Cthulhu RTA

【Cthulhu】MOD HASTUR MTL RTAをレビュー!やっぱりオシャレなアトマイザー

2018年12月20日

HASTUR MTL RTAアイキャッチ

こんには、スッキーです。

今回は「Cthulhu HASTUR MTL RTA 」をレビューします。

こちらはCthulhuの大ヒットアトマイザーになります。

デザインがマジで感動するレベル!なぜか最近流行っている。ぼくの中で(笑)そしてMTLタイプも。

最近、発売するアトマイザーはMTLが多くなってきましたね。まぁ~好きですが。

でもDLタイプもまたには使いたいんですよ。あの爆煙をみるとストレス発散するというか、なんていうか(笑)

では、さっそく紹介していきます。

 

▼Cthulhuシリーズ・レビューはこちら

クトゥルフ ミョルニル RDAアイキャッチ
【Cthulhu】Mod Mjölnir RDA をレビュー!ねぇ 教えて Googleさん(汗)

続きを見る

Cthulhu MOD Hastur MTL RTA miniアイキャッチ
【Cthulhu】HASTUR MTL RTA mini をレビュー!コンパクトでオシャれなやつ

続きを見る

Cthulhu 1928 MTL RDAアイキャッチ
【Cthulhu】MOD 1928 RDA をレビュー!流行りのMTLアトマイザー

続きを見る

 

やはりカッコいい!Cthulhu HASTUR MTL RTA

HASTUR MTL RTAパッケージ

こちらがパッケージです。麻のような化粧箱になっています。

中央にはCthulhuのロゴがデザインされています。

HASTUR MTL RTA開封

パカッと開けると高級感が!麻とはいったいなんだったのかと忘れさせます。

では開封していきます。

付属品

HASTUR MTL RTA付属品

Hastur MTL RTA 
ウルテム製?ドリップチップ内径小(510)
ウルテム製?ドリップチップ内径大(510)
ビルドツール(マイナスドライバー、六角レンチ)
付属インシュレーター(1.0mm、1.6mm、2.0mm、2.5mm、3.5mm)
スペアパーツ(予備ネジ、Oリング、パッキン、ガラスチューブ(曇り))
マニュアル

スペック

直径24mm
全長43mm(ドリチ、スレッド含む)
リキッド容量3.5ml
ネジタイプ(スレッド)510
材質ステンレススチール、PYREXガラス(タンク)
ドリップチップ510
デッキ(ビルドタイプ)シングル
BF対応
エアフローボトムエアフロー

 

HASTUR MTL RTA の詳細

HASTUR MTL RTA本体

こちらが HASTUR MTL RTA 本体になります。

カラーは「シルバー・ブラック」の2種類!今回はシルバーを購入しました。

やはりカッコいい!抜群なデザインセンス。もう虜になってる、ぼくがいます。

そして HASTUR MTL RTA もタンク内から顔をのぞかせているタコさんがいい感じ。

分解

HASTUR MTL RTA分解

大まかに分解するとこんな感じです。パーツは「デッキ、チャンバー&チムニー、ガラスチューブ、ドリップチップ」の4つにわかれます。

ドリップチップ

HASTUR MTL RTAドリップチップ

ドリップチップの外径や高さは、ほぼ同じ大きさです。内径が小さいか大きいか違うくらい。

このドリップチップ茶色いですが、ウルテム製?なのかな。

HASTUR MTL RTAドリップチップ裏側

ドリップチップ裏はこんな感じです。

穴はテーパー処理などされていないストレートになっています。

やっぱり穴の内径が違うくらいで、他は同じですね。

HASTUR MTL RTA  ガラスチューブ

HASTUR MTL RTAガラスチューブ2種類

ガラスチューブは透明なものと曇りガラスのものが付属しています。

どちらも大きさはかわりませんので、好みで交換してください。

HASTUR MTL RTAチューブ交換

曇りガラスチューブに交換すると、見た目はこうなります。

ガラスチューブはOリングで嵌るだけなので、交換は簡単にできますよ!

