RDA VANDY VAPE

【VandyVape】LIT RDAをレビュー!ステンメッシュワイヤーでデゥアルに対応

LIT RDAアトマイザーアイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

VandyVape社製のVAPEアトマイザー「LIT RDA」をレビューします。

LIT RDAは、独特なクランプでデュアルに対応しています。

付属しているコイルは、なんとステンレス鋼板。(薄いステンレス製のメッシュワイヤーのようなもの)をデッキに設置します。

また付属のネジで、空気の流れのタイプを変更するだけでなく、風通しの良い空気の流れシステムと組み合わせて、風味豊かな味を実現しています。

では、さっそくレビューしていきます。

 

これが LIT RDA! 重量感がなんとも言えない

LIT RDAパッケージ

こちらがパッケージになります。ちょっと曇っていて申し訳ありません(汗)

水色を基調としたデザインは、VANDY VAPEって感じがしますね!

LIT RDAパッケージ開封

開封するとこんな感じで、LIT RDA本体、ウルテム・デルリンドリップチップが入っています。

この下に付属品が入っていますよ!

付属品

LIT RDA付属品

LIT RDA本体
交換用ドリップチップ
ドリップチップ510変換アダプター
メッシュワイヤー
交換用Oリング、イモネジ、バネセット
BFピン
六角レンチ
プラスドライバー
ユーザーマニュアル(英語)

スペック

直径24mm
高さ24mm(スレッド、DT含まず)
BF対応
ネジタイプ(スレッド)510
ドリップチップ810DT/510DT変換アダプター
デッキ(ビルドタイプ)RBA デゥアル
エアフローボトムエアフロー
材質ステンレス、レンジ、ウルテム、デルリン

 

LIT RDAの詳細

LIT RDAアトマイザー本体

こちらが LIT RDA 本体です。

初期状態では、レジンドリップチップが装着済みになっています。

トップキャップには切り込みのデザイン、スリーブにはLitのロゴが刻印されています。シンプルなRDAですが、ロゴと切り込みがいいアクセントになっていますね。

このRDAは重量感があり、どこか高級感も漂わせています。

LIT RDAアトマイザーを分解

大まかに分解すると「デッキ、スリーブ、トップキャップ、ドリップチップ(810)」に分かれます。

分解したパーツを見ていきましょう。

ドリップチップ

LIT RDAドリップチップ各種

こちらがドリップチップと510変換アダプターです。

左から「レジン、デルリン、ウルテム、510変換アダプター」になります。

初期状態では、レジンドリップチップが装着済みになっていますが、デルリン製、ウルテム製のドリップチップも付属していますので、お好みで交換することが可能です。

LIT RDAレジンドリップチップ

こちらがレジン製ドリップチップです。テーパー処理もされています。

今回は赤いレジンでしたが、カラーはランダムで選ばれるようです。

LIT RDAデルリンドリップチップ

こちらがデルリン製ドリップチップです。

サイドスリットが特徴的なドリップチップで、こちらもテーパー処理がされています。

LIT RDAウルテムドリップチップ

こちらがウルテム製ドリップチップです。やはり見た目はレジン製が一番、好きかな!

ウルテムも透明じゃなかったら好きなんですが(笑)

お好みで交換して楽しんでください!

トップキャップとスリーブ

LIT RDAトップキャップ内の構造

トップキャップ内はドーム型になっています。

LIT RDAトップキャップ

上に向かうにつれテーパー状になっています。そして対角線上にはエアホールが2種類、設けられています。

LIT RDAスリーブ

スリーブはこのようになっています。

エアフロー調整用の窓が2つ設けられています。

LIT RDAエアフロー調整の長穴

こちらが長穴タイプのエアホール。トップキャップ上部に切り込みがありますので、エアフローを調整する際に回しやすくなっています。

LIT RDAエアフロー調整の穴

こちらがパンチングタイプのエアホールです。

2種類のエアホール仕様を見ると、ドローが軽そうですね。スカスカの爆煙タイプって感じがします。

デッキ

LIT RDAデッキ本体

こちらがデッキです。

デッキ底部は左右に分かれており、深さは結構ありますよ。

LIT RDAデッキ側面

クランプ式のデッキは、プラスドライバーでネジを回して、クランプを緩めていきます。

LIT RDAデッキクランプ

クランプを緩めるとこんな感じです。

ネジを回していくと、バネの力で自動的にクランプが持ち上がる構造になっています。この仕様は、ぼくも初めてみました(笑)

 

LIT RDA ビルドします

LIT RDA付属メッシュワイヤー

こちらが付属のステンレスメッシュワイヤーになります。「PROFILE RDA」のメッシュコイルと比べても、マジで薄いです。

LIT RDAにビルドした

こんな感じでメッシュワイヤーを設置しました。

ただ正直 やりにくい!

片方を設置してから、もう片方を設置しようとすると、位置がズレてクランプしにくいです。

いいのか、悪いのか分かりませんが、とりあえずメッシュワイヤー(1枚)を半分にして設置してあります。

LIT RDAビルド高さを確認

デッキ横から見ると、こんな感じです。

うぅ~ん。分からん(汗)メッシュワイヤーがクランプ内で重なっていますが、いいのでしょうか?

メッシュワイヤーを初めて触りましたが、ぼくには設置することが難しかったです。

LIT RDAウィッキング

とりあえずウィッキング完了。多めにコットンを入れてみました。

 

LIT RDAをMODに載せてみた

 

RSQ本体とパッケージ
人気の「Hotcig RSQ NS キット 」をレビュー!スコンカーMOD デビューに最適

続きを見る

 

 

Armour Pro 本体と箱
【Vaporesso】Armour Pro(アーマープロ)は2018年テクニカルMODの中で最強VAPE!

続きを見る

 

LIT RDAを使った感想

では、使ってみます。エアフローを半分閉めて。

けっこうスカスカですね。DLって感じです。ただ味はおいしいです!普通に(笑)

最近のアトマイザーは、普通に味が出ますからね。

ほぼエアフローを閉めた状態で吸ってみましたが、やはりドローは軽めです。

ミスト量が多めで、口当たりがいいです。

しかしメッシュワイヤーを設置することが難しかったので、通常コイルでビルドした方が楽だと思う。

それとデゥアルバッテリーMODを使用した方が無難かな。シングルだと辛いかも。

全体的な感想は、ミスト量多めのDLタイプ、味はおいしいです。

 

まとめ

メッシュワイヤーを設置することが、楽だと思っていましたが、少々難しかったです。ぼくには(汗)

そう考えると「PROFILE RDA」は、すごく楽だと思います。

でも通常コイルも設置することができますので、好みでセッティングしてくださいね!

ミスト量多めのDLタイプが好きな人は「LIT RDA」を、ぜひ試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.