ZQ XTAL PRO レビュー|2種類のエアフロー切替に出力調整まで可能!大人気PODエクスタルの進化版

ZQ XTAL PROを徹底解説

こんにちは、スッキーです。

ZQ vapor(ゼットキューベイパー)の大人気POD「XTAL(エクスタル)」が大幅に進化して帰ってきました!

ZQ XTAL PRO(エクスタルプロ)VAPEスターターキットのレビューです。

前作からさらなる進化を遂げたPOD型デバイスは、さらに使いやすくなったと思う。

さっそく、レビューします。

 

ZQ vapor XTAL PRO(エクスタルプロ)とは?

ZQ XTAL PRO POD型VAPE 実機レビュー

XTALといえば、ZQ vaporの中でも非常に人気の高いPOD型デバイスです。

PROになってどこが変わったかと言いますと、コイル交換式となり、ランニングコストを抑えて経済的になりました。

しかも、ディスプレイを搭載し、ワッテージ調整可能に!

特徴

  • ディスプレイ搭載
  • ワッテージ調整可能
  • 1000mAhバッテリー搭載
  • コイル交換式で経済的に
  • RDTLとMTLを切り替え可能

バッテリー容量が前作のおよそ2倍「1000mAh」に変更。USBタイプCに対応して、さらに使いやすくなったと思います。

それでは、見ていきましょう!

 

付属品

ZQ XTAL PROの付属品

  • ZQ Xtal Pro 本体
  • 1.0Ω メッシュコイル
  • 0.6Ω メッシュコイル
  • USB-C ケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 110 x 25 x 15.5mm
重量 約49.5g
バッテリー容量 1000mAh(内蔵)
出力調整 1 - 30W
充電用ポート USBタイプC
リキッド容量 3ml
コイル 交換式

 

ZQ vapor XTAL PRO 実機レビュー|ディスプレイを搭載し、ワッテージ調整可能に!コンパクトさは健在

ZQ XTAL PRO 側面

XTAL PROはアルミっぽい素材で表面はサラサラとした質感です。

前作とあまり見た目は変わっていない印象ですが、0.69インチディスプレイを搭載したことで、今風のPOD型デバイスって感じがする。

ZQ XTAL PROロゴ

反対側にはXTAL PROのロゴ。

1000mAhバッテリー内蔵モデルになったことで、前作よりも若干厚くなっています。

ZQ XTAL PRO エアフローホール

側面に2つのエアホールを搭載。

片側のみに開いており、PODカートリッジを差し替えることで、ドローの重さを変更できます。

充電用ポートはUSBタイプC接続となり、向きを気にせず差し込めるようになりました。

ZQ XTAL PRO ディスプレイ搭載

ディスプレイはこんな感じ。Favostixより見やすい。

バッテリー残量、ワット数、抵抗値などが確認できます。

最大出力は30W。

1W刻みで出力が上昇し、30Wまで到達すると1Wに戻ります。

 

XTAL PROのPODカートリッジ

ZQ XTAL PRO 付属コイル

本体とPODカートリッジはマグネット式で引っこ抜けば簡単に外せます。

リキッド容量は3.0mlの大容量タイプを採用し、コイル交換式になりました。

付属コイル

  • 0.6Ωメッシュコイル(推奨15〜18w)
  • 1.0Ωメッシュコイル(推奨12〜15w)

2種類のコイルが付属しています。

ZQ XTAL PROのPODカートリッジにコイル装着

コイルはOリング固定式。

差し込むだけで簡単に装着できます。

 

XTAL PROのPODカートリッジにリキッドチャージ

ZQ XTAL PRO リキッドチャージ

PODカートリッジ側面のシリコンプラグを外してからリキッドチャージしてください。

新品のコイルを使用される場合は、コットンにリキッドが浸透するまでしばらく放置させてください。約10分~20分くらい。

 

XTAL PROの使い方

ZQ XTAL PRO 操作ボタン

  1. 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  2. 出力調整:電源ON時にパフボタン3回クリック
  3. パフ切替:電源ON時にパフボタン4回クリック

出力調整は「ボタン3回クリック→数字点滅→ボタンをクリック」で1Wずつ上昇していきます。

また、オートパフ機能を搭載していますが、電源ON時にボタン4回クリックで3種類のパフモードからお好みのモードを選択できます。

パフ切替

  • Aモード:オートパフ
  • Bモード:マニュアルパフ
  • ABモード:オート+マニュアルパフ

オートパフだけでなく、マニュアルパフを使えるところが良いと思う。

オートパフ機能はマウスピースを咥えて吸い込むだけで吸引できます。

 

XTAL PROを実際に使ってみた感想|進化したPOD型デバイスはさらに使いやすく、そして味は抜群でした

こいこい 赤短 青短 新作 らむねソーダを吸ってみた

0.6Ωメッシュコイル(15W)で吸ってみましたが、味は抜群!らむねソーダをとても美味しく吸えました。

PODの向きをDL用に合わせると、スカスカではなく、少し抵抗感のあるドローでミスト量は多いと思う。

今度はMTL用に合わせみましたが、前作に比べると吸い心地が軽いものの、エアホールをふさげばドローが重くなるので問題ないかと。

ちなみに、1.0Ωメッシュコイルに交換することで、前作のようなドローの重さを楽しめました。

ボディサイズは若干ながら大きくなっていましたが、持ち運びが苦にならないサイズ感だと思います。

あと、ワッテージ調整できるのは嬉しいけど、現状30Wまで使わないんですよね...

新作のコイルとか発売されれば面白そうだけど、今のところ15W固定でいいかなって感じです。

 

まとめ

XTAL PROはコイル交換式のPODを採用しています。

カートリッジ交換式(使い捨て)に比べて洗浄、コイル交換という手間がかかりますが、ランニングコストが抑えられるようになりました。

前作に比べてバッテリーの容量アップで長持ちするし、ディスプレイ搭載でバッテリー残量もわかりやすいと思う。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

関連記事ZQ XTAL Pod(エクスタル ポッド)レビュー|重いドローのMTL向けポッド型VAPE

 




×