グローハイパー「ネオ・タバコ オーク・スティック」を吸ってみた感想|吸いごたえバッチリでいい感じ

グローハイパー オークスティック(アイキャッチ画像)

こんにちは、スッキーです。

先日、近くのコンビニにスティックを買いに行ったら、オンラインストアで限定販売されていた、グローハイパーの『タバコ オーク・スティック』が置いてありました。

知らなかったんですけど、いつの間にかコンビニ販売されていたんですね。

さっそく、購入したのでレビューしたいと思います。

 

【グローハイパー】ネオ・タバコ オーク・スティック【レビュー】

グローハイパー オークスティック(パッケージ)

木目調のクラシックでオシャレなパッケージが「タバコ オーク」です。

タバコ オークは、グローハイパー専用「neo(ネオ)」シリーズの最新フレーバーとなっており、発売当初はオンラインストアのみで販売されていました。

もちろん、カートン単位で・・・(汗

最初からカートン買いする勇気がなくスルーしていたんですが、コンビニで販売されていたので即買い!

どんな味が楽しみです。

グローハイパー オークスティック(パッケージ)

パッケージ裏に味についての説明文が記載されています。

深いウッディの香りと濃厚で香ばしいたばこのブレンドに、岐阜県で加工された国産蜂蜜のほのかな風味が絶妙に調和する。加熱するために作られ、味わうために生み出された。

香ばしいたばこブレンドに蜂蜜のほのかな風味を味わえる、希少なレギュラー銘柄となっています。

価格:1箱500円(税込)※2020年12月時点

グローハイパー オークスティック(内容物)

開封すると一枚のカードが入っており、岐阜県で加工された国産蜂蜜を使用していることをアピールしてきます。

グローハイパー オークスティック(ロゴ入り)

スティックにオシャレな筆記体で「Origins」とデザインされていました。

Originsとは?

Originsとは?

2020年11月からグローハイパーのneoシリーズが「neo Origins」にリニューアルされパッケージデザインの変更とともに国産原材料を使用するようになりました。

※約半年ほどかけてフレーバーをリニューアルするそうです。全てのフレーバーが切り替わるのは、まだまだ当分先だと思う。

パッケージデザインのリニューアルは度々ありますが、原材料までリニューアルするのは珍しいですね。

 

実際に吸ってみた感想

グローハイパー オークスティック(吸ってみた)

確かに木を燻したような風味で、紙巻きタバコに近い味わいでした。

強い吸いごたえが特徴だと思います。※個人的にキツい(汗

これなら、紙巻きたばこユーザーが吸っても、喉にガツンとくるタバコ感を体験できるんじゃないかな?

気になっていた蜂蜜感はあまりわからないんですが、タバコ感の後にほんのり甘味が広がるような。あと、フィルターが甘かったです。

希少なレギュラー銘柄ということもあり、テラコッタ・タバコと吸い比べてみましたが、タバコ・オークのほうが、コクと満足感のある吸いごたえを楽しめました。

ただ、加熱することで、なんとも言えない独特なニオイが発生します。

この独特の香りが苦手だという人も多いと思う。

 

まとめ

木を燻したような風味がタバコっぽいくていいけど、吸いごたえとニオイがキツいですね。

カートンで買わなくて良かった(汗

元々強いタバコを吸われていた方にはオススメだと思います。

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

 

関連記事【やりすぎ】グローハイパー480円にサンプル付き|しかも景品も当たる?クリスマスキャンペーンがスタート

関連記事グローハイパー『ニューヨーク(限定モデル)』でウォーターメロン(スイカ)を吸ってみた!

関連記事【KENT(ケント)】グローハイパーの新スティック!トゥルーシリーズ(480円)を吸ってみた

 




×