【タバコ代節約】FENiX MINI PRO レビュー|フェニックスミニの後継機【ヴェポライザー】

こんにちは、スッキーです。

人気ヴェポライザー『FENiX MINI』の後継機が登場しました!

FENiX MINI PRO(フェニックス ミニ プロ)のレビューです。

MINI(旧型)に比べてPRO(新型)は、かなり進化したようですね。

さっそく、レビューします。

商品提供:VAPONAVI

【WEECKE】FENIX MINI PRO(フェニックス ミニ プロ)レビュー

FENIX MINI PRO 本体と箱

WEECKE社が発売した『FENiX MINI PRO』は、コンベクション方式のヴェポライザーです。

新型の特徴

  • コンベクション方式
  • マウスピースが交換可能
  • バッテリー容量を2,300mAhに変更
  • バイブ機能を追加
  • メンテナンス性アップ
  • 加熱温度・喫煙時間が変更可能に
  • 液晶ディスプレイが見やすくなった

MINIに比べて使い勝手が向上していますが、PROの最大の特徴はエアーパスクリーニング(底面からチャンバーまでの通り道)に対応したところ。

チャンバー底部のメッシュを簡単に分解できるため、メンテナンス性が大幅にアップしています。

それでは、見ていきましょう。

 

パッケージ

FENIX MINI PROのパッケージ

黒を基調としたオシャレなパッケージです。

FENIX MINI PROの箱を開封

箱を開けると袋に包まれた本体とユーザーマニュアル等がキレイに収まっていました。

 

付属品

FENIX MINI PROの付属品

  • FENiX MINI PRO本体
  • マウスピースフィルター
  • USBケーブル
  • チャンバークリーニングブラシ
  • エアーパスクリーニングブラシ
  • セラミックフィルター
  • ピッキングツール(本体収納)
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ52x25x84mm
バッテリー容量2,300mAh(内蔵)
温度範囲160-230°C(1℃単位調整可)
喫煙時間180-360秒(調整可)
充電用ポートmicroUSB(5V/1.5A)
充電時間約2時間
加熱方式コンベクション(熱対流)
バイブ機能

 

外観

FENIX MINI PRO 本体

見た目の変化はあまり感じられませんが、MINIより少し角ばったデザインが良いアクセントになっています。

FENiXシリーズではお馴染みのワンポイントロゴも健在ですね。

FENIX MINI PRO 各ボタン

本体側面に電源ボタンとコントロールボタン(+・-)を搭載。各ボタンをクリックしながら操作を行います。

FENIX MINI PRO ロゴ

本体はサラサラとした質感で指紋が付きにくいと思う。

 

ディスプレイ

FENIX MINI PRO ディスプレイ

本体上面にLEDディスプレイを搭載。この辺りはWEECKEシリーズって感じですね。

ディスプレイは、明るく数字も大きくかなり見やすくなりました。

バッテリー残量、加熱温度、喫煙時間をひと目で確認できる、シンプルでわかりやすいところも魅力の一つですね。

 

トップパーツ

FENIX MINI PRO 本体とトップキャップ

本体とトップパーツはマグネット式。

横からパチンっとハメる構造(MINI)から一転、トップパーツの溝を本体側の突起部に接続する構造(PRO)に変更されています。

FENIX MINI PRO トップキャップスライド式

トップパーツはスライドさせながら装着してくださいね。

消耗品といわれていたトップパーツを改善させたっぽい。

 

マウスピース

FENIX MINI PRO トップキャップとマウスピース

MINIはトップキャップ一体型マウスピースを採用していましたが、PROからマウスピース交換が可能になりました。

但し、510規格ではなくただの筒。

PRO専用規格の為、好みのドリップチップを取り付けることができないんですよ。そこが残念ですね。

FENIX MINI PRO マウスピース調整

FENIX MINI PRO マウスピース押し込んだ

このマウスピースは自由自在に長さを調整できます。

自分の咥えやすい位置に調整できるのは嬉しいポイント。

それと、一体型から解放されたので洗浄がラクになりました。

 

チャンバー

FENIX MINI PRO チャンバー

チャンバーはこんな感じ。コンベクション方式です。

MINIと同じチャンバー径なので、FENIX MINI専用のヒーティングチューブスペーサーでしたら、そのまま使用することが可能なんだとか。

 

スペーサー使用時の注意

喫煙直後のスペーサーはかなり熱いです。

絶対に素手では触れないようにしましょう

すぐにスペーサーを取り出したい場合は、シャグポンのように叩いて灰皿の上に落とすか、ピンセットなどを使用して取り出すようにしてください。

 

充電

FENIX MINI PRO 本体底

本体底面にピッキングツールと充電用ポートを搭載。

バッテリー容量は「1,600mAh(MINI)→ 2,300mAh(PRO)」にアップしています。

FENIX MINI PRO 充電

付属のmicroUSBケーブル(DC5V/1.5A)を接続して充電してください。5V/2A以下の充電器を使用してくださいね。

 

メンテナンス性が大幅にアップした

FENIX MINI PRO ピッキングツール

たばこ葉の掻き出しにも使える「ピッキングツール」は、マグネットにより固定され脱着がスムーズに行えます。

本体収納となり、いざって時に便利だと思う。

FENIX MINI PRO ピッキングツール使い方

で、このピッキングツールをエアーパスに押し込むと・・・。

FENIX MINI PRO メッシュフィルター外せる

なんと、チャンバー底部のスクリューメッシュを丸ごと外せます!

