Vaporizer

【大人気】WEECKE C-VAPOR 4.0をレビュー|シーベイパー史上最高傑作【ヴェポライザー】

2019年12月16日

商品提供:VAPONAVI

こんにちは、スッキーです。

累計販売台数10万台を突破したヴェポライザー「C-VAPOR 」シリーズの最新作!

WEECKE C-VAPOR 4.0(ウィーキーシーベイパー)のレビューです。

見た目(デザイン)はそれほど変わりませんが、かなり小さくなっていました。

使い勝手も良くなり、個人的には、C-VAPOR史上最高傑作だと思います。

さっそくレビューします。

大人気ヴェポライザー|C-VAPOR 4.0レビュー

C-VAPORシリーズの最新作「C-VAPOR 4.0」は、従来モデルよりも小型化されて、持ち運びしやすいスマートサイズになりました。

コンパクトになったけど、3000mAhバッテリーを搭載しさらに急速充電にも対応。

バッテリー持ちが良くなったことで、使いやすくなったと思います。

また、新たなエアーパス構造によって「葉詰まりを最小限に抑える工夫」や「喫煙時間延長機能」など、前作からかなり進化していますね。

加熱温度は9段階(160℃-240℃)の温度変更が可能となっています。

あと、新開発のセラミックフィルターを採用したことで、ピュアなタバコ葉の香りを楽しめるみたい。

C-VAPOR3.0から、かなり進化していました。

さっそく見ていきましょう。

 

パッケージ

C-VAPORらしい、白を基調としたシンプルなパッケージデザインです。

箱をパカっと開けると、C-VAPOR4.0(本体)が登場します。

付属品は、本体下に入っていました。

 

付属品

  • C-VAPOR 4.0 本体
  • スペーサー
  • マイクロUSBケーブル
  • メッシュスクリーン
  • セラミックフィルター
  • パッキングツール
  • エアパスクリーニングブラシ
  • チャンバークリーニングブラシ
  • シリコンマウスピース
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ53x26x100mm
バッテリー容量3000mAh
充電5V2A(急速充電対応)
加熱温度160℃~240℃(9段階10℃刻み)
喫煙時間通常:240秒、延長:180秒(合計7分)
加熱方式コンダクション
バイブレーション機能

 

C-VAPOR 4.0(シーベイパー)を見ていきましょう

こちらが、C-VAPOR 4.0(本体)です。

前作同様「WEECKE」のロゴがデザインされていますね。

見た目は、あまり変化が無いように感じますが、かなりコンパクトです。

握りやすい形状(湾曲デザイン)から、シンプルデザインに生まれ変わりました。

湾曲デザインじゃないけど、本体サイズがコンパクトになったので、握りやすさはそれほど変わりません。

個人的には、C-VAPOR 4.0のほうが握りやすい印象です。

本体側面には「電源ボタン」と「コントロールボタン(+/-)」を搭載。

電源ボタン下のコントロールボタンで、温度調節を行います。

コントロールボタンを搭載したことで操作性が向上しましたね。

本体上面には、マウスピース&ヒートシンク、液晶ディスプレイを搭載しています。

本体底部には、エアフローコントロールと充電用ポートを搭載しています。

充電は「5V2A」急速充電に対応。

C-VAPOR 4.0は、3000mAhバッテリーを搭載していますので、バッテリー持ちが良くなり、充電時間も短縮されています。

 

マウスピース&ヒートシンク

ヒートシンクも変わりましたね。

Oリングで固定されているだけなので、脱着をスムーズに行えます。

ガラスマウスピースもOリングで固定されているだけなので簡単に取り外せます。

新開発のセラミックフィルターには、無数の穴が開いていました。

タバコ葉の香りをピュアに引き出すことができるようです。

前作同様、510規格のマウスピースを採用しています。

このように、付属の「シリコンマウスピース」や「510規格のマウスピース」と交換することが可能です。

シリコンマウスピースにフィルターを装着すれば、ニコチンを抑えることができますね。

また、VAPEのドリップチップ(510規格)を接続することも可能です。

前作はネジ式でしたが、フィルター部分がシリコン製の2重構造になっています。

このように、簡単に外せるようになりました。

ちなみにフィルターなどは、予備パーツが付属していたので助かりますね。

 

チャンバー

セラミックチャンバーには、無数の穴が開いています。

独自規格のチャンバーでしょうね。たぶん。

何回か喫煙してみましたが、チャンバー内が汚れにくい感じでした。

前作より汚れにくくなっています。

もちろん、C-VAPOR用のスペーサーも使えますよ。

関連記事C-VAPOR3.0 スペーサー専用ケースをレビュー!超便利なアイテムが降臨した

 

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイには「喫煙時間・バッテリー残量・加熱温度」が表示されます。

喫煙時間は「240秒」で、残り「180秒」からタイマーがスタート。

加熱温度は9段階(160℃-240℃)の温度変更が可能となっています。

液晶ディスプレイが、大画面になったことでかなり見やすくなりました。

あと、C-VAPOR 4.0は、喫煙時間延長機能を搭載しています。

喫煙を延長されたい方は、喫煙時間が残り「10秒」になったところで「電源ボタン」をクリックしてください。

ボタンをクリックすることで、喫煙時間を「180秒」延長できます。

FENiX+みたいに使いやすくなりましたね。

 

