RTA VANDY VAPE

【VandyVape】Revolver RTAをレビュー!面白いほどクルクル回る(笑)

投稿日:

 

こんにちは、スッキーです。

革新的なリボルバー式 ( 回転式 ) のエアフローを搭載した「Revolver RTA」をレビューします。

こちらはVandyVapeから登場した、シングルコイル専用、DL向け爆煙タイプのRTAになります。

リボルバーの名前の通り、最大の特徴はエアフローが自由自在にクルクル回る!

面白いアトマイザーですよ!

では、さっそくレビューしていきます。

 

変幻自在のエアフローが特徴的! Revolver RTA

Revolver RTAパッケージ

こちらがパッケージです。水色を基調としたデザインは、VandyVapeって感じです。

付属品

Revolver RTA付属品

 REVOLVER RTA本体
ドリップチップ(810)
バブルガラスチューブ
ツール(プラス、マイナスドライバー)
510変換アダプター
予備パーツ(Oリング、ネジ一式)
ユーザーマニュアル

スペック

直径25mm
全長45mm(接続部含む)
リキッド容量3ml/5ml
ネジタイプ(スレッド)510
リキッドチャージトップフィル
ドリップチップ810DT/510DT変換アダプター
デッキ(ビルドタイプ)シングル/デゥアル
エアフローボトムエアフロー
材質ステンレススチール

 

Revolver RTAの詳細

Revolver RTAアトマイザー本体

こちらがRevolver RTA本体になります。

このアトマイザーの最大の特徴は、デッキの空気が通る穴(エアフローホール)が回転式になっています。

デッキ側面の調整ネジをクルクル回しながら、エアフローを調整することができる。面白いアトマイザーですよ!

デザインはシンプルですが、チャンバーにはREVOLVERとロゴがプリントされています。

そして今回は、初のレインボーを購入してみました!まさにタマムシですね。キラキラしています。

まずは分解していきましょう。

Revolver RTAアトマイザーを分解

大まかに分解すると「デッキ、ガラスチューブ、チャンバー、トップキャップ、ドリップチップ」に分かれます。

それでは分解したパーツを、それぞれ見ていきましょう。

ドリップチップ

Revolver RTAドリップチップ各種

こちらがドリップチップと510変換アダプターです。

付属は黒い樹脂製のドリップチップ(810)。初期状態で装着されているドリップチップはウルテム?デルリン?っぽい感じです。

ちなみにぼくが購入した商品はドリップチップを外す時、めっちゃキツかったですよ!たまたまだと思いますが(汗)

ドリップチップを取り外すと、トップキャップ側(DT装着部)にOリングがありました。ちょっとキツくて焦りましたが、Oリングにピッタリ嵌っていただけですね。

Revolver RTA付属510アダプター

510変換アダプターを嵌めるとこんな感じです。こちらを取り付けてから510ドリップチップを使用してください。

Revolver RTAドリップチップ樹脂製

こちらが装着済みの透明なドリップチップです。

Revolver RTA樹脂製ドリップチップ(付属)

こちらが付属の黒いドリップチップです。透明な方と微妙にデザインや内側の仕上げが異なります。

ガラスチューブ

Revolver RTAガラスチューブ

バブルチューブ(5ml)とストレートガラスチューブ(3ml)です。

Revolver RTAガラスチューブ交換

バブルチューブに交換するとこんな感じです。ぼくは完全にバブル派です。

大は小を兼ねると言う通り、リキッド量も多いに越したことはありません。ただ初めて試すリキッドは注げないかな。

このバブルチューブも最近支流で、RTAアトマイザーには付属していることが多いですね!

リキッドチャージはトップフィル

Revolver RTAリキッドチャージ

リキッドチャージはトップフィル式になります。

トップキャップを回して取り外すと、リキッドチャージホールが意外と大きい。

なので先端が太いリキッドボトルでも、リキッドを注ぎやすいかな!

チャンバー&チムニー

Revolver RTAチャンバー

REVOLVERのロゴがいい感じですね。チムニーは太いです。覗き込むと下が丸見え(笑)

Revolver RTAチャンバー内

チャンバー内はドーム型。上に向かうにつれテーパー処理されています。

最近ドーム型のチャンバーが支流ですね。よく見る形状です。

デッキ

Revolver RTAデッキポール

こちらがシングルコイル前提のデッキです。クランプ式のポストが備わっています。

ボトムエアフローで、全閉から全開まで調整できますが、エアフローリングは分解して取り外すことができません。

Revolver RTAデッキ底部

こちらがクランプ式のポストです。

プラス、マイナスドライバー(どちらでも)を使用してネジを回すと、このようになります。

ポストはコイルを設置する際に、コイル足が逃げない構造になっています。

パンチングタイプ

Revolver RTAエアフローパンチング

縦長穴タイプ(3つ)

Revolver RTAエアフロー長穴が縦に3つ

横長穴タイプ(2つ)

Revolver RTAエアフロー長穴が横に2つ

このアトマイザーの特徴、オプションパーツなしで3タイプのエアフローを調整することができます。

調整するにはデッキを取り外し、デッキ側面のネジを回して調整します。

またビルド後でもコイルを取り外すことなく、調整することが可能ですよ。

エアフローホールがどれも大きいので、DLタイプの爆煙RTAって感じですね!

 

REVOLVER RTAビルド

Revolver RTAビルド

付属のコイルでビルドしてみました。

コイル足が逃げないので、クランプを緩めて取り付けるだけ。簡単に設置することができます。

Revolver RTAコイルの高さエアフローホールの中央に、コイルがくるよう固定しました。

ポールからはみ出したコイル足をカットします。チャンバーに接触しないようにカットしましょう!

Revolver RTAにコットン取り付け

ウィッキングはこんな感じです。モサモサっと。

 

Revolver RTAを使った感想

味については、可もなく不可もなくって感じです。想像していた味ではなく普通の味でした(汗)

コイルの問題かな?知らんけど(笑)

それと爆煙タイプだと思って、ワクワクしながら吸ってみましたが、これまた普通のミスト量でした(汗)

えっ?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

スカスカ感もあり、DL好きの人にはいいかもしれませんが、爆煙や濃厚な味をもとめている人にはおすすめできません!

ただメリットもあります!

それは・・・リボルバーが面白い!

このRTAは、味やミスト量ではなく、個性的なデッキが魅力です!!

最近のアトマイザーって、味も出ておいしく吸えるのに、この子ったら!!でもリボルバーちゃんがいてくれてよかったね!

なので独特な構造のデッキ、エアフローホールをクルクル回しながら楽しみたい人向けのRTAです。

 

まとめ

思いのほか普通の味、普通のミスト量でちょっと期待していたRTAではなかった。

しかしガッカリしていた、ぼくを楽しませてくれたのは、独特な構造のエアフローホールでした。

こんなことを言ってしまうと失礼ですが、味やミスト量ではなく、エアフローホールを回して楽しむRTA。また新たなジャンルが登場しましたね!

その名の通り、クルクル回して楽しめる「Revolver RTA」気になる方は試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-RTA, VANDY VAPE
-,

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.