これを待っていた方も多いはず(笑

FENIX MINI PRO スパイラルフィルター

完全に貫通するのでお手入れがラクに!

ヴェポライザーを使用している人なら経験したことがあると思いますが、チャンバー底に溜まる葉のカスが原因でドローが重くなることがありました。

もう、大変な思いをしながら分解する必要はない。

ピッキングツールを押し込んで「ポンっ」と外すだけ!誰でも簡単にできちゃいます。

FENIX MINI PRO メッシュフィルター

ただ、スクリューメッシュ自体には葉のカスが溜まるので、メンテナンスは必要ですね。

まぁ、ここまで分解できれば便利ですし、悪くなっても部品交換が可能なため、ヴェポライザーの寿命も延びると思います。

WEECKE社の本気の姿勢が感じ取れるのではないでしょうか?

痒い所に手が届くヴェポライザーですね。

 

セラミックフィルター

FENIX MINI PRO セラミックフィルター

PROには、C-VAPOR 4.0から採用された、イガリを抑え喫味をまろやかにする『セラミックフィルター』が付属しています。

シャグの種類にもよりますが、イガったり、キックが強すぎると感じる方は装着してください。

FENIX MINI PRO セラミックフィルター装着

ゴムパーツにセラミックフィルターを押し込んで、トップパーツ底に装着するだけで使用できます。

簡単に装着できるので、喫味の違いを体験してくださいね。

 

サイズを比較

FENIX MINI PRO サイズを比較

FENIX + の横に置くとこんな感じ。とりあえず、プラスがデカすぎる。

MINIより若干サイズアップしましたが、PROも普通に使いやすいサイズだと思います。

ただ、ポケットに入れて持ち運ぶのは厳しいかな。

 

使い方

FENIX MINI PRO 操作方法

  • 電源ON/OFF:電源ボタン5回クリック
  • 華氏/摂氏切替:電源ボタンと-ボタンを同時長押し
  • 設定温度:+/-ボタンで設定(160℃~230℃)
  • 喫煙時間:電源ボタン長押し後、+/-ボタンで設定(180秒~360秒)

※電源OFF時に電源ボタンを押すことでバッテリー残量を確認できます。

 

実際に使ってみた感想

FENIX MINI PRO シャグを入れてみる

ブラスパのカフェバニラをひとつまみ入れて180℃で吸っていきたいと思います。※セラミックフィルター装着済み

そういえば、PROにはピンセットが付属していませんね。

ピンセットでシャグを詰めたほうがラクなので、お持ちでない方は100均などで購入してください。

FENIX MINI PRO シャグを詰めた

FENiXシリーズは、チャンバー径が広く浅くなので、シャグの出し入れがスムーズに行えます。

FENIX MINI PRO 使ってみた

設定温度に到達すると振動するので体感的にわかりやすい。バイブ機能は地味にうれしい。

吸ってみた感想としては、ブラスパのクリーミーでほろ苦いコーヒーの香りを楽しめました。

最初は180℃(3分)で吸ってみたけど、4分くらいが良さげかな。

ちょっとイガるけど、ドギツイ香りとキック感がたまりませんね。

それと、連続で使用すると本体が熱くなるんですが、マウスピースが全くと言っていいほど熱くなりません!

PRO専用マウスピースはかなり良いと思う。

FENIX MINI PRO シャグポンは厳しい

シャグポンは厳しいかな?

何度か挑戦しましたが、うまくいきませんでした。

プラスはシャグポンできたけど、PROは厳しいかもしれませんね。

でも、ピッキングツールが本体に収納されているので助かります。

FENIX MINI PRO 喫煙後のチャンバー

わかっていたことだけど、チャンバーにはコーヒー牛乳のような匂いが染みついています。カフェバニラ専用機になりそう・・・。

コンベクションで汚れにくいし、メンテナンス性については言うまでもありませんね。

細かいところまで掃除できるから便利です。

強いて言うなら、トップパーツ内の掃除が面倒。ホント、そこだけ。

バッテリー持ちは「加熱温度230℃ / 喫煙時間4分(240秒)」の場合で『13~15回』ほど使用できました。

ヴェポライザーの中では優秀だと思います。

※「加熱温度・喫煙時間」の設定次第でバッテリーの持ちは変動します。230℃(360秒)だと約10回ほど。

 

まとめ

FENiX MINI PROは、ユーザーが求めていた構造となり痒い所に手が届く。

そんなヴェポライザーだと思います。

メンテナンス性が大幅にアップしたことが嬉しいポイントですね。

誰でも簡単に分解できるPROはかなり使いやすいと思う。

喫味重視なら『FENIX +』だと思いますが、メンテナンス性を考えればPRO一択。

では、また。

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)