48.5mm(ドリチ含む)
リキッド容量3.5ml / 5ml
ドリップチップ810
スレッド510
リキッドチャージトップフィル式
エアフローサイドエアフロー
コイルメッシュコイル(0.13Ω)
推奨出力60~70W

 

Profile Unity RTAの詳細

Wotofo Profile Unity RTA 本体こちらが、Profile Unity RTA 本体です。直径25mm。

本体には「Profile 」のロゴ。Profile RDAはメッシュコイル採用製品としては、長いこと人気がありますね。

Profile Unity RTAも後の続くのか。

カラーは「ブラック/ゴールド/ステンレス/ブルー/レインボー/ガンメタ」6色。

今回はゴールドを購入しました。

Wotofo Profile Unity RTAとWotofo Profile RDAキラキラ輝くゴールド「Profile RDA」と比べ「Profile Unity RTA」は、マットゴールドのような仕上がり。

Wotofo Profile Unity RTA ポジティブピン

ポジティブピンは、ガッツリ出ています。

しかしメッシュコイルを使用する場合、抵抗値が激低なのでハイブリッドでの利用は控えましょう。

エアフロー

▼全開Wotofo Profile Unity RTA エアフロー(全開)

▼全閉Wotofo Profile Unity RTA エアフロー(全閉)

エアホールが5つ両側に設けられています。

エアフローリングを回して調整。リングはスムーズに回ります。

全開~全閉まで対応。決まった位置でリングが止まるようになっています。

分解

Wotofo Profile Unity RTA 分解

大まかに分解すると「デッキ、チャンバー、ガラスチューブ&トップキャップ、ドリップチップ」に分かれます。

ドリップチップ

Wotofo Profile Unity RTA ドリチ外した

ドリップチップは810ハーフインチサイズ。ゴールドは、キラキラのラメ入り。

Wotofo Profile Unity RTA ドリチ

Wotofo Profile Unity RTA ドリチ裏

肉厚ドリップチップは、Profile RDA(ドリチ)と似ていますが、Unity RTA(ドリチ)のほうが内径は小さいです。肉厚だから熱くなりにくい。

チャンバー

Wotofo Profile Unity RTA チャンバー内

ちょっとわかりにくいですが、チャンバー内はキレイなドーム型。

球体を押し込んだような感じ。マジでキレイなドーム型にビックリです。

チムニー

Wotofo Profile Unity RTA チューブ交換(スペーサー)

チムニーはネジ式になっています。

5mlガラスチューブを装着する場合、付属の5mlガラスチューブ用アダプタを取り付けてからガラスチューブを装着してください。延長パーツのような感じです。

Wotofo Profile Unity RTA スペーサー取り付け

5mlガラスチューブ用アダプタを取り付けるとこんな感じ。

Wotofo Profile Unity RTA 5mlチューブ装着

5mlガラスチューブを装着すると、全長も長くなります。

デッキ

Wotofo Profile Unity RTA デッキ

メッシュコイルを挟みやすいように、クランプが設置されています。

もちろん通常コイルを固定することも可能。

デッキ中央(白い樹脂パーツ)はスプリング式で上下に動きコットンをサポート。

メッシュコイルとコットンの隙間をなくす仕組み。

Wotofo Profile Unity RTA デッキ側面

両サイドには、クランプを調整するためのネジがあります。

プラスドライバーでネジを回してクランプを緩めて調整してください。

Wotofo Profile Unity RTA クランプデッキを開いた

クランプを緩めると、隙間ができます。

この隙間にコイル足やメッシュコイルを挟み込んで固定させます。

固定位置は、出っ張っていますので、無造作に置いても大丈夫。

 

ビルド

Wotofo Profile Unity RTA メッシュコイル

メッシュコイルビルドは、ちょー簡単です。

コイルジグに押し付けながらメッシュコイルを曲げるだけ。

ちなみに、PROFILE RDA用メッシュコイル(0.18Ω)が大量にあるのでそちらを使いたいと思います。

Wotofo Profile Unity RTA メッシュコイルビルド

曲げたメッシュコイルをクランプに固定します。

Wotofo Profile Unity RTA コイルの高さ

高さはこんな感じ。

Wotofo Profile Unity RTA ウィッキング

極厚の専用コットンをコイルの隙間から通します。

めっちゃボリューミーなコットンですが、白い樹脂製パーツを下に押しながらやるとスムーズに通せます。

Wotofo Profile Unity RTA コットンカット

ジュースホールがしっかり埋まるように、こんな感じでコットンを斜めにカット。

ウィッキングがちょっと独特です。

Wotofo Profile Unity RTA コットンを整えた

隙間ができるとイガりが発生するようです。専用コットンを使用すれば、コイルとコットンは隙間なく密着しますので安心。

 

吸ってみます

Wotofo Profile Unity RTAをVAPEに乗せた

付属のメッシュコイル(0.13Ω)は、推奨ワット数が60W~75Wです。

今回使用したメッシュコイルは「0.18Ω」なので40W~60Wが推奨ワット数。

なので50Wで吸ってみます。

スゥ~っと。

うん。濃厚な味!やっぱり美味しい(笑)RTAバージョンでも濃厚さは健在。

キメ細かなミストが口の中に広がります。ドローはエアホールを絞ればイメージ通り。

爆煙で、マジ癒される。

一瞬で立ち上がるメッシュコイルも魅力的。デゥアルMODでガッツリ楽しめます。

このRTA マジでおすすめ。僕の持ってるRTA(DL)の中では一番かな。

見た目もいい。味もいい。ビルドも簡単。おまけに爆煙。

デメリットと言えば、リキッド消費がハヤい(汗)これくらいかな。

まぁ、メッシュコイルなのでしょうがないですが、シングルコイルビルドで固定すれば、リキッド消費を抑えられそうです。

そして、シングルコイルビルドに失敗した、僕がここにいます(笑)

めっちゃイガリました。やっぱメッシュコイル専用で考えたほうがいいかも。

 

まとめ

1週間ほど使用してみましたが、漏れはなかったです。

メッシュコイルは、ビルドが簡単で濃厚な味を楽しめる魅力がありますね。

立ち上がりのハヤさはピカイチです!

あと、リキッド消費はかなりハヤく感じます。それだけ爆煙。

爆煙タイプが好きな方にはおすすめですよ!

では、また。

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-RTA, Wotofo
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.