ちなみにぼくは、ロゴを見ていたいので透明派です(笑)

チャンバー&チムニー

HASTUR MTL RTAチャンバーはドーム型

チャンバー内は広い感じです。上に向かって軽いテーパー処理がされています。

チムニーが細いのでMTLって感じがしますね。

HASTUR MTL RTAチャンバー内

チャンバーの入り口部にはネジが切られており、デッキと嵌め合わせるようになっています。

HASTUR MTL RTAチャンバーとデッキ嵌め合い

デッキにもネジが切られています。チャンバーを脱着する際には回しながら行いましょう。

強く締めすぎないように注意してください!

HASTUR MTL RTAトップフィル式

リキッドチャージはトップから。

トップキャップの矢印とデッキの溝部分を回しながら合わせることで、トップキャップを外せます。

 トップキャップは、簡単に脱着できる構造になっていますが、空回り防止などが付いていませんので、永遠に回り続けます。

HASTUR MTL RTAトップキャップ矢印

リキッドチャージ後は、トップキャップの矢印をデッキ溝以外の位置に合わせてくださいね。

HASTUR MTL RTA  ボトムエアフロー

HASTUR MTL RTAエアフローリング

HASTUR MTL RTAはボトムエアフローになっています。

エアホールは無段階調整で、対角線上に2つ空いています。エアフローリングはスイスイ回りますよ!いい意味で(笑)

ポジティブピンもしっかり出ています。

HASTUR MTL RTA  デッキ

HASTUR MTL RTAデッキ上面

デッキはシングルコイル前提のデッキです。ポールの間は狭いですね。

ボトムエアフロー、中央に1つ空いています。付属インシュレーター(1.0mm、1.6mm、2.0mm、2.5mm、3.5mm)でドロー調整が可能になります。

HASTUR MTL RTAスペアパーツ装着位置

この部分のパーツを交換して、好みのドローに調整してください。

デッキ側にOリングが装着されているだけなので、ネジを回したりすることはありません。

ドリップチップ感覚で脱着できます。

ちなみにオプションインシュレーター (1.2mm、1.4mm、1mm X 2、0.8mm X3)も販売しています。

きっと好みのドローを調整できますね!多いですが(汗)

HASTUR MTL RTAコイル足逃げ防止

コイル足を固定する部分はマイナスのネジになっています。またコイル足が逃げないようにネジ横が出っ張っています。意外に助かるんですよね。この逃げ防止が!

 

HASTUR MTL RTA ビルド

HASTUR MTL RTAビルド

いつもと同じように、カンタル1A 24G 2.5mmでビルドしてみました。

こちらはコイル足をネジに回したりすることはありません。

入れっぱなし、出しっぱなしで、後はコイル足を切るだけです。

HASTUR MTL RTAビルドして横から見たコイル高さはこんな感じです。デッキのエアフロー真上に、なるべく近づけて、ポールの中心へ。

コイル足をパチっパチっと切ったら、ウィックを装着します。

HASTUR MTL RTAウィック装着ウィックはこんな感じです。チャンバーがこの上から覆うことを想定してウィックを取り付けましょう。

またチャンバーとデッキはネジの嵌め合いになりますので、ウィックが挟まらないように注意してくださいね。

 

HASTUR MTL RTA  吸った感想

ちなみに付属インシュレーターは1.0mmを装着してあります。よりMTLに近づけるために。

スゥ~っと。

重い、ドローが重いですよ!想像していたよりもめっちゃ重い。いい感じだぁ。

このドローの重さ好きだわ~。エアフローは、ちょこっとだけ開いてます。

まぁ~全閉できますが、やっぱりちょこっと開けちゃう。

味もおいしく吸えますよ!普通に(笑)というかMTLタイプの中では一番かも!ぼくが使った中ではね。

ドローも重い、味もいい、デザインセンス抜群、後は何を求めればいいものか・・・あっ!オプションのインシュレーター0.8mmか(笑)

一応インシュレーターを、最大3.5mmに交換して吸ってみましたが、こんなに変わるの?と思うほどスカスカ感があらわれました。

インシュレーターだけでも、DLよりに変わりますよ!そしてエアフローも調整できる。

選択幅がめっちゃ広いアトマイザーです!

 

まとめ

HASTUR MTL RTAはドロー調整の幅が広く、ビルドもminiに比べるとラクにできます。

コンパクトタイプ22mmのminiを選ぶのか、24mmHASTUR MTL RTAを選ぶのか、迷ったあげくに両方購入してしまいましたが、MODに合わせて使えるから、買って正解かな!

オシャれな24mm「HASTUR MTL RTA」気になる方は試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.