aspire Nautilus Prime X レビュー|プライム仕様の頂点を極めた『エックス』ついに登場!

アスパイア ノーチラスプライムエックス レビュー

こんにちは、スッキーです。

aspireのNautilus Primeが生まれ変わって帰ってきました!

シリーズの最上位モデル「Nautilus Prime X(ノーチラス プライム エックス)」のレビューです。

人気を誇るPOD型デバイスの進化版!ということで期待しちゃいますね!

さっそく、レビューします。

商品提供:ベプログショップ

 

Nautilus Prime X(エックス)特徴

アスパイア ノーチラスプライムエックス 本体とパッケージ

Nautilus Primeシリーズの最新モデルが「X(エックス)」です。

前作は内蔵バッテリーを採用していましたが、18650バッテリー交換式になりました。

WATT・VOLTAGE・BYPASSモードに加えて、新たにAUTO(自動出力)モードを搭載し、最大出力は60Wとなっています。

味に定評のあるプリメイドコイルとしてヒットした「Nautilus」をはじめ、BPコイル、RBAコイルに対応。別売りの510変換アダプタを使用することでアトマイザーまで接続できます。

PODとMODの二刀流デバイスですね。

 

付属品

アスパイア ノーチラスプライムエックス 付属品

  • Aspire Nautilus Prime X 本体
  • BPコイル用カートリッジ 4.0ml
  • Nautilusコイル用カートリッジ 4.5ml
  • Nautilus 2S コイル 0.7Ω
  • BPメッシュコイル 0.3Ω
  • Type-C USBケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

スペック

サイズ 90×45×25mm
重量 約110g
バッテリー 18650(シングル)
リキッド容量 4.0ml/4.5ml
出力 1W-60W
コイル Nautilusコイル0.7Ω/BPコイル0.3Ω
モード Auto/VW/VV/Bypass

 

aspire Nautilus Prime X(ノーチラスプライムエックス)レビュー【POD型VAPE】

アスパイア ノーチラスプライムエックス 操作ボタン

グリップ部分にレザーを採用したことで、高級感を感じさせるデザインに仕上がっています。前作同様、Nautilus Prime Xのロゴがひときわ目立つ。

大きくなったパフボタンが押しやすく、その下にコントロールボタンを配置。片手で触りやすい位置なので操作性も問題なし。

サラサラとした質感のボディには亜鉛合金を採用し、防指紋コーティングにより指紋がつきにくい印象です。

アスパイア ノーチラスプライムエックス ディスプレイ表示

前作より大きくなったディスプレイはカラー表示に対応。表示させる色は「ブルー、オレンジ、レッド、パープル、グリーン」の5色から選択可能です。

ドロー調整用のツマミは健在。

全開~全閉まで無段階調整可能なので、ツマミをスライドさせて調整してください。

アスパイア ノーチラスプライムエックス 充電用ポート

側面に2A急速充電に対応したUSBタイプCポートを搭載。本体充電も可能です。

アスパイア ノーチラスプライムエックス 本体底部バッテリー

底面にバッテリーカバーを搭載。ガスを抜くための通気孔(ベントホール)が設けられています。

矢印の方向にスライドさせてカバーを開けてくださいね。

アスパイア ノーチラスプライムエックス 18650バッテリー挿入口

Nautilus Prime Xは18650バッテリー1本を使用します。

+極側を本体へ挿入してください。

逆挿し保護機能が搭載されているため、間違って逆に挿しても壊れる心配はないかと。

アスパイア ノーチラスプライムエックス podカートリッジ脱着

Podカートリッジはツメで固定されるタイプなので、引っ張ったり押し込んだりして脱着してください。

 

Podカートリッジ

アスパイア ノーチラスプライムエックス podカートリッジ

ドリップチップは510規格を採用し、取り外し可能になっています。

510規格のドリップチップであれば交換することが可能。

装着済みのドリップチップは「BP専用」と「Nautilus専用」に分けられており、それぞれに合わせたドリップチップが付属していました。どちらもDL向け。

アスパイア ノーチラスプライムエックス podカートリッジ(2種類)

Nautilus Prime Xには「BPコイル専用」と「Nautilusコイル専用」の2種類のカートリッジが付属しています。※Nautilus Prime(前作)との互換性はありません。

使用するコイルによってPODカートリッジが異なるので注意してくださいね。

リキッド容量は「BP POD(4.0ml)」「Nautilus POD(4.5ml)」になっています。

アスパイア ノーチラスプライムエックス 2種類のコイル

  • BPメッシュコイル 0.3Ω(30W-40W)
  • Nautilusメッシュコイル 0.7Ω(20W-25W)

BPコイルはPODにそのまま差し込む感じですが、Nautilusコイルは専用パーツに固定してから差し込むようになっています。

アスパイア ノーチラスプライムエックス コイル装着方法

コイルの向きを確認しながら差し込んでくださいね。

アスパイア ノーチラスプライムエックス リキッドチャージホール

PODの側面にリキッドチャージホールを搭載しています。

フタを外してからチャージしてください。

アスパイア ノーチラスプライムエックス リキッド注いだ

ユニコーンボトルのノズルが普通に入るし、逆流することもなくスムーズにチャージできました。

 

Nautilus Prime Xの使い方(操作方法)

アスパイア ノーチラスプライムエックス 各種設定

  • 電源ON/OFF:パフボタン5回クリック
  • ボタンロック:電源ON時にパフボタン3回クリック
  • パフ数リセット:パフボタンと-ボタン同時押し
  • モード選択:電源ON時に+/-ボタン同時押し

アスパイア ノーチラスプライムエックス モード

モード選択は、コントロールボタン同時押しで「Auto・VW・VV・Bypass」の4種類から選択可能です。

Auto(オート)は自動出力モードになっています。

 

実際に使ってみた感想

アスパイア ノーチラスプライムエックス POD型VAPE

Nautilus 2S コイル 0.7Ω(20W)で吸ってみたけど美味しいです。

もうそれ以外言うことありませんw

エアフローコントロールは割と効きます。この辺りは前作から受け継がれていますね。

BPコイルにも対応したことで、選択の幅がかなり広がったと思うし、別売りでRBAユニットや510変換アダプタまで用意してるんでしょ?

何でもできちゃいますね(汗

バッテリー交換式を採用したことで、前作より少し厚みがありますが、手に収まるサイズ感なので気になりません。

大きくなったパフボタンが押しやすいし、コントロールボタンを移動させたことが個人的にうれしいです。

操作性が向上し、さらに使い勝手が良くなったと思う。

前作の良いところは残しつつ、悪いところは改善され、他に何を求めればいいんだろ(笑

最高のPOD型デバイスだと思います。

 

まとめ

Nautilus Prime Xは最高潮を目指して欲しい機能を全て詰め込んだ本格派なので、あれもしたい!これもしたい!を叶えてくれるPOD型デバイスじゃないかな。

POD型デバイスの最終形態で良いと思う。

液漏れもなく優秀ですよ!

気になる方はチェックしてくださいね!

では、また。

 

ベプログショップで好評発売中!

関連記事【Aspire】Nautilus Prime POD レビュー|王道コイルで美味しさ間違いなし

 




×