充電

充電する際は「5V2.5A以下」の充電器を使用してください。

高電圧の物を使用すると「故障・バッテリー劣化・火災等」の原因になりますので、注意しましょう。

それと、パススルー充電には対応していないので、充電しながら喫煙することはできません。

バッテリー残量の確認は、電源OFF時に「電源ボタンをクリック」すれば確認できます。

 

エアフローコントロール&エアパスホール

エアフローコントロール(AFC)のツマミを回しながらドローを調節してください。

エアフローは、全開から全閉まで無段階で調節できます。

かなり絞った状態でもわりとスカスカだったので、重いほうが好みなら全閉で喫煙するのもいいかもしれません。

矢印の穴が、エアパスホールです。

チャンバー下に、葉のカスがたまったりしても、この穴から専用ブラシを使って掃除できますので、喫味の劣化を防げます。

エアパスホールを全開にしてから、付属のエアパス用クリーニングブラシで掃除してください。

1日1回程度の定期的なクリーニングがおすすめみたいです。

 

C-VAPOR「3.0」と「4.0」を比較

まず本体サイズが大幅にスマート化されています。

コンパクトになったことで、持ち運びが快適になりました。

本体の厚みと幅は、グロープロよりありますが高さは低いです。

持ちやすいサイズになりましたね。

なんだかんだ使えるヴェポライザー「Pith」と比較してみました。

さすがにPithとまではいきませんが、かなりコンパクトになったと思います。

コントロールボタンを搭載したので、温度調節をスムーズに行えるようになりました。

湾曲デザインじゃないけど、小型化されて握りやすい印象です。

急速充電にも対応して、充電時間が大幅に短縮されています。

またエアパスホールが搭載されたので、エアフローの掃除もできるようになりました。

ヒートシンクもコンパクトになっていますね。

フィルター部分もネジ式ではないので、クリーニングがラクになりました。

チャンバー内も変更されています。

C-VAPOR3.0も汚れにくかったけど、4.0はさらに汚れにくくなった印象。

それに加熱ムラが改善されたように感じます。

液晶ディスプレイが、大画面になったことでわかりやすい。

C-VAPOR3.0が発売したときは、かなり見やすいディスプレイだなって思ったけど、4.0はさらに見やすくなっていますね。時代かな。

 

操作方法

電源ON/OFF → 電源ボタン「5回クリック」

温度設定 → コントロールボタン(+/-)で調節(10℃刻み)

※初回のみ設定温度に達すると振動します。途中で設定温度を変更した際は、設定温度に達しても振動しません。

バッテリー残量の確認は、電源OFF時に「電源ボタンをクリック」すれば確認できます。

喫煙時間延長は、喫煙時間が残り「10秒」のときに、ボタンをクリックすれば「180秒」喫煙時間を延長することが可能になります。

 

C-VAPOR4.0|使ってみた感想

コンパクトになったことで、使い勝手が良いですね。

小さすぎず、大きすぎない、ちょうど良いサイズです。サイズ的にベストじゃないかな?

ゴールデンバージニアを200℃で吸ってみたけど美味しく吸えました。

C-VAPORってこんなに濃厚だったかな?と疑うレベル。

3.0よりシャグの旨味が出てますね。

バージニアの上品で心地よいタバコ葉の香りが口の中に広がりました。

新開発多孔質セラミックフィルター恐るべしです。クリアな味わいを実現していますね。

個人的には、160℃だと物足りないかな。

やっぱり180℃くらいで、ゆったり吸うのがベストだと思います。

何回か喫煙してみましたが、チャンバー内が汚れにくくなっていました。

ちなみにグリセリンは垂らしていません。

喫煙後のチャンバー内は、かなり綺麗だからクリーニングがラクですね。

シャグの加熱ムラも改善されたと思います。

あと、フル充電で14回ほど使用できました。

ですが、加熱温度(240℃)で喫煙時間を延長すると10回使用は厳しいかと。

加熱温度や喫煙時間延長によっては、多少バラつきがあるかもしれませんが、バッテリー持ちは良くなっています。

 

C-VAPOR4.0|まとめ

C-VAPOR4.0は、使い勝手が良いです。

コンパクトになったことで、持ち運びが快適になり、バッテリー持ちが良くなった。この改善点は、評価高いですね。

しかもクリアな味を実現しているので、シャグの旨味を味わうことができます。

他にもエアパスの掃除ができたり、チャンバー内が汚れにくかったりと、メンテナンスも容易で安定して使える魅力があります。

C-VAPORシリーズの中で、ダントツにNo.1ですね。

個人的には、かなり優秀なヴェポライザーだと思います。

では、また。

関連記事WEECKE FENIX + をレビュー

関連記事XMAX『STARRY V3』をレビュー

関連記事FOCUSVAPE PITH(ピス)をレビュー

 

※タバコは20歳になってから。ルールを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2020 All Rights Reserved.