ASMODUS RDA

【ASMODUS】C4 LP RDAをレビュー!アトマはファッションの一部なのか?キレイだ!

投稿日:

アスモダス C4LP RDAアイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

ASMODUS(アスモダス)C4(シーフォー)LP RDAをレビューします。

高級感を漂わせるデザインが魅力、やっぱアスモダスはカッコいい!キレイだし(笑)

C4LP RDAは、シンプルなデッキ構造でビルドが簡単、広いデッキで使いやすいです。

付属のBFピンに交換すれば、スコンカーMODでも使用可能!

では、さっそくレビューします。

 

MODが華やかに!ASMODUS(アスモダス)C4 LP RDA

アスモダス C4LP RDA パッケージ

こちらが、C4LP RDAのパッケージ(筒状のプラスチックケース)です。

けっこうコンパクトなケースは透明なので、C4LP RDA(本体)がすでに見えています。

アスモダス C4LP RDA パッケージを開封

フタを取り外し、開封するとこんな感じです。

このC4LP RDA(本体)の下に付属品が入っています。

付属品

アスモダス C4LP RDA 付属品

C4LP RDA本体
810ドリップチップ
プリメイドコイル(ONIコイル)
BFピン
スペアパーツ一式(パッキン、ネジ)
ビルド用六角レンチ
六角レンチ
ユーザーマニュアル

スペック

直径24mm
全長18mm(ドリチ、スレッド含まず)
スレッドタイプ510
材質ステンレススチール
ドリップチップ810
デッキ(ビルドタイプ)シングル
BF対応
エアフローサイドエアフロー

 

ASMODUS(アスモダス)C4 LP RDAの詳細

アスモダス C4LP RDA 本体

こちらが、C4LP RDA本体です。キラキラとラメが入っているようなデザインカラー、キレイですよ!

このアトマイザー、稀にみる背の低さです。

それとポジティブピンがあまり出ていませんので、スプリング式のスレッド以外で使用する場合は、調整または注意して使用してください。

分解

アスモダス C4LP RDAを分解してみた

大まかに分解すると「デッキ、トップキャップ、ドリップチップ」に分かれます。

ドリップチップ

アスモダス C4LP RDA ドリップチップ本体

ドリップチップは810規格です。ウルテムタイプとレジンタイプの2種類。

吸い口部分はテーパー処理されています。

アスモダス C4LP RDA ドリップチップ裏

トップキャップ装着部には、Oリングが2つ付いています。ウルテム裏は大きなテーパー処理、レジン裏は軽くテーパー処理されています。

Oリングが付いている(810)ドリップチップなら交換可能です。

アスモダス C4LP RDA 付属ドリップチップ

ワイドボアなレジンタイプは、鱗のようなデザイン。初めて見たデザインですが、オシャレですね!

アスモダス C4LP RDA 付属ドリップチップを装着

レジンドリップチップを装着すると、こんな感じです。見た目がガラって変わる(笑)

トップキャップ

アスモダス C4LP RDA トップキャップ本体

こちらがトップキャップです。いやぁ~軽いんですよ、これっ。

トップキャップには、2箇所のエアホールが対角線上に開いています。

アスモダス C4LP RDA トップキャップ(ドリップチップ装着側)

トップキャップ上部は凸凹になっています。

滑らないようにする為の凹みなのかは分かりませんが、ある意味ワンポイントのデザインって感じもしますね!

アスモダス C4LP RDA トップキャップ裏トップキャップ内上部には溝が刻んであり、この溝のおかげでMODへの脱着がスムーズに行えます。

そしてダブルパッキン仕様で、トップキャップからの漏れ対策も良好になっています。

デッキ

アスモダス C4LP RDA シングルコイル前提のデッキ

こちらがシングルコイル前提のデッキです。

コイルを固定するためのイモネジは、六角レンチで操作します。

アスモダス C4LP RDA デッキ裏

デッキ裏には、メーカーや製品名などのロゴが入っています。

購入時はノーマルピンが装着済みですが、付属のBFピンに交換することも可能です。

アスモダス C4LP RDA デッキのエアホール

デッキの両側には、9個(片側)のエアホールが配置されています。合計18個のエアホールが開いている。

エアフローの調整は、3個づつエアホールを閉めて調整していくようになります。

このデッキのエアホールは独特で、少し角度が付いておりエアーが渦を巻く設計「トルネードエアフロー」という構造になっているようです。見るからに対角線上ではなく、少しズレた位置に開いていますね。

アスモダス C4LP RDA コイル固定位置(イモネジ)

コイルを固定するには、付属の六角レンチでイモネジを緩めて取り付けてください。

アスモダス C4LP RDA コイル固定位置(コイル足逃げ防止)

コイル固定位置は、コイル足が逃げない構造になっています。

アスモダス C4LP RDA コイルゲージを装着

デッキには2つの溝があり、コイルジグを固定することができます。

 

ASMODUS(アスモダス)C4 LP RDAビルド

アスモダス C4LP RDA コイルビルド

付属の鬼コイルは、抵抗値が低いから・・・そっと横へ・・・(笑)

カンタル1A 26G 3mmでビルドしてみました。デッキが広くてビルドしやすいです。

アスモダス C4LP RDA コイルの高さ

コイル位置はこんな感じです。コイルジグを使用すれば、ちょうどコイルが中央へくるように組めますよ!

アスモダス C4LP RDA ウィッキング

いつものようにコットンをモサモサにしました。エアホール大丈夫かっ?

ウィッキング完了です。

 

C4 LP RDAをMODに付けてみた

 

C4 LP RDAを使った感想

アスモダス C4LP RDAをスコンカーMODに付けた

感想は、見た目もいいけど、味もいい!!

吸ってみると、キメ細かなミストが口の中に広がる感じです。おいしい!

それとDLタイプですが、ドローが重めでした。

MTLってほどでもないですが、DLタイプの中ではドローが重いほうだと思いますよ。

これがトルネードエアフローの特徴ってヤツなのか?分からん(笑)ただおいしい。

笛鳴り(ヒューヒュー)しないし、エアフロー調整効くし、見た目もいいし、味もいい!

デッキは広くてビルドもしやすい。

他に何を求めればいいのか?そんな魅力あるRDAでしたが、ポジティブピンだけには気を付けましょう!スプリング式スレッドで使用する場合は、問題ないと思いますが。

 

まとめ

C4LP RDAは、キメ細かなミストで、口当たりがいい。

そしてデッキ幅が広いので、使いやすいです。

なんと言っても、ロゴなどがなくシンプルな見た目ですが、デザイン性が抜群!

使いやすく、味もいいので、背の低いアトマイザーでDLタイプが好きな人にはおすすめです。

気になる方は「C4LP RDA」を試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-ASMODUS, RDA
-

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.