Cthulhu

【Cthulhu】Mod Mjölnir RDA をレビュー!ねぇ 教えて Googleさん(汗)

クトゥルフ ミョルニル RDAアイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

なんて読むんだ?Mjölnir ←←←これっ(汗)

冒頭から失礼しました。m(__)m(ペコリっ)

Cthulhu(クトゥルフ)Mjölnir (ミョルニル)RDAをレビューします。

ぼくの好きな、Cthulhuシリーズから新作が登場です。デザインはシンプルだけど、美しいシルエット。

深いジュースホールが特徴的でRDTAに近い構造になっています。

では、さっそく見ていきましょう!

 

▼Cthulhuシリーズ・レビューはこちら

HASTUR MTL RTAアイキャッチ
【Cthulhu】MOD HASTUR MTL RTAをレビュー!やっぱりオシャレなアトマイザー

続きを見る

Cthulhu MOD Hastur MTL RTA miniアイキャッチ
【Cthulhu】HASTUR MTL RTA mini をレビュー!コンパクトでオシャれなやつ

続きを見る

Cthulhu 1928 MTL RDAアイキャッチ
【Cthulhu】MOD 1928 RDA をレビュー!流行りのMTLアトマイザー

続きを見る

 

もはや武器?Cthulhu(クトゥルフ)Mjölnir (ミョルニル)RDA

クトゥルフ ミョルニル RDA パッケージ

こちらがパッケージです。完全に大事なところが光っていますが(汗)

HASTUR MTL RTA」や「 1928 RDA」でお馴染みの缶パッケージ。

Mjölnir (ミョルニル)RDAは、北欧神話に登場する雷神トールが使用していたとされる、武器ミョルニル(ムジョルニア)が名前の由来となっています。

このアトマイザーの特徴は、ダブルチェンバーシステムを搭載している。

またトップキャップが二重構造になっているため、熱が外部に伝わりにくい構造になっています。

クトゥルフ ミョルニル RDA パッケージを開封

開封するとこんな感じです。

Mjölnir (ミョルニル)RDA本体、510ドリップチップ、510変換アダプターが入っています。

その他、付属品はこの下に入っています。

このドクドクしいレジンドリップチップ(810)ぼくは嫌いじゃないです(笑)

付属品

クトゥルフ ミョルニル RDA 付属品

 Cthulhu Mjölnir RDA本体
ドリップチップ510変換アダプター
交換用510クリアドリップチップ
スペアパーツ一式(Oリング、イモネジ)
BF用コンタクトピン
マイナスドライバー
六角レンチ(2種類)
ユーザーマニュアル(英語)

スペック

直径24mm
全長29.3mm(ドリチ、スレッド含まず)
スレッドタイプ510
材質ステンレス
ドリップチップ810/510(変換アダプター)
デッキ(ビルドタイプ)シングル
BF対応
エアフローサイドエアフロー

 

Cthulhu Mjölnir RDAの詳細

クトゥルフ ミョルニル RDA 本体

こちらが Mjölnir RDA 本体です。

見た目はかなりシンプルですが、ローレットなど細かな所が作りこまれています。

分解します

クトゥルフ ミョルニル RDA 分解

大まかに分解すると「デッキ、トップキャップ、810ドリップチップ(レジン製)」に分かれます。

ドリップチップ

クトゥルフ ミョルニル RDA 各種ドリップチップ

ドリップチップは「810ドリップチップ(レジン製)、510変換アダプター、510ドリップチップ」が付属しています。

初期状態は、レジン製ドリップチップ(810)が本体に装着済みになっています。

クトゥルフ ミョルニル RDA ドリップチップ(810)を上から確認

ドクドクしいマーブル模様が、何とも言えない(笑)

クトゥルフ ミョルニル RDA ドリップチップ(810)裏

レジン製ドリップチップには、Oリングが付いていません。嵌め込むだけです。

内径は約8mmで、バリ処理がされていますので、キレイなドリップチップです。

クトゥルフ ミョルニル RDA 付属変換アダプターと510ドリップチップ

こちらが変換アダプターとクリア素材のドリップチップです。

変換アダプターもクリア素材って、案外珍しいですね。

クトゥルフ ミョルニル RDA 付属ドリップチップ(510)

クリア素材のドリップチップには、Oリングが2つ付いていますが凸凹です(汗)多分ぼくのところに届いたものが、こうなっているだけで、たまたまかなぁ~・・・。

トップキャップ

クトゥルフ ミョルニル RDA スリーブ

こちらがトップキャップです。

トップキャップ上部近くには、5箇所の溝が彫り込まれています。

そして下部近くには、ローレットが2箇所加工されています。

クトゥルフ ミョルニル RDA ドリップチップ装着位置

トップキャップ上部は、軽くテーパー処理されています。口当たりは良さそうです。

トップキャップサイドには、エアホールが2箇所設けられています。

クトゥルフ ミョルニル RDA スリーブ本体

クトゥルフ ミョルニル RDA スリーブ内

チャンバー内は軽いドーム型。そして2段になっています。これが噂のダブルチェンバーシステムです。

熱が外部に伝わりにくい構造みたいですよ!

デッキ

クトゥルフ ミョルニル RDA デッキを上から見た感じ

こちらがシングルコイル前提のデッキです。

ジュースホールが深いんですよ!約1.8mmほどあります。もはやRDTAに近い感じ。

デッキ中央のエアホールもけっこう大きいです。

クトゥルフ ミョルニル RDA デッキ裏

デッキ裏は、アトマイザー名などのロゴがプリントされています。

クトゥルフ ミョルニル RDA デッキ本体

デッキポストも極端に狭いわけではないので、普通にコイルビルドをすることができます。

クトゥルフ ミョルニル RDA デッキのエアホール

デッキ側のエアホールです。こうやってみるとデッキの縦方向が長く見えますね(汗)

ジュースホールが深いので、リキッドを溜めておける魅力があります。

クトゥルフ ミョルニル RDA コイルを固定するためネジを緩めた

コイル固定位置は、Uの字のような溝になっていますので、コイル足の逃げ防止にもなります。

イモネジは付属の六角レンチで回しながら緩めます。

 

ビルドします

クトゥルフ ミョルニル RDA コイルビルド

クトゥルフは、コイルが付属していないので、カンタル1A 26Gでビルドしてみました。

クトゥルフ ミョルニル RDA コイル位置を確認

コイル位置は、ちょうどポストの間、デッキエアホールの真上にしてみました。

クトゥルフ ミョルニル RDA ウィッキング

コットンは長めにカット。ジュースホールの底まで届かせる感じです。

ウィッキング完了です。

 

MODに付けてみました

 

Mjölnir RDAを使った感想

これ、おいしいです!!

しかもミストが熱くない!ダブルチェンバーシステムのおかげですね。

ボトムエアフローだけど、リキッド漏れもありません(笑)すごいな、Mjölnir RDA!リキッド保持量も十分。

ダイレクトな味で楽しめます。マジでおいしい、これっ!

ビルドも簡単で使いやすい!

見た目もシンプルで悪くないし、DLタイプが好きな人にはおすすめです!

 

まとめ

Mjölnir RDAはかなりおすすめですよ!DLタイプが好きな人には、本当におすすめです!

リキッド保持量も十分ある。そしてリキッド漏れがない。

ビルドも簡単で、初心者の方でも使いやすいのではないでしょうか?

味は言うまでもありませんが、おいしいです!

DL派の方は「Mjölnir RDA」をぜひ試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.